八王子坂駅
はちおうじざか
HACHIŌJIZAKA
更地 (1.0km)
(0.9km) 北野畑
所在地 岐阜県揖斐郡大野町
北緯35度29分57秒 東経136度39分11秒 / 北緯35.499160度 東経136.653144度 / 35.499160; 136.653144
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 谷汲線
キロ程 4.9km(黒野起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1926年(大正15年)4月6日
廃止年月日 1969年(昭和44年)4月5日
テンプレートを表示

八王子坂駅(はちおうじざかえき)は、岐阜県揖斐郡大野町にあった名古屋鉄道(名鉄)谷汲線である。

更地駅 - 北野畑駅の間、黒野駅より4903m地点に存在した。谷汲線の廃止(2001年)以前に廃駅となった。

歴史

計画当初、この駅の設置は予定されていなかったが、1925年12月15日の「鉄道工事設計変更認可申請書」によって追加され[1]、1926年の谷汲鉄道開業と同時に設置された[2]

駅名の由来となった八王子神社をはじめ、来振寺来振神社といった付近の寺社参詣客の利用を見込んでいたが、実際に当駅を利用する参詣者は少なく[3]、駅は谷汲鉄道が名古屋鉄道に合併した頃と同時期に休止され、そのまま復活することなく1969年に廃止された。

  • 1926年(大正15年)4月6日 - 谷汲鉄道の黒野駅 - 谷汲駅間の開業により開設[4][5]
  • 1944年(昭和19年)
    • 3月1日 - 谷汲鉄道の名古屋鉄道への合併により同社の谷汲線の駅となる[5]
    • 日時不明 - 休止[5]
    • 名古屋鉄道
      谷汲線
      [脚注の使い方]
      1. ^ 大島一朗『谷汲線 その歴史とレール』岐阜新聞社、2005年、23頁。ISBN 978-4877970963
      2. ^ 大島一朗『谷汲線 その歴史とレール』岐阜新聞社、2005年、27頁。ISBN 978-4877970963
      3. ^ 大島一朗『谷汲線 その歴史とレール』岐阜新聞社、2005年、191-192頁。ISBN 978-4877970963
      4. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1926年4月13日(国立国会図書館デジタル化資料)
      5. ^ a b c d 『岐阜のチンチン電車 岐阜市内線と美濃町・揖斐・谷汲線の85年』郷土出版社、1997年、220-230頁。ISBN 4-87670-097-4
      6. ^ 大島一朗『谷汲線 その歴史とレール』岐阜新聞社、2005年、186頁。ISBN 978-4877970963

      関連項目