名古屋鉄道 一宮線
浅野駅に停車中のトク2号電車(1915年6月)
浅野駅に停車中のトク2号電車(1915年6月)
概要
現況 廃止
起終点 起点:岩倉駅
終点:東一宮駅
駅数 7駅
運営
開業 1910年5月6日 (1910-05-06)
全通 1913年1月25日 (1913-01-25)
区間縮小 1941年8月12日 (1941-08-12)
廃止:押切町 - 枇杷島橋
犬山線編入:枇杷島橋 - 岩倉間
廃止 1965年4月25日 (1965-4-25)
所有者 名古屋電気鉄道→(旧)名古屋鉄道→名岐鉄道→名古屋鉄道
路線諸元
路線総延長 7.1 km (4.4 mi)
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
電化 直流1,500 V,
架空電車線方式
テンプレートを表示

一宮線(いちのみやせん)とは、愛知県岩倉市岩倉駅から同県一宮市東一宮駅までを結んでいた名古屋鉄道(名鉄)の鉄道路線である。

1941年までは名古屋市内の押切町駅から枇杷島橋駅(現・枇杷島分岐点)を経由して岩倉駅に至る区間(および柳橋駅 - 押切町駅間までの市電に直通する区間)も一宮線の区間であったが、同年に新名古屋駅(現在の名鉄名古屋駅)が開業した際に、直通運転と押切町 - 枇杷島橋間が廃止となり、残る枇杷島橋 - 岩倉間は犬山線に編入された。

また、開業時は全線複線だったが、戦時中に単線化された。

路線データ

※路線廃止時点のもの

  • 路線距離(営業キロ):全長7.1km
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:7駅(起終点駅含む)
  • 複線区間:なし(全線単線)
  • 電化区間:全線(直流1500V)

歴史

開業から名岐線の開業まで

名鉄の前身となる名古屋電気鉄道(名電)が、初期に開業させた路線である。

名古屋鉄道(名鉄)の前身会社である名古屋電気鉄道は、元々名古屋市内における路面電車(市電)の運営を行っていた会社であったが、後に当時アメリカで発展を見せていたインターアーバン(都市間電車)の流儀にならい、尾張北西部地域に「郡部線」と呼ばれる、現在の名鉄が営業している各地方路線を建設していくことになった。その最初の路線として選ばれたのが、市街外れに設けられた押切町駅を起点として、岩倉を経由し一宮に至る一宮線であった。

当初は、名古屋本線も開業していなかったため、一宮線が名鉄経由で名古屋から一宮へ向かうルートとされていた。

1910年に押切町 - 枇杷島間が開業したのをきっかけに順次路線を延ばしていき、1913年には東一宮駅まで全線複線の路線として開業した。この時は、名古屋電気鉄道の中でも最重要路線として位置づけられ、名古屋 - 尾張一宮間で並行する東海道本線に比べても、距離こそ遠回りであったが、本数では格段の差があり、多くの利用客があった。

名岐線の開業以降

しかし1928年に名岐線(現在の名古屋本線)として枇杷島橋 - 新一宮(後の名鉄一宮)間が開業すると、距離的に短いそちらのルートが本線とされたため、一宮線の岩倉 - 東一宮間は衰退を見せることになった。1935年に名岐間を結ぶ路線が完成し、特急や急行電車が頻発運行されるようになると、いっそうその流れは進んだ。

1941年には、押切町 - 岩倉間が犬山線に編入され、一宮線は残部の岩倉 - 東一宮間のみとなった。

もっとも、それでも尾張北部地域における連絡を図る路線として、ある程度の需要は存在したため、長らく一宮線には犬山線からの直通急行・普通電車が設定されるなど、尾張北部を横断する路線として使命を負い続けた。なお、戦時中には資材流用のために不要不急線とされ、一宮線は単線化されている。

戦後、モータリゼーションの発展に伴い、支線のバス化が積極的に推し進められる中、国道22号名岐バイパスの建設に伴い、交差部の高架化か廃線かの判断を迫られ[1]、最終的には一宮線は1965年4月25日をもってバス転換の上で廃止された。

廃止区間のうち岩倉 - 花岡町間は道路(岩倉 - 浅野羽根交差点間は県道浅野羽根岩倉線、浅野羽根交差点 - 花岡町間は一宮市道)に転用され、残区間は民有地となった。県道区間は代替バスルート上であり、羽根、元小山両駅の跡地には同名のバス停留場が設けられている[2]

2017年まで県道名古屋江南線(旧名草線)と線路の交差地点に施設された名草線岩倉跨線橋が廃線後も残り、現役活用されていたが、平面交差化に伴い撤去された[3]

年表