南紀白浜空港
Nanki-Shirahama Airport
南紀白浜空港 Nanki Shirahama Airport-SHM - panoramio.jpg
IATA: SHM - ICAO: RJBD
概要
国・地域 日本の旗 日本
所在地 和歌山県西牟婁郡白浜町2926番地
種類 商業
運営者 和歌山県
運用時間 8:30 - 20:00[1]
開港 1968年4月
敷地面積 74.1[2] ha
標高 89.4[2] m
座標 北緯33度39分44秒 東経135度21分52秒 / 北緯33.66222度 東経135.36444度 / 33.66222; 135.36444座標: 北緯33度39分44秒 東経135度21分52秒 / 北緯33.66222度 東経135.36444度 / 33.66222; 135.36444
公式サイト 南紀白浜空港
地図
南紀白浜空港の位置
南紀白浜空港の位置
SHM
南紀白浜空港の位置
南紀白浜空港の位置
SHM
南紀白浜空港の位置
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
15/33 LOC 2,000×45 舗装
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示
上空俯瞰。滑走路の延長線上にある、弧を描く白い浜が白浜の地名の由来となった白良浜
南紀白浜空港付近の空中写真。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成(1975年撮影)この画像の滑走路の右側(東側)に現在の滑走路がある。
2017年撮影の南紀白浜空港付近の空中写真。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。左側(西側)に旧滑走路が残る。

南紀白浜空港(なんきしらはまくうこう、: Nanki-Shirahama Airport)は、和歌山県西牟婁郡白浜町にある地方管理空港である。観光エリア・南紀に訪れる観光客を中心として利用されている[2]

概要

南紀白浜温泉の温泉街を含む白浜町中心部から、南東に約1.5キロメートルの丘陵地に位置する地方管理空港で、和歌山県が設置・管理する。和歌山県唯一の空港で、本州最南端の空港である[2]

1968年4月に1200mの滑走路を持つ空港として開港。東京大阪名古屋とを結ぶ便が開設されたが、やがて大阪、名古屋便は撤退。空港を管理する和歌山県は就航路線のジェット化をめざし、1996年3月9日、東側の隣接地に1800mの滑走路を持つ新たな空港を開設。その後、滑走路を2000mに延長した。

県の行政・経済の中心地である和歌山市からは約65キロメートル南南東に位置し、和歌山市からは1994年に開港した関西国際空港の方が近い。本空港利用客の大半は南紀白浜温泉熊野古道など空港周辺地域の観光地を訪れる観光客が占める。2018年冬ダイヤ現在の定期便は、日本航空ジェイエアによる運航)の東京国際空港(羽田)便が1日3往復就航しているのみである。また、開港時から2009年9月2日まで、南紀航空がこの空港を拠点とした遊覧飛行を行っていた。

なお、空港内でのオペレーション・チェックイン業務などは、日本航空ではなく総代理店である日本通運株式会社が代行している[3]

空港オリジナルマスコットキャラクターは「ナンキー」[2]

歴史

路線

定期便路線

航空会社 就航地
日本航空 (JAL)
運航はジェイエア (JLJ)
東京/羽田

かつての定期就航路線(八尾空港は不定期)