参考文献(さんこうぶんけん、: reference, works cited, bibliography など)は、記事書籍・学術論文執筆など、著述を行う際に参考にした図書や文献、新聞記事、または、その書誌事項を記したもの。参考や引用を行なった出所を出典(しゅってん、: source, citation)という。

解説

巻末(尾注)や本文中(脚注)に書き記される。一般図書などでは書名、出版年月日、引用・参考ページなどがある。雑誌論文の引用時には雑誌名も記される。最近はインターネットの普及により参考サイトのURLが記されることが増えている。日本の科学技術関連の書誌情報の記述の指針として科学技術振興機構(JST)の科学技術情報流通技術基準(SIST)がある。

「参考」や「引用」(著作権法32条)を使用する場合は出典元を明示しなければならない。

国立情報学研究所の学術情報データベース「CiNii(サイニィ)」では、参考文献となりうる学術論文や図書・雑誌、所蔵している図書館などが検索できる[1]

方式

英文