北陸鉄道株式会社
Hokuriku Railroad Co.,Ltd.
北陸鉄道ロゴ
北陸鉄道本社
北陸鉄道本社
種類 株式会社
略称 北鉄
本社所在地 日本の旗 日本
920-8508
石川県金沢市割出町556番地
北緯36度36分8.8秒 東経136度38分17.5秒 / 北緯36.602444度 東経136.638194度 / 36.602444; 136.638194座標: 北緯36度36分8.8秒 東経136度38分17.5秒 / 北緯36.602444度 東経136.638194度 / 36.602444; 136.638194
設立 1943年(昭和18年)10月13日
業種 陸運業
法人番号 1220001006411 ウィキデータを編集
事業内容 鉄道事業乗合バス・貸切バス事業・旅行業・不動産事業・レジャー事業
代表者 宮岸武司(代表取締役社長
資本金 18億1485万5000円
(2020年3月31日現在[1]
発行済株式総数 362万9711株
(2020年3月31日現在[1]
売上高
  • 連結: 130億9981万7000円
  • 単独: 51億6872万5000円
(2019年3月期[2]
営業利益
  • 連結: 2781万4000円
  • 単独: 5億3316万1000円
(2019年3月期[2]
純利益
  • 連結: 4億510万6000円
  • 単独: 2億6208万4000円
(2019年3月期[2]
純資産
  • 連結: 73億2900万円
  • 単独: 42億9472万7000円
(2019年3月31日現在[2]
総資産
  • 連結: 176億3338万7000円
  • 単独: 105億2730万5000円
(2019年3月31日現在[2]
従業員数
  • 連結: 1023人
  • 単独: 326人
(2020年3月31日現在[1]
決算期 毎年3月31日
主要株主 (2020年3月31日現在[1]
主要子会社主要関係会社」の節参照
関係する人物
外部リンク http://www.hokutetsu.co.jp/
テンプレートを表示

北陸鉄道株式会社(ほくりくてつどう)は、石川県金沢市に本社を置き、石川県を中心として鉄道バスを経営する中小私鉄である。鉄道を中心にした経営ではなく、主力は路線バス高速バス定期観光バスを含む)・貸切バス事業となっている。北鉄(ほくてつ)と略される。

筆頭株主名古屋鉄道。また、主要な連結子会社として、議決権の80.5%を有する小松バスのほか、事業所を分社化した北鉄金沢バスなどがある。

全日空金沢地区総代理店業務も受託、子会社の北鉄航空でハンドリングを行っている。

歴史

1943年昭和18年)に、陸運統制令に基づき鉱山鉄道であった尾小屋鉄道を除く石川県下の鉄道およびバス会社をすべて統合して発足した。

だが社風が異なる会社を強引に合併したことから、発足後しばらく混乱を生じたり、また路線が各地に点在するなどしていたため、合理化も進まなかった。さらに合併の弊害として、1959年(昭和34年) - 1960年(昭和35年)に労使紛争が起こると、ストライキなどが頻発して、鉄道・バスが多く運休となり、観光を中心とした県下の経済に悪影響を与えた。また一時は、社長をはじめとする役員がすべて辞任するという、指導者不在の事態に陥ったりもした。運輸省では事態の収拾を図るため、名古屋鉄道(名鉄)に命じて同社を子会社化し、支援を行わせることにした。

だが、石川県にはこの北陸鉄道の混乱に乗じて、近畿日本鉄道北日本観光自動車(かつて金沢 - 粟津山中間に路線を有した)というバス会社を傘下におさめ、北陸鉄道1社に県下の交通が独占されているのを解消しようと競合バス路線の開設を目論むなど、交通業界は無秩序の状態に陥った。

この混乱が終息するのは、1969年(昭和44年)に北日本観光自動車のバス路線拡大申請が運輸審議会で却下された辺りからで、北陸鉄道では以後、名鉄が同時期に行っていたように、鉄道・バス路線の整理を推し進めることになった。

なお、1968年(昭和43年)に全鉄道路線の廃止の意向を表明したことがあったが、地元住民や自治体の反対に遭い、浅野川線・石川総線(石川線金名線能美線の総称)は合理化努力により残すことになった(後に能美線は利用低迷で、金名線は路盤劣化により廃止)。

年表