アテナイの学堂ラファエロ画。中央のプラトンアリストテレス他、古代の哲学者たちが描かれている

哲学者(てつがくしゃ、: philosopher、フィロソファー)とは、哲学を研究する者のことである。古代ギリシャ語で「知恵を愛する者」を意味する「フィロソフォス」 (φιλόσοφος) に由来する。ギリシャの思想家ピタゴラスによって導入された[1]

哲学」の定義が曖昧であるのと同様、「哲学者」の定義も曖昧である。現代では、主に大学哲学科に所属する学者が「哲学者」と呼ばれる。しかしながら、日本の哲学者は「哲学者」を避けて「哲学研究者」と名乗ることが多い[2]

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ φιλόσοφος.(Liddell, Henry George; Scott, Robert; A Greek–English Lexicon at the Perseus Project
  2. ^ 朝倉友海 『「東アジアに哲学はない」のか 京都学派と新儒家』 岩波書店、2014年。ISBN 9784000291378 p.viii

関連項目