くらやま みつる
倉山 満
生誕 (1973-12-18) 1973年12月18日(46歳)[1]
日本の旗 日本 香川県
出身校 中央大学大学院文学研究科
日本史学専攻博士課程
単位取得満期退学
職業 国士舘大学
体育学部21世紀アジア学部
元・非常勤講師

倉山 満(くらやま みつる、1973年〈昭和48年〉12月18日[1] - )は、日本の憲政史家、政治評論家作家、皇室史学者、エッセイストである[2][3]

来歴

1973年(昭和48年)、香川県に生まれる[1]1996年(平成8年)に中央大学文学部史学科国史学専攻卒業[自己 1]後、同大学大学院博士前期課程修了[1]。大学院在籍中の1999年(平成11年)から国士舘大学日本政教研究所非常勤研究員を務め[4]2006年(平成18年)に中央大学大学院文学研究科日本史学専攻博士課程単位取得満期退学[自己 1]。大学院在学中は、満州事変を法制、政治的背景から検討する論文を発表していた[5]

2009年(平成21年)にブログ「倉山満の砦」を開設[自己 2]2012年(平成24年)にインターネットサービス「倉山塾」を開講する[1]。同年、志太勤が創立した一般財団法人希望日本投票者の会のシンクタンクである希望日本研究所の所長に就任[自己 1]。また同年9月に行われた自由民主党総裁選挙を巡り、「安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会」発起人に名を連ねた[6]

2013年(平成25年)10月、各分野の専門家を迎えて情報を提供する事を目的としインターネット放送局「チャンネルくらら」を開局[7]2015年(平成27年)1月19日、次世代の党自主憲法起草委員会の顧問に就任した[自己 3][1]

2020年3月には江崎道朗渡瀬裕哉とともに「救国シンクタンク」を設立し、所長・理事長となった[8][9][10]

主張・人物

1998年(平成10年)、北朝鮮の拉致被害者に中大生の蓮池薫が含まれると聞き、3人の有志で「北朝鮮に拉致された中大生を救う会」(略称:中大生を救う会)を発足。この活動が後の2002年9月17日 内閣総理大臣小泉純一郎日朝首脳会談での拉致被害者蓮池薫奥土祐木子夫妻の奪還に繋がったと荒木和博は評している[11]

大日本帝国憲法こそ、「日本国の歴史・文化・伝統に則った、世界標準の文明国の通義にかなった憲法」と主張している[12]。また、憲法は国家権力を縛るためのものであるという観点から、憲法に理想主義的な不要な文言を書き込むべきではないとし、日本国憲法のみならず、産経新聞自由民主党が出した改憲案についても批判している[13]

著書『常識から疑え! 山川日本史』では、山川出版社が出版している高校の日本史の教科書を批判している[14]

次世代の党(のち「日本のこころ」)では、自主憲法起草委員会の顧問に就任していたほか[自己 3]、同党が開講した次世代政治塾の講師も務めている[自己 4]。また、2015年(平成27年)3月28日に開催された「次世代の党を応援する大集会」では、呼びかけ人として名を連ねている[自己 5]

『検証検察庁の近現代史』では、検察を批判している。ただし、令和2年の黒川騒動においては、内閣の人事介入を批判し、検察を擁護している。


書籍、面白いけど笑ってはいけない! (国民の敵はここにいる)において、パヨクマスコミとして、朝日新聞毎日新聞サンデーモーニングNHKNEWS23報道ステーション琉球新報沖縄タイムス東京書籍山川出版社岩波書店噂の真相リテラ週刊金曜日パヨク有名人として、本多勝一古舘伊知郎鳥越俊太郎関口宏望月衣塑子室井佑月吉永小百合パヨク政治家として、中村喜四郎二階俊博岸田文雄河野洋平有田芳生パヨク学者として、上野千鶴子古市憲寿姜尚中香山リカ木村草太田嶋陽子北岡伸一加藤陽子に言及している[15]

著作

単著

嘘だらけシリーズ