モルタルで被覆された採石場跡(中央)と、出口川湧水処理場(中央下)

出口川のカドミウム汚染(でぐちがわのカドミウムおせん)は、1986年に発覚した広島県府中市出口川でのカドミウムなどによる重金属汚染[1]採石場での作業で露頭した鉱脈が原因であった。採石場はモルタルで封鎖され、漏出する汚染水を処理するために出口川湧水処理場が建設された。現在も環境基準を上回る汚染水が漏出しており、施設の老朽化と保守費用が問題となっている。採石場による重金属汚染としては日本初とされ[2]採石法の運用に影響を与えた[2]

背景

出口川;奥に土石流緩和の治水整備が見える 2018年撮影

出口川[注釈 1]芦田川の支流で全長7km[3]。標高500メートル前後の山々に源を発し、荒谷町から出口町・目崎町を経由して芦田川に合流する[3]。出口川や出口町の名前は、山間部からの「出口」という意味に由来する[3]

下流側では石州街道雲州街道が合流し宿場町が形成され、現代もその古い街並みを見ることが出来る[3]。下流の剣先[4]からは、街道で山陰地方から運ばれた物資が川船で芦田川経由で福山や大阪に運ばれていた[5]。現在でも往年の繁栄を伺わせる屋敷が残る他[5]リョービ本社を中心にした金属、機械加工業の工場も立ち並んでいる。上流には昭和初期に瀬戸鉱山(岩谷鉱山とも)と呼ばれる鉱山があり、亜鉛などが採掘されていた[3]。付近の地層は複雑で、重金属を含む地層が眠っている[3][6]

歴史

重金属汚染の発覚

コンクリートで封鎖された御調採石場

1986年(昭和61年)6月、出口川の水で鯉を養殖していた家で160匹の鯉が全滅する事件があった[7][8][3]。川の汚染を疑った住人は鯉の稚魚を川の水につけたところ、一晩で死んでしまった[3]。同時にカニ、ハヤ、カエルといった生物も出口川から姿を消した[3]。地元町内会が広島県と府中市に出口川の調査を依頼した[1][3]

調査

調査の結果、出口川より基準を超えるカドミウムが検出された[1][3]。広島県は「府中市出口川環境保全対策専門委員会」を立ち上げ、広島大学工学部の金丸昭治教授(当時)の協力のもと調査を進め、鯉が大量死した現場から500メートル上流にある「御調採石場」からカドミウムが浸出していることを特定した[1][3][2]。岩石の採掘によって鉱脈が露出し、雨水と硫化鉱物が化学反応を起こして硫酸が生成され、その硫酸が重金属を溶出させているのが原因であった[3]。川の水生生物が死滅した区間は、御調採石場から下流側に1.7kmであった[2]。御調採石場の上流側では有毒物質は確認できなかった[2]。採石場から下流側に100メートル程の区間で7カ所の地下水湧出地点があり[2]、うち5カ所から高濃度のカドミウムが検出された[2]。採石場での調査では、破砕された岩石の残りカスに交じって明らかに重金属の鉱石と思われる岩石が転がっていた[2]。採石カス(ダスト)からは、福山大学鷹村權教授[注釈 2]の分析によって、カドミウム 34 ppm、鉄 21000 ppm、銅 5700 ppm、亜鉛 2700 ppm を検出した[2]。出口川の流域の水田で作られた米にも重金属の集積が確認され[3][2]、少なくとも1986-1989年の農地土壌汚染調査で基準値を超えるカドミウムが荒谷町の農地から検出された(玄米1キロあたり、カドミウム 1.59ppmを検出)[注釈 3][9][10]

府中市や国の初期対応

汚染の発覚により、子供は出口川に入らないように指導された[3]。府中市は緊急的に御調採石場からの地下水の処理を開始したが、その量は1日あたり6.5トンが限度であり、処理できなかった残り7.5トンの汚染水は、そのまま出口川へ垂れ流しという状態が4か月以上も続いた[2]。国会でもこれが問題視され、1986年10月の 第107回国会の商工委員会で共産党の近藤忠孝は『採石法三十三条の十三に言う緊急命令』を発令して採石業者に対する災害防止のための緊急措置令をすることを、当時国務大臣だった田村元政府委員に訴えたが、過去一度も発令されたことがない命令だったために見送られた[2]。自治省として、府中市や広島県から今後特別交付金の申請があった場合は、事情を考慮して柔軟に対応する方針を示すに留まり、国としては府中市と広島県の対応を見守るのみとなった[2]

処理施設建設と採石場の封鎖

出口川湧水処理場
中和沈殿プラント

1987年(昭和62年)、広島県は荒谷地区の「出口川重金属汚染対策」として2億円をかけて「出口川湧水処理場」を建設することになった。建設と運営は府中市が行い、県は建設費の半額を補助した[1]。1988年(昭和63年)に処理場が完成[7]。1989年(昭和64年)に採石場はモルタルで被覆され封鎖された[7]。採石場からの湧水中のカドミウム濃度は月日の経過とともに低下し、1988年に19mg/lだったものが2002年には0.98mg/lに低下し、2015年(平成27年)には0.33mg/lとなったが[11]、それでも環境基準の110倍、排水基準の11倍の濃度である[注釈 4]

汚染水中の重金属の濃度推移
(排水基準値に対する濃度倍数:測定された最大値)
カドミウム 亜鉛
1988年 600倍 160倍 300倍
2016年 12倍 2.5倍 7.5倍

(出典は[12]

継続される採石業

旧採石場(青丸)の西側と北側に採石場(赤丸)が操業している(2010年)

出口川流域(荒谷)で採石場が認可・操業されるのは御調採石の採石場が初めてではなく、それ以前から近傍で採石業が営まれていた。1986年に、御調採石場からの重金属湧出が顕在化したのちも、近隣の採石場に操業の停止命令が出されることはなかった。問題の採石場を運営していた「御調採石」自身も、反対側の山を切り開いて新しい採石場を開設し、これを不安視する声がある[13]

出口川湧水処理場

採石場の下手の出口川傍に作られた。(北緯34度36分15.6秒 東経133度12分30.2秒 / 北緯34.604333度 東経133.208389度 / 34.604333; 133.208389 (出口川湧水処理場)座標: 北緯34度36分15.6秒 東経133度12分30.2秒 / 北緯34.604333度 東経133.208389度 / 34.604333; 133.208389 (出口川湧水処理場))重金属の凝集沈殿槽と汚泥処理槽などから成り、汚水の処理能力は1日あたり150トン。また豪雨時の汚水湧出の増加に備えて2500トンの貯留槽も設置されている[1][14][注釈 5]。採石場跡から強酸性の地下水が施設に導かれ、1日平均50トンの汚染水を処理している[3]。処理施設では塩化第二鉄及び高分子凝集剤(PA-322)[注釈 6]を滴下して凝集物を沈殿させている[15]。処理後に残る汚泥は、広島市や呉市の最終処分場に運ばれ[16][17]、埋め立て処分される[17]。処理後の放流される処理水のカドミウム濃度は0.0016mg/lとなっている[11][16]。処理前の汚水のpHは3前後であるが、処理後には6程度に調整されている[18]。2017年(平成29年)度には汚泥脱水機が老朽化に伴い更新されている[19][20]。管轄は府中市建設産業部環境整備課であるが、府中市の指定管理者制度に基づき運営は民間の企業が行っている。処理前の汚水を貯める貯水池が少し離れた場所にあるが、この位置に建設が決まったのは広島県との折衝の結果であり、妥協の産物とされる。

所在地と交通

  • 広島県府中市荒谷町2076-1
  • JR

    出口川湧水処理場から徒歩1分、出口川による浸食で造られた峡谷の東側斜面にある。業者の採石によって、県道388号線から山頂に至るまで山体が削り取られ、岩盤が露出している。採石場の岩盤や砕石には、カドミウムや亜鉛などの重金属が含まれていた[7]。1987年にモルタル被覆工事に向けた現地調査が実施された[1]。1989年(平成元年)に現場の斜面は出口川沿いの県道から山頂に至るまで鉄筋入りのモルタルで被覆され、鉱石が雨水に曝されないように処理された[7][3]。モルタル壁は有害物質の流出を防ぐため、厚さ51センチ、広さ約6000平方メートルの規模になった[7][8](モルタルの厚みは5-8センチとする出典もある[21]、総面積は3万平方メートルという出典もある[3])。コンクリート壁の高さは150メートル[3]。北側の渓流には砂防ダムも築かれた。採石場に浸出する強酸性の地下水は、専用の排水管で処理施設に送られる[3]

    ギャラリー