名古屋鉄道 清洲線
道路に転用された清洲線廃線跡(左は名古屋本線)
道路に転用された清洲線廃線跡(左は名古屋本線)
概要
現況 廃止
起終点 起点:丸ノ内駅
終点:清洲町駅
駅数 3駅
運営
開業 1914年9月22日 (1914-09-22)(全通)
区間縮小 1928年4月10日 (1928-04-10)
(須ヶ口駅 - 丸ノ内駅間)
廃止 1948年8月3日 (1948-8-3)
所有者 名古屋電気鉄道→(旧)名古屋鉄道→名岐鉄道→名古屋鉄道
路線諸元
路線総延長 1.0 km (0.62 mi)
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
電化 直流600 V,
架空電車線方式
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線
STR
名古屋本線
HST
須ヶ口駅
ABZgl
津島線
BHF
0.0 丸ノ内駅
xABZgl
名古屋本線
exBHF
0.5 試験場前駅
exKBHFe
1.0 清洲町駅

清洲線(きよすせん)は、愛知県西春日井郡清洲町(現・清須市)にあった丸ノ内駅から清洲町駅までを結んでいた名古屋鉄道(名鉄)の鉄道路線である。

開業当初は、現在名古屋本線の一部となっている須ヶ口駅 - 丸ノ内駅間を含む、須ヶ口駅 - 清洲町駅間が清洲線とされていた。

路線データ

路線廃止時点のもの。