Japanese Map symbol (Museum) w.svg 兵庫県立考古博物館
Hyogo Prefectural Museum of Archaeology
131123 Hyogo Prefectural Museum of Archaeology Japan01bs3.jpg
兵庫県立考古博物館の位置(兵庫県内)
兵庫県立考古博物館
兵庫県内の位置
施設情報
正式名称 兵庫県立考古博物館
専門分野 考古学
館長 和田晴吾
事業主体 兵庫県
管理運営 兵庫県
建物設計 昭和設計
延床面積 8,367m3
開館 2007年10月13日
所在地 675-0142
兵庫県加古郡播磨町大中1丁目1-1
位置 北緯34度43分32.1秒 東経134度52分38.4秒 / 北緯34.725583度 東経134.877333度 / 34.725583; 134.877333
アクセス JR土山駅から徒歩約15分
山陽電車播磨町駅から徒歩約25分
明石西ICから約3km
公式サイト 兵庫県立考古博物館
プロジェクト:GLAM
古代物見櫓を模した展望台
館内
館内、大型ジオラマ
ときのギャラリー

兵庫県立考古博物館(ひょうごけんりつこうこはくぶつかん)は、兵庫県播磨町にある考古博物館

概要

遺跡数が全国1位である兵庫県の考古学の拠点として2007年10月13日に開設された。博物館には発掘調査を担当する埋蔵文化財調査部が設けられており、国・県等が実施する遺跡の発掘調査・研究と研究成果の展示、およびその活用法・展示手法や情報発信手法の調査研究と資料情報ナレッジなど資源の集積、その活動を支える人材「考古楽者」の育成まで行なう。

国の史跡に指定されている大中遺跡の隣接地にあり、この史跡を整備して大中遺跡公園(愛称は「播磨大中古代の村」)として公開・管理する役割を担うとともに、従来の展示物を見てもらうという展示物主体の博物館ではなく、来館者に参加し体験してもらう参加体験型博物館として設置運営されており、常時体験学習を実施している。地階では様々な遺物が収蔵された収蔵庫を見ることのできるスペースや、遺物の整理作業金属処理といった普段目にすることのできない作業を見ることもできる。エントランスロビーには神戸風月堂カフェもあり、館外の史跡公園とともに一息つける場所となっている。

シンボルマーク山田崇雄のデザイン。上下に伸びる手をイメージしており、それぞれの手が未来を掴み過去を探るという意味を持っている。

歴代館長