大清銅幣。満洲語と漢文で「badarangga doro i aniyai weilehe、光緒年造」と記されている
日清戦争後の1895年4月17日に調印された下関条約。右の頁に「光緒二十一年三月二十三日」と書かれている。

光緒光緖、こうしょ、こうちょ、満州語ᠪᠠᡩᠠᠷᠠᠩᡤᠠ
ᡩᠣᠷᠣ
、転写:badarangga doro、拼音: Guāngxù)は徳宗の治世中に使われた元号1875年 - 1908年

一世一元の制を採用していたため徳宗は光緒帝と称される。