本項では、剣が峰剣ヶ峰剣ヶ峯、および、剣峰について解説する。

概説

剣ヶ峰
富士山頂である剣ヶ峰
乗鞍岳最高峰である剣ヶ峰(左端)
鳥取県の大山の頂きである剣ヶ峰

剣が峰(けんがみね)は、火山噴火口の周縁が原義であり[1][2][3][4]、特に富士山の山頂を指す名称[1][2][3]であった。日本に複数存在する(山岳で、周囲より高まっている部分。頂き)やの名前としての剣ヶ峰(けんがみね)および剣ヶ峯(けんがみね)は、古くからあった呼称から、あとあと名付けられたものと考えられる。

剣ヶ峰・剣が峰・剣ヶ峯

剣ヶ峰(けんがみね。※剣が峰と書く研究者も多い[5])は、日本に複数存在する(山岳で、周囲より高まっている部分。頂き)やの名前である[6]

異地同名と区別するために、「富士山剣ヶ峰」など「○○剣ヶ峰」という形をとって呼ばれる場合もある。

剣ヶ峰等の一覧