台場(だいば)とは、幕末に設置された砲台で、要塞の一種である。日本各地に築かれた。

当初は幕府や各藩において異国船の打払いを企図したものが多く海岸や河岸に築かれるものが多かった。しかし、幕末から明治にかけて起こった戊辰戦争箱館戦争西南戦争においては、堡塁塹壕胸壁などの野戦築城の数々も台場と呼ばれるようになった。これらは海岸線に限らず、峠・高台・交通の要衝に築かれる事が多々あった。

明石海峡を防衛する明石藩舞子台場跡

主要な台場遺構

幕府の台場