ちくまし
千曲市
Togura-Kamiyamada Onsen survey.jpg
Flag of Chikuma, Nagano.svg Symbol of Chikuma Nagano.svg
千曲市旗
2004年2月6日制定
千曲市章
2004年2月6日制定
日本の旗 日本
地方 中部地方甲信越地方信越地方
都道府県 長野県
市町村コード 20218-5
法人番号 2000020202185 ウィキデータを編集
面積 119.79km2
総人口 59,100[編集]
推計人口、2020年1月1日)
人口密度 493人/km2
隣接自治体 長野市上田市東筑摩郡麻績村筑北村埴科郡坂城町
市の木 アンズ
市の花 アンズ、セツブンソウ
千曲市役所
市長 岡田昭雄
所在地 387-8511
長野県千曲市大字杭瀬下84番地
北緯36度32分2秒東経138度7分11.9秒
千曲市役所更埴庁舎
外部リンク 公式ウェブサイト

千曲市位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

 表示 ウィキプロジェクト

千曲市(ちくまし)は、長野県の北部、北信地方千曲川中流域に位置する人口約6万人の

概要

旧・埴科郡戸倉町更級郡上山田町は全国的に戸倉上山田温泉として知られ、善光寺詣りの精進落としの湯として明治期の開湯から100年余りの歴史を有する名湯の地。

旧・更埴市は、古墳時代には科野国造が置かれた地域と推定され、科野国豪族墳墓とされる東日本最大級の前方後円墳である森将軍塚古墳有明山)を含む埴科古墳群を有する。また、江戸期善光寺街道最大の宿場町として、また明治期に北信地方随一の商都として栄えた稲荷山宿があり、事実上の北国街道北国西街道の合流点であり、さらに善光寺街道から谷街道(北国街道の脇道松代道)が分岐する交通の要衝であった。現在も長野自動車道上信越自動車道の合流点である更埴ジャンクションが置かれている。他に江戸期の松代藩により植えられた林がある森地区は「あんずの里」として知られ、南の冠着山(別名「姨捨山」)は、古今和歌集(905年序)の和歌にも登場する平安時代からの名勝地で、深沢七郎楢山節考(1956年)の基とした姨捨伝説が残る。

2003年合併特例法の在任特例を使い、合併前市町の議員56名がそのまま残った。この状態に対し、住民グループが疑問を抱き「議会解散の直接請求」を行うための住民投票を行うべく活動を行い、5月28日までに有権者の3分の1を上回る19,738人の署名を集め、7月11日に住民投票が行われることが決定したが、6月15日47名の全議員が辞職し住民投票は中止になった。定数24の出直し市議選は7月18日告示、投票25日で実施された。この事象は後の全国の合併事例に大きな影響を与えた。

地理

隣接する自治体