志摩半島の地形図

志摩半島(しまはんとう)は、三重県の中東部に位置する半島。北側は伊勢湾、東側は遠州灘、南側は熊野灘に面している。度会郡伊勢市鳥羽市志摩市を含み、大部分が伊勢志摩国立公園に指定されている。このうち、志摩市大王町から志摩町にかけて英虞湾を囲む部分を「さきしま半島」と呼ぶ(表記に関しては後述)。

地形

志摩半島の地形は北から南へ伊勢平野南端、朝熊山地、先志摩台地に大別できる。伊勢平野と朝熊山地は中央構造線を境とし、朝熊山地と先志摩台地は鳥羽市国崎町から志摩市浜島町を結ぶかつての海岸線を境とする。

先志摩台地は隆起海食台地としては日本最大である[1]が、海抜30-50m程度の台地面は水利が悪いため主に畑作に利用される。

沿岸部

志摩半島は小さな入り江溺れ谷)の多いリアス式海岸が発達した地形で有名である。これは、隆起した台地[2]河川侵食によって削られてを作り、沈降したことで形成されたものである。

英虞湾側の沿岸部では水産業が盛んで、伊勢湾から答志島にかけてはノリ、答志島から的矢湾にかけてカキ、英虞湾では真珠アオサ養殖が行われる。