大唐
隋
隋末唐初の群雄の一覧
武周
618年 - 907年 武周
五代十国時代
前蜀
後梁
前晋
唐の位置
唐の版図
公用語 中古漢語
首都 長安
皇帝
618年 - 626年 高祖
904年 - 907年哀帝
面積
669年10,760,000km²
715年[1][2]5,400,000km²
人口
9世紀約8000万人
変遷
から唐へ 618年6月18日
唐は滅亡し五代十国の分裂時代へ907年6月1日
現在中華人民共和国の旗 中国
香港の旗 香港
マカオの旗 マカオ
 ベトナム
モンゴルの旗 モンゴル
ロシアの旗 ロシア
朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮
大韓民国の旗 韓国
タジキスタンの旗 タジキスタン
キルギスの旗 キルギス
 ウズベキスタン
 カザフスタン
トルクメニスタンの旗 トルクメニスタン
アフガニスタンの旗 アフガニスタン
中国の歴史
元謀藍田北京原人
神話伝説三皇五帝
黄河長江遼河文明
西周
東周 春秋
戦国
前漢
後漢
三国
西晋
東晋 十六国
南北朝 北魏
西魏 東魏
北周 北斉
 
 
五代十国
北宋 西夏
南宋
北元
後金  
 
満洲 中華民国
 
中華人民共和国 中華民国
台湾
中国の歴史年表
中国朝鮮関係史
中国の歴代王朝一覧
Portal:中国

(とう、拼音: Táng618年 - 907年)は、中国王朝である。李淵を滅ぼして建国した。7世紀の最盛期には、中央アジアの砂漠地帯も支配する大帝国で、中央アジアや、東南アジア北東アジア諸国、例えば朝鮮半島渤海日本などに、政制・文化などの面で多大な影響を与えた世界帝国である。日本の場合は最も有名なのが遣唐使の派遣で、894年(寛平6年)に菅原道真の意見でその回の遣唐使を中止し、それ以降派遣しなくなるまでは積極的な交流をしていた。首都は長安に置かれた。

690年に唐王朝は廃されて武周王朝が建てられたが、705年武則天が失脚して唐が復活したことにより、この時代も唐の歴史に含めて叙述することが通例である。

日本では唐の滅亡後も唐土の語はそれ以降の王朝、さらには外国全般を漠然と指す語として用いられた。しかし、天竺同様昔の呼称のため、正確に対応するわけではない。詳しくは中国を参照のこと。

国号

国号の「唐」は山西省を中心とする地域の古い呼び名で、この地域には古代にはが建てたといわれる伝説上の王朝「陶唐」があったとされる。また、の時代には周公旦(武王の弟)が討伐して、滅ぼした武王の子・唐叔虞が立てたの別称としての唐とは別に、春秋時代に今の湖北省の一部にを国号とする小国があったことが知られ、と盟約を結ぶも、紀元前505年によって滅ぼされた(『春秋左氏伝』)。

本項の唐の滅亡後、五代十国時代には李存勗後唐、十国のひとつ南唐などが唐の後継者を自認して唐を国号としたこともあった。後唐王家は臣下の朱邪赤心が功績によって李姓を唐王朝から賜った家であり、南唐王家は「唐の憲宗の八男・建王李恪の子孫」を称したが、いずれも唐王朝李氏の直系とはいえない。

李氏

唐王朝の李淵が出た李氏は、隋の帝室と同じ武川鎮軍閥の出身で、北魏北周以来の八柱国・十二将軍と称される鮮卑貴族のうち、八柱国の一家として隋によって唐国公の爵位を与えられていた。のちに、隋から禅譲を受けて新朝を立てるという易姓革命の手続きを踏んだ際に、この爵位にちなんで唐を国号とする。

旧唐書』・『新唐書』によれば、李氏は李耳(老子)の子孫と称し、唐で編まれた『晋書』で特筆大書されている西涼の初代王・李暠をその遠祖としている。北周において鮮卑への復古政策が行われた時に、李氏は北周より大野(だいや)という姓を与えられ、一時的にこの姓を名乗ることになる。しかし、南宋儒学者朱熹は李氏が夷狄の出身であると述べている。[3]それに、唐李氏の系譜についてはこの西涼の李氏とは繋がっておらず、唐李氏は鮮卑系であるとの見解が戦時中に日本の宮崎市定[4]によって出され、以後日本学界ではこの考え方が定説となっている[5][6][7][8]。一方、中国学界では、陳寅恪が『唐代政治史述論稿』において、鮮卑系の関隴集団(=武川鎮軍閥)に属する趙郡の李氏が、(鮮卑化した漢族とする)唐朝の出自であることを論証し、やはり定説となった。

近年の中国では、宮崎説を「日本軍の中国支配のために持ち出された論説である」と見る向きもある[9]が、主流をなす見解ではない。また、中華民国の学者姚薇元の『北朝胡姓考(修訂本)』(中華書局2007年)では唐をテュルク系高車を出自に持つ代郡李氏とする見解を示している。森安孝夫は、「唐を拓跋国家とみなす学説は、日本の学界、さらに中国や欧米の学界では、どの程度認知されているのか?」という質問に対して、「唐の王族・李氏が拓跋出身であることを認めない者は、もはや世界中のどこにもいません」と回答している[10]

そして、少なくとも唐王朝の高祖の母はすべて鮮卑系の異民族である[11][12]。例えば、唐王朝の名臣として名高い長孫無忌は鮮卑の拓跋出身であり、その妹が太宗の皇后であり、高宗の母である[12]

歴史

唐の歴史は300年にわたり、非常に長く、また唐代の間の社会変動も大きい。そこで、ここでは唐の歴史をさらに初唐盛唐中唐晩唐の4期に細分して通観する。

初唐

7世紀初頭の中国は隋が統一国家を実現していたが、第2代煬帝の内政上の失政と外征の失敗のために各地に反乱がおき、大混乱に陥った。このとき、煬帝のいとこであり、太原留守であった李淵義寧元年に挙兵、煬帝の留守中の都、大興城を陥落させると、煬帝を太上皇帝に祭り上げて、その孫恭帝侑を傀儡の皇帝に立て、隋の中央を掌握した。翌隋義寧2年、唐武徳元年に江南にいた煬帝が殺害され、李淵は恭帝から禅譲を受けて即位、を建国した。

建国の時点では、依然として中国の各地に隋末に挙兵した群雄が多く残っていたが、それを李淵の次子李世民が討ち滅ぼしていった。勲功を立てた李世民は、626年にクーデターを起こすと李淵の長男で皇太子李建成を殺害し実権を握った。李淵はその後退位して、李世民が第2代の皇帝となる。

李世民は北方の強国突厥を降してモンゴル高原羈縻支配下に置き、北族から天可汗テングリカガン)、すなわち天帝の号を贈られた。また内治においては三省六部宰相の制度が確立され、その政治は貞観の治として名高い。その治世について書かれたものが『貞観政要』であり、日本や朝鮮でまで帝王学の教科書として多く読まれた。

武則天

唐の基礎を据えた李世民の治世の後、第3代高宗の時代に隋以来の懸案であった高句麗征伐が成功し、国勢は最初の絶頂期を迎える。しかし、高宗個人は政治への意欲が薄く、やがて武后とその一族の武氏による専横が始まった。夫に代わって専権を握った武則天は高宗の死後、実子を傀儡天子として相次いで改廃した後、690年の簒奪により国号をと改めた。

中国史上最初で最後の女帝であった武則天は、酷吏を使って恐怖政治を行う一方、新興富裕階層を取り込むため土地の併呑に許可を与え版籍の調査を緩めたが、農民の逃散や隠田の増加が進行して社会不安と税収減及び均田制の綻びを招いた。武則天が老境に入って床にあることが多くなると権威は衰え、神龍元年、宰相張柬之に退位を迫られた。こうして武則天が退位させた息子の中宗が再び帝位に即き、周は1代15年で滅亡した。

しかし今度は、中宗の皇后韋氏が中宗を毒殺した。韋后はその後即位した殤帝を傀儡とした後簒奪を画策したが、中宗の甥李隆基と武則天の娘太平公主の蜂起により敗れた韋后は族殺され、武則天が廃位させた李隆基の父・睿宗が再び帝位につき、李隆基はこの功により地位を皇太子に進められた。その後、今度は李隆基と太平公主による争いが起こる。

2人の皇后の姓を取って7世紀後半から8世紀前半にかけて後宮から発生した政乱を「武韋の禍」と呼ぶ。

盛唐(8世紀初頭 - )

玄宗
8世紀前半の唐

712年先天元年)、李隆基は睿宗から譲位され即位した(玄宗)。翌年、太平公主を処刑した。玄宗の治世の前半は開元の治と謳われ、唐の絶頂期となる。この時期、唐の羈縻支配と冊封政策は中央アジアにまで及んだが、751年トランスオクシアナの支配権を巡ってアッバース朝との間に起こったタラス河畔の戦いに敗れた。

玄宗は、長い治世の後半には楊貴妃を溺愛して政治への意欲を失い、宰相の李林甫ついで貴妃の一族楊国忠の専横を許した。楊国忠は、玄宗と楊貴妃に寵愛されていた節度使安禄山と対立し、危険を感じた安禄山は755年に反乱を起こした。節度使は玄宗の時代に増加した官職で、辺境に駐留する藩師に軍事指揮権と一部の行政権を与える制度である。北方3州の節度使を兼ね大軍を握っていた安禄山はたちまち華北を席巻し、洛陽を陥落させ大燕皇帝と称した。

都の長安を占領され玄宗はに逃亡、その途中で反乱の原因を作ったとして楊貴妃と楊国忠は誅殺された。失意の玄宗は譲位し、皇太子が粛宗として即位した。唐は名将郭子儀らの活躍や回鶻(ウイグル)の援軍(太子の葉護ら)によって、763年に乱を平定した。9年に及んだ反乱は、安禄山とその死後乱を主導した配下の史思明の名をとって安史の乱と呼ばれる。安史の乱によって、唐の国威は大きく傷付いた。以降、唐は次第に傾いていく。

軍事力増強のために藩鎮を増やした結果、内地の節度使も増加した。各地に節度使が置かれた状態は、後の五代十国時代まで続いた。

中唐(8世紀半ば - )

安史の乱により疲弊した唐は、中央アジアのみならず西域も保持することが難しくなり、国境は次第に縮小して世界帝国たる力を失っていった。

これに対し、中興の祖と謳われた憲宗は、中央の禁軍を強化することで中央の命令に服さない節度使を討伐し、朝威を回復させた。しかしその後不老長寿の薬といわれた丹砂(水銀)をはじめ怪しげな仙薬を常用するようになると、精神に不安定をきたして宦官をしばしば殺害したため、恐れた宦官により殺された。孫の文宗は権力を握った宦官を誅殺しようと「甘露の変」と呼ばれる策略を練ったが失敗し、かえって宦官の専横を招いた。 また、文学においてはそれまで順調な発展を遂げていた唐詩にブレーキがかかる時代でもある。特に安史の乱以後に徐々にその兆しが表れ始める。

晩唐(9世紀半ば - 10世紀初頭)

文宗の弟の武宗廃仏運動を進めた。当時、脱税目的で僧籍を取る者が多かったため、実態の無い僧を還俗させ財政改善を図った。この時期、牛僧孺党派と李徳裕党派の政争が激しくなり、これは牛李の党争と呼ばれる。

この頃から、859年裘甫の乱868年龐勛の乱に代表される、行政の改善を要求する武装闘争が各地で起きた。874年頃から黄巣の乱が起きる。この乱は全国に波及、黄巣は長安を陥落させると中国語版を建て、皇帝就位を宣言した。しかし黄巣軍の構成員は多くが貧民出で政務を執行できず、略奪を繰り返して憎悪を買った挙句に長安を去った。この時、黄巣の部下だった朱温は黄巣を見限り唐に帰参した。朱温は唐から全忠の名前を賜り、以後朱全忠と名乗る。この頃になると唐朝の支配地域は主に首都・長安から比較的近い関東地域一帯にまで縮小し、藩鎮からの税収も多くが滞っていった。

河南地方の藩師となった朱全忠は、唐の朝廷を本拠の開封に移して、唐の権威を借りて勢力を拡大した。907年天祐4年)、朱全忠は哀帝より禅譲を受けて後梁を開き、唐は滅亡する。しかし、唐の亡んだ時点で朱全忠の勢力は河南を中心に華北の半分を占めるに過ぎず、各地には節度使から自立した群国が立っていた。後梁はこれらを制圧して中国を再統一する力を持たず、中国は五代十国の分裂時代に入る。唐の滅亡により、中国は東アジア文明をリードする力を失い、契丹日本など、唐の文化の影響を受けた周辺の諸国は独自の発展をしていくこととなった[13]

政治

兵制については「税制・兵制」の節を参照。

律令体制とその崩壊

律令は、西晋で作られた泰始律令以来、何度か改変が重ねられ、文帝により「開皇律令」が編纂されていた。唐はそれを受け継いで、何度か修正を加えつつ運用していた。

律は刑法、令は行政法であり、これを補足するものとして格式がある。律令に該当しない事例を処理する為の詔勅のうち、法として新たに加わるものが格で、式は律令を運用する上での細則である。

後述する三省六部九品制均田制府兵制などは令によって規定され、このような律令を中心の柱として成り立つ国家体制を律令制と呼ぶ。

唐の律令は何度か変更され、玄宗の737年開元25年)にほぼ完成を見る。この律令を開元二十五年律令と呼んでおり、後世に律令のお手本とされた。

律令が現実の社会状況と合致しない場合、それに代わって詔勅と格が主要な役割を果たしたとされる。安史の乱以後は、唐全体の社会状態が大きく変わり、より格式が多用されるに至る。

科挙と貴族政治

唐代は南北朝時代からの風潮を引き継いで、権門貴族が強い影響力を保持していた。皇室の李氏を含め唐の支配者層を形成したこれらの集団は、いずれも多くが関隴の地域を基盤とした貴族集団であり、この集団のことを関隴集団と呼ぶ。関は関中陝西省)、隴は現在の甘粛省東部のことである。

関隴貴族は鮮卑北朝貴族であり、この他には主に漢族の流れを汲む山東貴族、南朝の流れを汲む南朝貴族がある。家門の家格という考え方は魏晋南北朝時代を通して維持され、唐が建国された後でも長い歴史を持ち最高の名門とされる山東貴族は、影響力には乏しいが家格は依然として高かった。

家格が高い家と婚姻関係を結び自らの家格を上げることが広く行われたが、この場合は下の家格の者が上の家格の者に莫大な結納金を積むのが常であった。太宗は皇室と外戚の権威を高めるべく、貴族を格付けした『氏族志』の編纂を命じたが、山東貴族の家門が第一等、皇室の李氏が第三等だったため、唐の官制に基づき皇室の李氏や親族を第一等・第二等とするよう命じた。同じく武則天も自らの武氏を李氏に次ぐ第二等とした。これは、家格が当時の人にとって大きな意味を持っていたことを示している。

貴族は政治への影響力の源泉として、詔勅の審議を司る門下省と官僚の任免賞罰などを司る尚書吏部を握っていた。

高位の官僚には課役の免除、刑罰を金銭で贖えるなどの特権が与えられ、また資蔭と呼ばれる親の官品に応じて子が任官できる制度があった。唐の政治は概ね貴族により運営されていた。

一方、隋から受け継いだ科挙も実施されていたものの、資蔭によって与えられる地位よりも低い位置で任官するのが常であった。例えば最高位である一品官の子は正七品上に任官できるが、科挙では最高でも正八品上である。さらに前述の通り、尚書吏部は貴族の意向が働いており、科挙出身者は冷遇された。

武則天は関隴貴族の出身ではあったが主流には遠く、女性の身で権力を握るという事への反発もあり、関隴貴族の反感を買っていた。そこで武則天は科挙を通過する新興富裕層を積極的に引き上げ、権力の安泰を計った。

しかし武則天の時代は新興富裕層を厚遇するあまり、大地主による土地の併呑が横行し、農民が田地を失って小作となる事例や逃亡して奴婢となる事例が蔓延、また同じく唐初以来厳格に行われてきた版籍の調査を甘くして、官位の低い新興富裕階級による土地の併呑や奴婢を囲い込みに便宜を計った為に隠田や脱税が横行、玄宗時代に税制改正が行われる原因となった。

中期以降の唐では、基本的には上位の官職に就けない状態ではあったが、科挙出身者が徐々に官界に進出する。また貴族出身にも科挙を受験する者が増える。

官制

律令制下の官制三省六部を頂点とする。中書省が詔勅(皇帝の命令)の起草、門下省がその審議を行ない、尚書省が配下の六部(礼部吏部戸部兵部刑部工部)を通して詔勅を実行する。門下省の長官は侍中(2名)、中書省の長官は中書令(2名)、尚書省の長官は尚書令と呼ばれるが、尚書令は皇子時代の太宗が務めていた時期があったため、唐を通じて欠員とされ、副長官の僕射(ぼくや、左右1名ずつ)が実質上の長官であった。

六名の長官が宰相職とされ、重要政策は宰相の合議によって決定され、宰相の会議上は政事堂と呼ばれた。しかし次第に皇帝の代理人である中書令の権力が強くなり実権を振るうことになる。

官制の最高位である宰相には、侍中・中書令・尚書左僕射・尚書右僕射が任じられ、他の官職にあるものに同中書門下三品という仮官を与えて宰相に任じることがあった。同中書門下三品は、後に同中書門下平章事と名称を変え、宰相を意味するようになった。

尚書六部の下には代以来の実務機関である九寺五監があり、庶務を担当した。

また三省とは別に宮中の文書を扱う秘書省・皇帝の衣食などを取り扱う殿中省後宮の管理を行う内侍省があり、合わせて六省と呼ばれる。他に監察機関として御史台があり、官僚たちの監察を行なった。

これらの部署に配置される官僚達は正一品から従九品下までの、一品から四品は正・従に分けられ、五品から九品までは正・従・上・下に分けられた計30階位に分けられている。この九品以上までが、「流内官」と呼ばれ、それ以外は「流外官」と呼ばれた。流内官の文武の各品階ごとに実務が伴わない官名が定まっており、文散官・武散官と呼ばれた。また、五品以上は宰相の推薦による勅任官で、六品以下が吏部に任じられた認証官であった。また、中央にいる京官と地方の外官にも分けられた。実務を伴う官名は職事官と呼ばれた。

特権として、九品以上の流内官は本人の公課が免除され、五品以上は同居親族の公課が免除の上、官人永業田の給付、散官に応じて、「蔭」や「任子」という子孫が官人になる資格を与えられた。

官人になるためには、皇帝・皇后の親族であることや蔭の対象とあること、または科挙合格した上で、吏部で行われる銓選という身言書判の試験に合格する必要があった。流外官から銓選だけで官人になることもあった。流内官になることは、入流と呼ばれた。しかし、流内官には清・濁の区別があり、皇帝・皇后の親族や蔭の対象者、科挙合格者は清官であったが、流外官から選ばれたものは濁官にしかなれなかった。

8世紀中葉以降、旧来の官制に綻びが見られる状態に対応するため新たな官制が布かれた。主なものにの監察を行う観察使、戸部の事務処理量が膨大となったため戸部から独立させた国家財政を司る度支使、物資の運送を司る転運使、塩鉄専売を司る塩鉄使などがあり、それまでの令によって定められた役職を上回る職権を持つ職もある。このうち翰林学士などの令外官使職と言う。

度支使は元来財政を担当した戸部尚書を上回る権限を持ち、塩鉄使はその財政上の重要さから宰相に準ずる職となる。宝応年間以降は、常に塩鉄使が転運使を兼ね、後唐に至ると度支使・塩鉄使・戸部尚書が一本化されて三司となった。

またそれまで中書省の中書舎人が行なっていた詔勅の起草の内、朝廷ではなく皇室の発するものは玄宗が設置した翰林学士が行う事となった、翰林学士は宦官と並んで大きな権限を持つことになる。

身分制度

律令において、良賤制度がとられ、人は良人賤人に分けられていた。賤人(賤民)は、独立した戸籍を持たず、官賤人と私賤人に分けられ、それぞれ細かく身分を分けられていた。良人と賤人、もしくは賤人の異種身分同士で刑罰が異なり、身分が上が下に犯した場合は通常より罪が軽くなり、下が上を犯した場合は重くなった。

官賤人は、重罪人とその親族が籍没されたものや戦争捕虜とその子孫が中心であった。私賤人は、没落者とその親族、人身売買された者、強奪された者、官賤人が引き渡された者、親が私賤人だった者が中心だった。良人と賤人の間の結婚は禁じられ、良人と、私賤人の女性との間に生まれた子はその良人が認めなければ、私賤人のままであった。

ただし、私賤人でも、主人が勝手に殺すことは禁じられ、税や兵役の負担は免れることができ、金銭で私賤人の間における身分を上昇することができた。主人が私賤人を良人にすることは許されていた。また、官賤人は、赦免を受けることで、次第に身分が上げられ、良人となることができた。この時代では、賤人を良人として解放するのは大きな善行とされていた。身分についても、生来の出自により、完全に固定されたものとしては認識されているものではなかった。

戸の中では尊卑長幼制がとられており、戸における世代の上下と年齢の上下を勘案した上で、上が下を犯した場合は軽く、下が上を犯した場合は重くなるように、刑罰が定められていた。

地方制度

唐は、全国を10の道に分け、後の玄宗期に15に分けた。

道は監察など広域行政のための単位であり、実際の施政を担うのは刺史を長とすると、その下の県令を長とするである。州は全国で約350あり、県は全国でおよそ1550であった。

県の下に、4家を以て、5隣を以てとする隣保制と、100をまとめて1とし、5里を1とする郷里制がある。一つの里にはその里の諸事に責任を持つ里正という郷役が里の中から選ばれ、徴税・犯罪の取り締まりなどに当たった。

安史の乱後は、多くの藩鎮が地方に置かれた。また国内には領土の統治のために連絡用の駅伝が30ごとに置かれ有事に備えた。

宦官

唐代は歴代王朝の中でも後漢ほどではないが、宦官悪の顕著な時代とされている。唐において最初に権勢を揮った宦官は玄宗時代の高力士である。高力士は玄宗の絶大な信頼を受け、李林甫などは高力士と結んで高位に上ったといわれる。高力士自身は全身が玄宗への忠誠心のような人物であったが、あまり表に出ることはなく陰で権勢を振るう傾向が強く、唐末の宦官権力の一典型となった。

安史の乱後、粛宗擁立に功績を挙げ宦官初の宰相となった李輔国代宗の下で驃騎将軍となった程元振などを経て、神策軍を擁した魚朝恩の台頭の以後、宦官の存在は唐皇室の中で大きな位置を占める。

神策軍は唐の地方軍のひとつだったが、魚朝恩の行動により皇帝親衛軍とされ、以後代々の長官には宦官が任命され宦官の権力の拠り所となった。

宦官の専横に対して皇帝の側にも宦官を排除する動きが出てくる。憲宗の孫の文宗は宦官に不快感を抱いており、それを察した官僚李訓鄭注は宦官殺害の策を練り、835年に「甘露が降るという瑞兆があった」という偽りを報告し、これを口実として宦官を集めて一気に殺害する計画を立てた。しかし内部の不一致から計画は失敗し李訓らは殺される。これを甘露の変と呼ぶ。

こうして皇帝と宦官勢力の対立が表面化したこともあったが、宦官は基本的に皇帝と不可分の存在であった。宦官の権力の源泉は皇帝であり、皇帝なくして宦官はあり得なかった。仇子良が残した言葉はこのことを如実に示している。また前述の皇帝側からの宦官に対する行動はあくまで宦官の専横の抑制を目的としており、宦官制度自体は唐代を通じて存された。宦官側・皇帝側、双方からの必要性故に宦官という存在がありえた。

権勢を振るった宦官も唐末に朱全忠・李克用らが争い合い、皇帝が名目的な存在になって以降は当然に勢力を失った。最終的に宦官は902年、朱全忠の力を借りた昭宗により全滅させられるが、その2年後に昭宗は朱全忠により殺され、さらにその3年後に唐は朱全忠へ禅譲し完全に滅亡する。

経済・軍事

※唐代の単位については以下の通り。1畝=約522.15平米。10斗=1石=59.4リットル。10尺=1丈=3.11m。1両=42.5 - 40g。

税制・兵制

唐の税制は北周以来の均田制租庸調制であり、兵制は府兵制である。この両制度は相互不可分な制度である。

均田制は全国の丁男(労働に耐えうる青年男性)一人につき、永業田(相続可能な土地)が20まで認められ、口分田(死亡や定年60歳になると国家に返却する)が割当可能な範囲で80畝まで支給される。また官職にある者は職分田が与えられる(これは辞職した時に返却する)。その他にも丁男がいない戸、商工業者、僧侶・道士などの特別な戸に対してもそれぞれ支給量が決められている。

田地に対して、租庸調と呼ばれる税を納める義務を負う。は粟(穀物)2調2綿3を収める。年間20日の労役の義務があり、免除して貰う税はと呼ばれ、労役一日に対し絹3あるいは布3.75尺を収める。

府兵制はこれらの戸籍に基づいて3年に1度、丁男に対して徴兵の義務を負わせた。

均田制・府兵制の両制度の実施には戸籍が必要不可欠であるが、武則天期になると解禁された大地主による兼併や高利貸によって窮迫した農民が土地を捨てて逃亡する(逃戸と呼ばれる)事例が急増し、また事前通告なしでの土地の売買を解禁したため戸籍の正確な把握が困難になった。また、華北地域では秋耕の定着による2年3作方式が確立され、農作業の通年化・集約化及びそれらを基盤とした生産力の増大が進展したことによって、期間中は農作業が困難となる兵役に対する農民の負担感が増大していった[14]。かくして均田・租庸調制と府兵制は破綻をきたし、代わる税制・兵制が必要となる。

辺境において実施された藩鎮募兵制は、府兵制は徴兵により兵役に就かせたのに対して、徴収した土地の租税の一部を基に兵士を雇い入れる制度である。710年安西四鎮天山山脈南路の防衛)を置いたのを初めとして719年までに10の藩鎮を設置している。当初は辺境地域にしか置かれていない。

しかし安史の乱後は内地にも藩鎮が置かれた。地方の藩鎮は唐に対する税の貢納は行っていたものの徐々に自立色を深めていき、最終的には藩鎮により唐は滅ぼされることになる。

780年に施行された新しい税制は、それまで資産に関らずに定額を課税していたものを、財産に応じた額に改めたものである。(6月)と(11月)の年2回徴収するので、両税法と呼ばれる。夏に納めるのはであり、秋に納めるのはである。税額は一定せず、その年に使われる年間予算を基に税額を各地に割り当てた。

かつて安禄山軍から投降した3人の武将に授けた節度使職を元とする、成徳軍・盧龍軍・天雄軍の3つの藩鎮は特に反中央の傾向が強く、節度使の地位を世襲化し中央に納税しなかった。この3つを河朔三鎮と呼んでいる。憲宗は藩鎮を抑制する為、反抗的な藩鎮に対して討伐を加えた。

藩鎮では多くの騒乱が発生したが朝廷へ反旗を翻した例は僅かで、大部分は不満を持った驕兵悍将と呼ばれる兵士・下士官が上司たる節度使を追放する目的で行われた。このような兵乱の代表が康全泰の乱(858年)である。兵乱はあくまで自分達の利権を守るのために背いただけで、ほとんどは唐政府に妥協し、大規模なものになる前に鎮圧された。

しかし、羨余などの税収以上の民衆からの収奪を行う節度使と、羨余のさらなる献上を奨励する唐政府のため、民衆の生活は困窮するばかりであった。そのため、裘甫の乱(859~860年)という民乱(民衆が中心の反乱)が起きたが、地主・大商人層が唐政府についたために、鎮圧された。また、龐勛の乱(868~869年)は初めは兵乱として始まったが、後に多数の農民が参加して民乱と化した。最終的には、龐勛の乱は地主・大商人層が離反したため、敗北する。龐勛の乱は、黄巣の乱(874~884年)の前段階と言え、黄巣の乱は初めから民乱として出発する。

専売制

安史の乱以後の唐の財政は苦しくなり、その打破のために758年専売制を実施した。

専売の統括をする役職が塩鉄使である。塩の産地には製造業者を集める巡院という機関が置かれ、ここで登録を受け、できた塩は登録された塩商人に売り、外部へ塩が流出しないように監視された。

専売制によってかけられる税は莫大で、塩にかかる税額の大きさは専売制実施前が1斗が10銭であったのが実施後には110銭になるというほどであった[15]。しかもこれ以後財政が悪化するとその都度値上げされている。また、生産者の自由も制約されるようになると製塩従事者の勤労意欲も減退して、品質の低下に繋がった。

生活に不可欠な塩に対してこのような価格をつけることに不満を持った人々により塩の密売が当然行われ、政府は取締りを行って摘発者には死刑などの厳しい処分を下したが、密売人側も次第に武力を持った組織だったものになっていった。黄巣はこの集団の中から登場して晩唐を揺るがし、唐に致命傷を与えることになる。

貴族の没落と市民経済の勃興

科挙は試験によって人材を選抜する制度であるが、合格には長期間勉強に集中できる環境が必要であり、また書物の購入費用などもかなりの額になることから合格にはそれなりの財産が必要であった。

貴族が科挙を軽視していた時代に科挙を受けたのは、財産を積み上げてきた新興地主層で、これらの科挙合格者達は武周期を境に官界へ進出し始め、官僚としての特権を利用して財産を積み上げ、豪商・富農と呼べる存在が現れる。また、商業全体も活発化した。

煬帝によって作られた大運河も流通の柱として大きな活躍をし、その重要さから政治都市・長安より、大運河沿いの商業都市・開封が中国の中心都市の地位を奪うことになる。

社会の変化に対応できない貴族層や新興富裕層は没落し、唐代の勢家は平均3 - 6代程度と短い。貴族の影響力の牙城であった門下省はその実質を失い、中書省に吸収されて中書門下と呼ばれるようになる。次第に貴族層も科挙を受けるようになるが、五代十国時代の戦乱の中で中国史に於ける貴族は消滅する。

新興地主層は北宋代の形勢戸に繋がり、この層が科挙官僚を生み出すことで士大夫層の形成へと繋がる。

坊制

唐の都である長安と副都である洛陽などの大都市は、街を街路で碁盤目状に区切る条坊制がとられていた。街路で四方を区切られた場所を「坊」とし、約3mほどの高さの土塀で街路沿い四方を区切り、土塀には大きな坊で路が東西1路、南北1路で四門、小さな坊で東西1路で二門がつけられ、門から街路に出ることで他の坊に行くことができる。坊門は、坊の責任者である坊正が鍵を管理し、日の出前に開けられ、日没とともに門を閉めた。有力者や寺院などは直接、街路へ向けて門をつけることを許されていた。これは「坊制」と呼ばれる。

坊の責任者は、坊正と里正がいた。坊正は坊全体の責任者として、坊門を管理し、治安を維持する役目があった。また、坊の中にある100戸ごとに里正が任命され、戸数の把握や賦役の催促、犯罪の調査を行った。治安より財政が重視されたため、坊正より里正が重んじられた。

坊門以外に門をつける特権を持つものが余りに増え、中唐には街路の門戸が問題になったが門が減少することはなく、街路の一部を占有する「侵街」と呼ばれる事態が増加した。商工業の発展とともに、坊制はその機能を弱めていった。

経済

市制

各都市に政府が管理する商店や行商が集まる市があり、長安に東西二つの市、洛陽に南北西、三市が存在していた。この市は政府から決められた市制により管理された。市制では、市は早朝から日没まで開けられ、商取引は正午の鼓の合図から、日没より前に終わる制度となっていた。

長安に存在していた東西の市は、周囲を約1km四方の土壁に囲まれた「坊」と呼ばれる区画を一つずつ占拠していた。市のある坊は、道路が十字の形をしていた他の坊と違い、市では路が東西、南北に2路ずつあり、路が井の字の形をしていた(これが「市井」の語源となった説がある)。市の中心部には、政府の太府寺に属する市署と平準署があった。市署では商取引や市の門の鍵を管理し、平準署は政府の物資を売買し物価を調整する役割があった。

地方都市にある市も市署がなければ商取引はできず、毎年8月に商品の検査がなされた。市署は市籍に登録された商人と職人も管理し、この戸籍をもとに戸税や庸役がかけられた。市には他の土地から行商も来て、市籍に載る土地の坐商を通じて、商売を行った。肆や舗と呼ばれる商店も区画が行ごとに定められた。市で売買される商品は価格表示も義務づけられていた。また、貿易を行っている都市では、市令、市丞が貿易を管理した。政府の商工政策はかなり管理的なものであった。政府の目的は、市場価格を一定させ、特定の商人が商取引を独占し、売買を強制することを取り締まり、一般商人を保護し、商取引が円滑に行うことを意図していたとされる。

市ではない坊でも店舗は存在し、商取引は行われ、に属しない特殊な商品を扱う商人や零細な行商や飲食店が多かった。そこでは、夜店も運営できた。安史の乱後、時代が進むにつれ、店が城内に広がり、市の営業時間は守られなくなり、市制は次第に有名無実化した。

唐代中期以降は、都市以外にも、水陸の交通の要衝である城外や港の近くなど行商の往来が激しい地域に、自然発生的に草市墟市)という市が生まれた。草市は、水運が発達した江南地方を中心に広がった。両税法が制定され、農家も銭納が義務づけられたことや、茶などの商品作物の存在によって、商品経済は農村にまで広がり、農村交易も一般化していったため、草市は定着していった。政府は鎮を設けて管理した。草市は発展し、州県の所在地までになることもあった。

唐代末期には、坊の壁は破られ、行の管理もゆるんでいき、市制は機能しなくなっていった。

唐代の市では、肆や舗と呼ばれる商店は、扱う商品の種類ごとに商売を行う区画を決められ、『行』という同業組合の組織に組み込まれた。行は、長安だけで220行(120行の説もある)存在していた。行に属する商人は行人と呼ばれ、責任者である行頭を通じて、市署の管理を受けた。行頭は行人の検察を行い、隠した場合は重罰を受けた。

行は、肉行、鉄行、太衣行、秤行、絹行、金銀行、銀行、薬行、鞦轡行などが存在し、米や絹の行は幾種類も存在し、商業の専門化は進んでいた。行は社邑の構成をなしていることもあり、宗教活動も行った。行は国家の管理を受け、平準署の官物売買や物価調整に協力をしながらも、自治的な同業組合としての共同的な行為も同時に行った。

唐代中期には、市制が廃れ、行に対する政府管理はゆるくなり、行の機能は、同業商店街から、同業商人組合というギルドに似た意味に変化した。そのため、行もまた、戸税の徴税対象となった。行の独占も商業の競争が進むなかで次第にくずれていった。

交通制度と旅

交通については、すでに整備されていた馳道を利用し、さらなる補修拡張を行った。そのため、長安を中心とした各地方につながる道路水路が整備されていった。道路には、30里(約17km)ごとに駅站(駅館、公営の宿)が置かれ、公文書を運ぶ政府の使者や地方へ赴任し、帰ってくる官僚が利用した。駅站の近くには、往々において民間の宿が存在した。宿の名称の最後には、『駅』、『館』、『店』とつくことが多かった。唐全土には1,639もの駅站が存在し、水駅が260、水陸駅が86か所設置されていた。駅站を利用できる政府関係者は、食糧、運送、宿泊が無料であった。また、道路の五里ごとに『里隔柱』という標識が置かれ、十里ごとに別の標識を立てられた。幹線道路沿いには多数の店舗が建ち並び、交通は大いに発達した。

当時の貴族や官僚は外出には車を使わず、馬に乗り、牛車に乗るのは女性が多かった。牛車はまた、運送に利用された。

隋代からの駅伝制度を発達させ、駅站は整備され、役人の宿泊や馬の確保に使われた。一等の駅は馬75頭が置かれていた。関津制度によって、水陸の要所に関所が置かれ、旅人や荷を検分して、商人から税を徴収した。また、商業のための往来するために、商人は「過所」という通行証明書を、中央では尚書省、地方では州で発行してもらい、所持する必要があった。紛失した場合、審査の上で再発行となった。過所に許された経路を通れば、遠距離でも行くことができたが、不正に通関しようとしたものは罰を受けた。また、安史の乱以降は、人の動きが活発化して、藩鎮の州や県で「公験」という通行証明書も発行された。唐代の関津制度は、賦役逃れや誘拐、外敵の潜入を防ぐために厳格であった。唐代後半には、軍事伝達が余りに頻繁となり、駅站が増大して、駅伝制度は崩れていった。

大運河の開通後、水路の重要性が大いに増した。水運や造船の発達により、大規模な輸送が可能になり、運河の度重なる改善もあわさって、大量の食料が運搬され、長安の食料不足が解消した。海運もまた、造船技術の向上により発達していった。

幹線道路沿いは、民家や商店が多く、民間の旅人でも食糧に不足はしなかった。民営の旅舎や逆旅と呼ばれる旅館も多数存在した。9世紀の唐代を旅行した円仁の『入唐求法巡礼行記』によると、円仁は長期間の旅行をほとんど危険もなく行っている。

宿屋寝具持参で自炊が原則であった。相部屋が多く、その時は、寝床だけを借りることになる。寝床は大きいのを牀、小さいのを榻といった。使用しない時は寝床は壁に立てていたが、宿では常時、設置していたところもあった。食店という食堂を兼ねた宿も存在したが、安宿は自炊が一般的で、飯だけはつける宿もあった。旅行は遠距離なものが多く、長期間に渡るため、馬車ロバラクダで荷を運ぶことが多かった。相部屋には炉があり、部屋で煮炊きを行い、外から食糧や酒も持参できた。宿屋の中に馬小屋があることもあった。宿は貸し切りもあり、小房という個室もある宿も存在した。

農業

唐政府は郷里制を敷いて村落の自治に委ねた。郷は500戸、里は100戸までの単位で、運営のために里正がおかれ、隋代に存在した郷正は廃止した。里の下に隣保が置かれ、五戸ごとに保長が一人置かれた。散村は村、都市の区画は坊と呼ばれ、村正、坊正が置かれ、里正と同格とした。

里正は里内の代表者で、正式な役人ではなく、官僚に使役された胥吏と、農民の間をつなぐ役割であった。里正は租庸調が免除され、農業奨励、徴税、治安の維持、戸籍のもととなる手実の作製などに従事した。政府は逃戸がでた場合、里正にその分の連帯責任を負わせることが多かった。

唐初では、栽培の技術は高く、粟の生産が主流であった。唐初が過ぎる頃、長安など都市住民に、粉食が流行したことを背景に、次第に粉食に適したの生産が増加していった。早熟性の粟と麦が組み合わされ、二年三毛作が行われ、生産力を増加した。麦は需要の増加に伴い、南方でも生産されるようになった。また、唐代中期以降は、直播き式であった稲作は苗代式に変わっていった。南方にはいまだ広大な未開発の土地が残っていたため、次第に開発されていった。

農業は初期における均田制の実施や水利技術・灌漑技術の向上などにより発展していった。

手工業

手工業は、工部および少府監、将作監の三つが所管していた。唐政府は、府兵に似た組織を適用して、大量の職人を管理した。官営手工業に従事する職人は三種類あり、官奴婢らの無期服務者、輪番職人(番戸は1年3番、雑戸は2年5番。1番は1か月)、1年に20日の賦役の義務を負う一般職人がいた。無期服務者は絹で代納することができた。職人は徴税等により賦役を免除を許されたが、技巧であると認めたものは許されなかった。職人は世襲であり、転業も許されなかった。

また、「雇」となる手芸職人は、日当絹3尺が相場であり、雇には政府が正式に認めた職人や輪番終了後の職人がなることがあった。これは和雇と呼ばれ、比較的自由であったが、輪番の非番のものが、和雇を名目に束縛されることがあった。職人は日当として代物が支払われるが、政府による不払いが時代が進むほど増えていった。

役所における職人の訓練には一定の期間を設けており、年末に試験を行い、合格したものは職人となれた。特に優れたものは「巧」、一般的には「匠」と呼ばれた。役所は技術相伝であり、民間にも徒弟制度があった。武器の私製は禁止し、奴婢に対しては、死刑や流刑で対し、統制を行った。政府に官手芸職人、民間手芸職人は管理されたが、彼らの働きが、手工業を発展させる原動力となった。

手工業は、民営のものも発達し、家庭で製造するものと、工房で人を雇いつつ自ら生産を行い販売を行うものがあった。行組織も発達するとともに、官営の大規模な工房が増加し、専門に雇工として従事するものも現れている。

手工業では紡績業の生産が最も発達していた。租庸調の税制により、農民にとって、絹を政府におさめねばならないことから、大事な副業であった。絹は、絹織物、織物として朝廷の衣に用いられ、八等に分けて評価された。極めて軽く、透明に近い薄紗に、蝋纈染により精緻な絵が描けるほど彩色技術が進んでいた。錦は彩色の飾り模様を持った織物で、織る前に糸に染色を施したものであった。漢代から縦糸を使って模様を表した経錦を引き継ぎ、横糸を使った緯錦を加え、より細密で多彩となった。絹織物は前半は北方で栄え、中唐以降は南方で発展した。また、玄宗期から都市部に大規模な個人紡績工場も出現し、綿織業も発達した。

絹は唐代前半は貨幣の役割を果たして国内で流通し、外国にも主要な貿易品としてシルクロードを通って大量に輸出された。

磁器は、陶器から分離して独立した分野として生産されるようになった。磁器のうち、白磁は、河北邢州の「邢窯」の代表とし、北方でつくられ、堅牢かつ純白であった。また、青磁は、越州を代表とし、南方で作られ、精緻で、うわぐすりが潤沢で茶器として好まれた。唐三彩も作られ、陶磁器は外国に大量に輸出された。製磁業は拡大し、顕著な進歩をして、金銀器漆器に代わり、日用不可欠なものになった。唐代の陶磁器は高い水準に達しており、高い評価を現代にまで受けている。

製紙は、原料として樹皮・絹などが使われ、種類の拡大に伴い、生産コストが減少した。また、原料の違いによる紙の品種も増えた。紙は大いに普及し、四川江南で名紙と知られたものが作られた。の地では加工紙も作られ、書画の発達とともに精巧となった。また、大規模な製紙工場も造られている。

鉱業は少府監下の掌治署令が管掌し、後に塩鉄使の管掌となった。には税を課し、白蝋は官で販売していた。西北辺境では、採鉱や冶金をすることを禁じ、冶金所では、生産に官に報告する必要があった。他の地域では、私人が自由に採ることができた。、銅、鉄、丹砂があり、銅鉄の生産が多かった。石炭石油の探鉱も存在した。

金属器も発達した。鋳造器物の技術も精巧であり、揚州銅鏡は世に知られ、巨大な鏡など多様な銅鏡がつくられた。また、主に宮廷で使用された金銀器物の技術も向上し、金銀器は中央アジア西アジアの装飾を参考にして作られ、装飾は緻密なものになった。鋳造器物の製造には、水力利用した溶解作業も行われ、全体的な生産や質は向上し、金属製品の供給は増大した。

造船業は工部配下の水部郎中と都水監配下が管掌していた。政府が大規模な造船を行ったことも多かった。造船技術は発達を続け、江南各地で造船業が発達し、官営の工場も増え、民間の造船も増えていた。民間の船には積載量一万石に達すものもあり、船員には船中で一生を過ごすものもあった。豪商が大船を所持し、商品輸送に使われた。

製塩業は、唐政府により統制、独占され、海塩、地塩、井塩は全て管理された。唐代中期以降は、塩鉄使が設置される。井塩は、四川の東側に集中していた。海水塩については、江南に偏在していた。各地の塩について、食用にする地域が厳しく規定された。私塩の売買は厳罰で臨まれたため、塩は相当に高額となった。中期以降の唐王朝は塩税に支えられ、製塩職人は過酷な労働を強いられて、自由を有しなかった。次第に、塩の密売が起き、茶密売とあわせて農民暴動につながっていった。

商業

農業や手工業が発展もあり、商品市場に運ばれる豊富な物資が存在し、商業も発達した。また、交通全体の発達したことで、政府により貨幣度量衡の統一も急速に推進され、商業全体のさらなる発展をうながした。また、海外貿易の進展もあり、高宗期には多くの大商人が生まれて、活発な活動を行った。経済発展とともに、邸店が増加し、櫃坊、飛銭が出現した。

邸店は行商のための倉庫業と宿を兼ね、交易の場を提供するものである。唐代には行商とともに邸店が増加し、長安では市のある坊の内壁に沿って邸店が建っていた。大商人は邸店を経営し、巨利を得た。時代が進むにつれ、全土に邸店は普及していった。

櫃坊は唐代中期に、交易が増加し、現金が不足したことを背景に邸店から転じる形で出現した。行商に対して、銭貨の保管を行い、また、商品を担保として支払いを代行することで、現金決済の不便を解消した。櫃坊では主に農民相手に高利貸しも行い、その金利は4割以上に達した。

飛銭もまた櫃坊より少し遅れて出現した。商人が長安の進奏院や富家などに現金を払って受け取った、預かり券を目的地で現金に換え、その上で商品を購入して長安へと運ぶという、為替の一種である。飛銭は朝廷の管理のもとで行われたが、後に商人の信用を失い、機能しなくなった。

主要な交易品としては、磁器があった。絹は、衣などの本来の用途ばかりでなく、国内では貨幣として使用され、国外においても、シルクロードなどで交易品として用いられた。紙は製紙技術が発展し、竹紙が大いに用いられるようになった。磁器は大いに国内に流通し、私営の作業所からつくられ、国外にまで広まった。茶も北方で喫茶の習慣が一般化して、全国で茶店が建てられるようになり、主要な交易品となった。また、茶は回鶻人のに対する交易品となり、騎馬民族にまで伝わっていった。茶業は大いに発達し、多くの行商が茶を採り、ほうじて商品とした上で、各地を巡った。このため、商人の往来は激しくなり、各地の草市の創設に影響した。

唐初の太宗時代に、『工商の類は力量が優れていても、財物を厚給したり、朝賢の君子(政府の高官)と同列にしてはならない』と定められ、唐政府は商業の急速な発達に対応するため、管理を厳格にし、税の徴収を行った。商人は、通過するで、通るために公文を見せねばならなかった。商人が奴婢馬等を売買する時は必ず契約を行うことが、唐律で定められていた。

だが、豪商富豪は、長安洛陽に大勢居住し、次第に資産や荘園を多数所有するようになった。豪商は官僚と結託し、官僚になる秀才を養育していくようになった。また、地主が土地を農民から奪う兼併や、賦役の増加により、土地を失った農民は小商人となるものが増加し、次第に小商人層も増えていった。一方で、政府の官僚も次第に商業を行い、科挙と土地兼併により、官僚・豪商・地主は一体化しはじめる。彼らは、課税や賦役を免れ、利益を独占した。これは「影庇」や「影占」と呼ばれた。大商人は官位を金銭で買って官僚となり、官僚の商業経営も一般化した。

安史の乱以降、北方は戦乱と藩鎮により疲弊し、経済発展は阻害され、南方が発展していった。貿易も吐蕃の興隆によって、河西の地を奪われ、西北の陸路(シルクロード)交易は次第に衰退し、東南の海外貿易が盛んとなった。その一方で、都市における商業はより発展し、回鶻やソグド人の商人が長安を訪れ、交易の場が市のみに限定されなくなり、夜間の市も発生する。また、長安には統治階級である富裕層が多数居住していたため、膨大な商品の需要が生まれ、経済発展の要因となった。戦乱や藩鎮との抗争、均田制の崩壊のため、財政困難に面した政府は両税法の制定後、商人に新たに課税を行うことになった。小商人は、政府および影庇の特権を持った大商人、双方からの圧迫を受けることとなり、失業するものが多く、塩や茶の密売や密貿易、盗賊行為を行うものが増加することになった。

貨幣

唐政府は、隋末の混乱した貨幣経済を立て直すために、641年に新たに統一貨幣である銅銭開元通宝」を発行した。666年に「乾封泉宝」を発行したが、翌年には廃止となり、「開元通宝」も戻された。初唐は、銅銭不足もあり、開元通宝などの銅銭と絹が貨幣の機能を果たした。また、唐前半は銅銭の私鋳が横行した。商品経済の発展などにより、次第に、絹は貨幣としての機能を失い、銅銭が貨幣の主流を占めた。

さらに、両税法の制定以降は、税の銭による納付が義務づけられ、銅銭不足により、「銭(銅銭)貴貨(商品)賤」という一種のデフレ状態に陥った。そのため、両税法制定後数十年で、穀物や絹は銅銭に対して、数分の一の価値にまで落ちる。そのため、悪銭の私鋳はより激しくなった。唐政府は不足のため、絹による貨幣を一部で正式貨幣として認めた。

また、官僚や大商人の間では、金銀や銀銭が使用されることもあり、その地域は拡大していった。

大都市

唐代に発展した大都市は都である長安の外に、北部の洛陽、南部の揚州、成都広州などが存在した。

長安は、唐代のほとんどの期間、唐の都であり続けた。人口は約100万人が従来からの通説であり、現在は諸説あるが、各説100万人の前後であることが多く、世界最大の人口を持つ都市である説が有力である。宮城が東に存在したため、長安の東には貴族や官僚が住み、西側に庶民が住んでいた。東西に存在した二つの市である東市と西市を中心に、商業地区が生み出された。東市の周りの坊には、北里と呼ばれた多数の妓楼のある歓楽街や旅館街、飛銭を発行をする進奏院、胡姫(外国人の少女)が給仕を行う酒場が存在した。また、庶民が多数居住した西市の周りには、西域から来たソグド商人が経営する金融業者、宝石商が店を構えていた。また、多数の地方から来た流寓者が西市付近に住み、スラム街となり、「客戸坊」と呼ばれていた。時代に進むにつれ、皇族、高官、宦官が街の東北部の宮城の近くを占めていった。市には、数百の行があり、邸店が立ち並んでいた。東市では高級品を主に扱ったが、商人は西市に集まり、西市の方がにぎやかであった。街中に飲食店が店を開いていた。盛唐から、運河の改良により、船で各地の食糧や特産品が運ばれるようになった。胡人は、突厥やソグド、回鶻人だけではなく、アラビアペルシャインド人なども多く、そのため、長安は世界でもっとも繁栄した国際都市となった。また、長安は関中という盆地にあり、要害に囲まれ、監牧地が近くに存在し軍馬が容易に供給されたため、防衛上の機能は高かったが、輸送上の問題があった。そのため、しばしば食糧難に陥り、盛唐までは皇帝は洛陽に移動することが多かった。また、シルクロードをつたって、西域国家経営を行い、西域とつながるために適した地勢でもあった。

洛陽は、華北平原の西に存在し、江南から長安から続く経路にあたり、大運河へ黄河に乗り換える中継点であった。人口100万人を超えたと称していた時期もある。洛陽には「北市」、「南市」、「西市」と三つの市場が存在し、それぞれが運河沿いに立地していた。ただし、西市の存続期間はわずか2~30年であった。北市には各地の船が一万艘ほど停泊し、水路を埋め尽くし、ソグド商人たちが逗留し、金融業香料、珠玉、象牙などの外国商品を扱い、大変なにぎわいを見せていた。北市の周りには、貧困な流寓者が集まる「糠市」が存在した。南市は二つの坊にまたがり、120種類の行があり、店舗や邸店が立ち並んでいた。ゾロアスター教の寺も3つ存在した。華北や江南から、長安へ送られた来る穀物はいったん、洛陽で集積されて、運ばれていった。洛陽は長安からの東方へ結ぶための都市であり、長安と相互補完の関係にあった。武則天が執政を行う時代に都が移ったこともある。

揚州は、揚州は海岸と長江、大運河の交差点にあたり、大運河がまちを通過する水運の要衝であった。また、造船業も発達とともに、全国の商品の集散地となり、江南経済の発展とともに、重要性は増していった。揚州は海外への貿易港も存在したため、貿易都市として発展し、人口も5,60万人にまで大幅に増加し、国内外の商人が集まる都市となった。揚州に集まる外国船は、ペルシャ、アラビア、朝鮮、日本のものが存在し、多数のアラビア人やペルシャ人が在住した。盛唐以後は市制は崩されて、坊壁はとりはらわれ、通りに面して店舗を建て、さらに後には夜市も開かれた。また、揚州は江南の海塩の集散地でもあり、塩商人が集まり繁栄した。商品として、米、塩、金銀器、絹、木材、茶などが取引され、揚州で積み替えられて華北へ運ばれた。金や銀の両替も行われた。宋代初期まで繁栄した。

成都は、蜀地方が温暖な地方で水運が開け、隋末の戦乱もなかったため、発展した。特産品としては、養蚕、絹と紙が存在した。絹は上等なものは蜀錦として知られた。また、成都では毎年春に『蚕市』と呼ばれる市が城内各地に立てられ、人々は群がったと伝えられる。紙は品目も多く、質も優良で名産地として知られていた。特に、『薛濤箋』という唐代の妓女の名を冠した紙は有名であった。成都も人口が約50万人いた。

揚州と成都は特に発展した商業都市であり、『楊一益二』と言われ、文人たちの楽園として知られていた。

広州は、玄宗時代に、東南貿易を統括する市船司が広州に設けられたため、海上貿易の中心地となり栄えた。唐代初期は疫病が多い地帯であったが、次第に漢化されていった。東南アジア各国やインド、スリランカ、ペルシャ、アラビアなどの西アジア国家の外国商船が訪れ、貿易を行った。広州には蕃坊という外国人の居住区が設けられ、居住する外国人の指導者が自治を任されていた。外国人も市制に従い商売を行ったが、広州には夜市も存在した。広州の貿易は、大きな富をもたらしたため、市船司の長官に利得を目的として、宦官が頻繁に就任し、また、広州の長官も財を貪るものが多く、684年に長官が外国人に殺され、758年に外国船に襲撃されたりする事件が起きている。広州には多数の外国人が滞在していた。唐末の黄巣の乱において、広州が陥落し、かつての繁栄を取り戻すことはなかった。この時、虐殺された外国人の死者は12万人以上であったという記録もある。

陸上交易

外国との交易はなされ、陸路をつたって外国との交易が行われていた。

東方からは、渤海や新羅と交易がもたれ、渤海湾沿岸から盧龍の関税を通り、交易がなされた。渤海や新羅からは、高級毛皮・朝鮮人参などが運ばれた。

北方とは、突厥、回鶻との交易において、唐の絹が、馬と交易された。後に唐の茶も交易品に加わった。

西北との国家とはシルクロード交易がなされた。640年に、唐は高昌国を滅ぼして安西都護府を置き、直轄とし、西域経営を行った。西域に住む商業民であるソグド人は広範囲に商業活動を行い、安西都護府の軍に送られる絹や布は、唐初は人夫が行っていたのが、8世紀前半には、輸送量が増えたため、ソグド人を含む商人に輸送を委託されたことによって、交易は盛んとなった。

シルクロード交易では、金銀と絹が通貨として使用され、唐初では銀が重んじられたが、唐の影響力が強くなるにつれ、絹や銅銭が重んじられるようになった。交易路は険しい上に、家畜が運ぶ長距離輸送に頼るため、重量が軽く価値が高い奢侈品や嗜好品が主な交易品であった。唐からは、絹・・茶が輸出され、金銀器、真鍮ガラス製品、ラピスラズリ絨毯、薬材、香料、胡椒葡萄酒などが輸入された。輸送には、奴隷、馬やラクダ、驢馬などが使用され、それ自身も交易品となることもあった。

西域の商人は唐各地を回り、多くのソグド人が定住して、陸上交易は隆盛する。しかし、安史の乱以降は、西域における唐の勢力が衰え、吐蕃と回鶻の進出により、シルクロード交易は衰退し、唐の外国交易の主流は東南海岸からの海上貿易に移っていった。

海上交易

海岸沿いには多くの港と都市が存在し、新羅、日本、東南アジア、インドなどへの海上航路が通じていた。海上貿易を統括する市船司が713年には広州に設置された。唐代の造船技術と航海技術は進歩し、遠洋船舶の製造が可能となった。広州を中心として、南方国家との交易が盛んとなり、海上貿易はさらに発展した。

市船司は市船使を責任者とし、胡人の商人は関税を払い、荷物の検査を市船司に受け、国家が必需品を買い上げて、残りが広州の市で取引された。国家の買い上げは政府や市船使に大きな利益をもたらした。

広州は最大の貿易港であり、絹や唐三彩、白磁、青磁などの陶磁器、鏡が交易に用いられ、香料や薬の材料、沈香や象牙、真珠、犀角玳瑁龍脳宝石などが買い取られた。また、当時の広州からの航路は、秋か冬にモンスーンを利用して、東南に出向き、西航してチャンパ(林邑)スマトラ島アンダマン諸島セイロン島を経てインド海岸に沿い、イランのペルシャ湾沿岸に至るというもので、順風により90余日で達することができたとされる。

安史の乱以降は、陸上交易が吐蕃によって塞がれて衰退し、海上での外国との交易がさらに盛んとなった。広州だけではなく、揚州、登州、明州、泉州、抗州も海上交易で栄えた。その交易の船舶はペルシャやアフリカにまで達したと伝えられる。多くのアラビア商人が訪れ、広州には居住地域が設置された。この海上交易は「海のシルクロード」とも呼ばれ、陶磁器を中心に、絹、茶が交易品であった。海上交易の発展により、より大量輸送が可能となり、陸上交易の意義を奪っていった。

荘園の形成

唐の均田制は不徹底であり、初唐から荘園が存在していた。初唐の荘園は皇族と貴族層によって経営されていた。荘園のうち、また、公田として官僚に与えられた職分田と閑人営業田があった。また、封爵によって与えられ、国家に納める税をその家に給付する食封田も存在した。

荘園の大きさは大体10から100頃(58 - 580アール)の大きさで、雇い入れた客戸(本籍地を離れた民)あるいは奴婢に田地の耕作や農産物の加工などに当たらせる。また土地の転借小作を合法としていたため、その土地を小作農に貸し出す場合もあり、その際に種籾や耕などを貸し出すが、その借賃で小作が破産しそのまま奴婢となる例も多かった。転借小作によって、荘園をもつ地方豪族の土地合併は盛んとなった。

盛唐以降は新興地主層が荘園の主な経営者となり、転借小作による農民からの土地合併はさらに盛んとなった。唐代中期には、大土地私有制が進行し、均田制は崩壊する。両税制の制定以降、政府は農民の慢性的な土地不足の解消を断念し、政府は口分田を捨てて耕作していた逃戸の土地を全て没収し、公田とし、その公田を官直属の荘園とし、国家所有のものを官荘、皇帝所有のものを皇荘として、管理する役人を設置し、民を徴発して土地を開発する。

また、藩鎮も積極的に貧農を雇い官田の経営を行った。宗教には各種の保護と特権が与えられ、寺院は多くの土地を所有した。寺院は耕作するにおいて、賦役を免ぜられ、均田制の影響を受けることはなかった。寺院の荘園は唐代に発展し、しばしば皇帝や信者から耕地が寄進され、累積された荘園は広大であった。

官僚荘園は、碾磑牧場、質藏を有していたこともあったが、産業を集合した経済主体となることはなかった。

軍事

中央軍

隋代では、兵力が一元化していたのに対して、唐政府の中央軍である禁軍として、「南衙」と呼ばれる国の正規軍と「北衙」と呼ばれる皇帝親軍の二元化した軍隊が存在した。 南衙禁軍は、長安城内に駐屯し、中央十六衛(左右衛、左右驍衛、左右武衛、左右威衛、左右領軍衛、左右金吾衛、左右監門衛、左右千牛衛)で構成され、十六衛のうち、左右監門衛、左右千牛衛をのぞく十二衛が全国の折衝府を統括し、兵力は長安近隣の関内にある折衝府から送られた府兵から構成されていた。

北衙禁軍は、唐創業時、皇帝親軍として残った「元戎禁軍」を基礎としている。長安の北、苑内に駐屯した。その選抜部隊が「百騎」と呼ばれ次第に拡大し、玄宗の時代に「左右龍武軍」として確立した。 また、元戎禁軍の本流からは 「左右羽林軍」が設立された。玄宗の時代に、「左右龍武軍」、 「左右羽林軍」は衰退した府兵の代わりに皇帝警護の中心となった。

南衙禁軍は、府兵制度の衰退とともに兵力の確保が困難になり、一部負担を軽減して下等戸から優先して徴兵する彍騎を確保しようとしたが、府兵制度事態が崩壊したため、玄宗の時代に名目的な存在となった。そのため、北衙禁軍がただ「禁軍」と呼ばれることになる。

安史の乱の際に、長安は陥落し、中央軍は壊滅していた。そのため、安史の乱の鎮圧にあたった粛宗が新たに北衙に「左右神武軍」を定めた。代宗の時代に「左右神策軍」が、徳宗は「左右神威軍」を新設し、 北衙は十軍となった。左右神策軍が、吐蕃の侵攻や朱泚の乱で功績を建てたため、左右神武軍・左右神威軍を吸収し、禁軍の中核を担うようになった。憲宗の代には、 左右神策軍の力を背景に藩鎮勢力を抑え込み、皇帝権の確立に貢献した。晩唐には、左右神策軍は横暴となり、民間は大変苦しんだ。

地方軍・辺境軍

初唐では、外国と接する辺境には、都護府が統括する「鎮」や「戍」という拠点が置かれた。鎮に配置された兵は500人以下、戍には50人以下であり、鎮戍は太宗時代は千ほど置かれ、総兵力は10万人程度であった。また、「兵募」と呼ばれた臨時の徴兵が行われ、高句麗新羅百済との戦いに駆り出されていた。羈縻政策が破綻するにつれ、鎮戍制では対応が不可能となり、異民族の攻撃によって境界線は後退した。そのため、高宗時代頃から、軍鎮という大規模な部隊が置かれるようになり、玄宗時代には、鎮戍は半分程度に減ったが、兵募は国境に常駐し、辺境軍は一時期には60万人以上存在した。これは全て徴兵から成り、「背軍」という逃亡兵が増加した。

唐政府は軍鎮を統括するために、都護府制から藩鎮制に710年から切り替え、737年には、軍鎮兵は募兵に変えることとなった。唐政府の軍では、騎馬民族など少数民族の胡人が身につけた騎射技術は威力を発揮し、少数民族出身の「蕃将」たちが太宗時代から武功を立てることが多かった。

団錬兵は、団結兵とも呼ばれ、徴兵によるもので、武則天の時代にはじまり、地方の治安維持にあたった。元は騎馬民族から農村を防衛する役目であったが、在地の治安維持のために置かれ、団錬使という武官や州刺史によって率いられた。また、都市には城謗という徴兵による治安維持の兵が置かれた。

安史の乱後の節度使の率いる藩鎮の軍は、家兵、官健、団錬兵に分かれていた。家兵は節度使個人の子飼いの兵力である。家兵は私兵や節度使の家内奴隷であるとともに、衙兵に対して節度使が対抗するための兵力となった。官健は税によって養われた職業兵士で、傭兵であり、最も数が多く、国家財政を圧迫する最大の要因となった。また、官健のうち選抜された親軍を衙兵などと呼ぶこともあった。衙兵は、節度使から厚遇を受け、節度使を排斥や脅迫するものも現れ、彼らは驕兵と呼ばれた。団錬兵は、徴兵により、唐政府と同じく地方の治安維持にあたった。家兵や衙兵は、節度使と仮父子といった血縁を擬制する関係になることもあった。

軍組織

唐の軍は、府兵制の時代に、10人から成る「火」を最小単位とし、「火」が5つから成る50人を「隊」、「隊」が2つから成る100人を「旅」、「旅」が2つから成る200人を「団」とし、全国に600以上ある折衝府(800人~1,200人、初唐には600人~1,000人)が統括した。

それぞれの折衝府は、折衝都尉が責任者となり、以下、果毅都尉、別将・長吏、校尉、旅帥、隊正、副隊正、火長、衛士という官位になっていた。校尉は団を率い、旅帥は旅を率い、隊正は隊を率い、火長は火を率いた。副隊正から上位は、官品が与えられていた。功績が認められれば、勲官を受けることができ、府兵も校尉までは昇進することが制度上可能であった。折衝府は、十二衛は、(左右衛、左右驍衛、左右武衛、左右威衛、左右領軍衛、左右金吾衛)及び太子六宮六率(左右衛率、左右司御率、左右清道率)によって統括された。

十二衛はそれぞれ1名の大将軍と2名の将軍が置かれ、各衛は折衝府を40府から60府を統括し、各衛にも奉車都尉、司階、長史、録事参軍事、司戈・諸曹参軍事、執戟の順で官品を持つ軍人が置かれた。

杜佑の『通典』に引用する「衛公李靖兵法」によると、戦争の時には、将軍は兵2万人を与えられ、7軍に分けた。7軍は中・前・後・左・右軍、左・右虞候軍であり、2万の編成は騎兵4,000、弩兵2,000、弓兵2,200、跳蕩兵2,900、奇兵2,900、輜重兵6,000であった。戦いが終わると、将軍は朝廷に帰還し、府兵は折衝府に戻った。

騎兵と装備

唐軍は、末の戦乱において、甲冑をつけない機動力にすぐれた軽騎兵を活用した。軽騎兵は唐の統一戦や突厥との戦いにおける勝利に多大な貢献を果たした。そのため、馬に鎧をつけ、防御力や突進力にすぐれるが、馬の持久力や機動力で劣る重騎兵を中心とした隋代に代わり、唐代を通して軽騎兵が騎兵戦力の主力となった。

初唐では重騎兵は皇帝の儀仗隊に使われるようになり、唐の太宗や唐軍を指揮して騎馬民族に騎兵を用いて勝利を重ねた李靖は軽騎兵を重んじた。唐の軽騎兵は基本的に騎手は鎧をつけ、奇襲や追撃に戦果をあげた。機動力を生かすため、軽騎兵は戦闘の正面に立たず、歩兵の両脇に配置された。唐代には、両方の足にかけるが用いられ、騎兵の技術は向上した。

馬は、騎馬民族交易によって購入され、回鶻とは特に大量の絹や茶と引き替えに、馬を交易で手にいれた。唐政府は馬政に力をいれ、辺境の牧場で馬を養育し、そのための機関がつくられていた。

軍の装備として、騎兵は武器として馬上刀や()、、などを用い、円形のを使い、として主に「護心」と呼ばれる楕円形の磨かれたプレートを使った明光鎧を装備した。歩兵は()や陌刀、を武器とし、長方形か楕円のを持った。歩兵も明光鎧が装備として用いられ、軽装な歩兵は、氈装という毛織物の衣を身につけていた。盾は漆で補強した木製が主で、騎兵、歩兵ともにが多く用いられ、歩兵の装備は軽装なものが多かった。武器は戟に替わって槍(矛)が多く用いられるようになった。

戦法と陣法

唐の軍隊は、歩兵を主体として、軽騎兵に補助を行わせる形で戦闘を行った。歩兵は50人の「隊」は「隊正」を先頭にする緩やかな「くさび形」に陣形をつくる。

七軍の一軍ごとに、弓兵・弩兵を前方に、3陣に分かれた歩兵を中央に置き、両脇に騎兵が配置され、後方に奇兵が置かれた。まず、弩兵が矢を撃ち、さらに弓兵が撃った後で後方に下がった後で、歩兵の2列目の部隊は下がってきた弓兵を擁したまま動かず、1列目の歩兵と騎兵・奇兵が交互に戦う戦法をとった。

陣法は、広い戦場では七軍を一直線に並べる横陣をとった。また、平地での防御の時は「六花陣」と呼ばれる中軍を他の六軍で囲む円陣が組まれた。険阻な地形の時には、一軍にいる兵を分けて戦う堅陣が採用された。

文化

首都の長安は世界各国から人々が訪れ、国際色豊かな都市であった。日本新羅吐蕃など周辺諸国からやってきた使節・留学生はもちろん、西方からはるばるやってきた僧侶や商人たちがいた。後の時代の首都である開封や杭州が東の海の道を向いていたのに対し、長安は西のオアシスルートを向いた首都であった。

思想・宗教

儒教

科挙制度において儒教の経典が必須科目となり、太宗は孔穎達に命じてそれまで注釈により解釈の違いが大きかった『五経』を一つの解釈にまとめる『五経正義』を編纂させたことで不便が改められ、知識階級の中での教養を共通のものとした。

仏教

後漢代に伝来した仏教魏晋南北朝時代の混乱の中で流行した。玄奘義浄などはインドへ赴いて大量の経典を持ち帰り、貴族・皇族の庇護を受けて大いに栄えた。特に武則天は仏教を厚く保護したことで有名である。この時代の宗派には禅宗浄土教密教華厳宗などがあり、それぞれ栄えたが、三階教は徹底的に弾圧された。

道教

皇室の李氏は李耳(老子)を祖とすると称していたので、道教は唐代を通じて厚い保護を受け、道先仏後という原則が定められていた。特に玄宗はその廟号も道教風であり、道教に傾倒している。玄宗は日本人の僧が仏教を伝えようとすると、「なぜ道教も伝えないのか」と甚だ不快を示したことも有る。

その他

その他にも長安には明教(マニ教)・教(けんきょう:は示偏に天。ゾロアスター教)・景教(ネストリウス派キリスト教)・イスラム教などの寺院が立ち並び、国際都市としての景観を持っていた。このうちイスラム教を除く三者は、特にこの時期に盛んに(公的に)流布したことから「唐代三夷教」と総称される。

宗教政策

第15代武宗は道教を信奉し、仏教を始めとする外来宗教を取り締まった(会昌の廃仏三武一宗の法難の第三)。ただ、この措置に宗教的な色は薄く、出家により脱税を謀る私度僧還俗させ財政の改善を目的とした。これ以降の仏教は往時の繁栄を取り戻すことはなかった。復興した仏教は禅宗や再興した天台宗が中心となるが、各宗が混在した仏教センター的な大伽藍中心の仏教ではなくなった。そのことは、禅宗教団中の新たな規則である百丈清規中の「一日作さざれば一日食らわず」という有名な言葉に表れている。

また、停滞していた儒教の方でも、変化の兆しが見られ始める。それは、韓愈の著した『原道』『原性』などの中に見られる思想で、孔子以来脈々と続く「道統」論を提唱し、宋学の先駆となった。

文学

唐は歴代でも漢詩の最高峰とされる時代である。古文辞学派を率いた明の文人李攀竜は「文は秦漢、詩は盛唐」といい、唐詩、特に盛唐の詩を中国史上最高の漢詩だとしている。古文辞学派に反対する文人も、唐詩が最高峰だという見解には余り異を唱えてはいない(例えば陽明学李卓吾は杜甫を非常に重んじている)。

六朝で発展した五言詞を引き継ぎ、唐ではできつつあった律詩の形がより厳格なものへと作られていった。絶句(四句完結)の原型自体はすでに南朝にあったが、唐の詩人はこれを好み、多数の作品が作られた。五言絶句は、後世の作品では到底及ばないと言われるほどの唐代の珠玉であると言われている。また、五言絶句と同時に七言絶句もこの時代にこのまれた。

日本でも、平安時代から白居易などの唐詩が親しまれており、江戸時代になると、李の主張を敷衍した荻生徂徠らが『唐詩選』などを通じて多く紹介したため、日本で漢詩と言えばこの時代のものを思い浮かべる人が多い。

初唐

前代の六朝時代の余風を受け、繊細で華麗な詩風を身上とする修辞主義的な詩風が主流である。宮廷の詩壇における皇帝との唱和詩がこの時期の中心的作品となっている。代表的詩人には「初唐の四傑」と呼ばれる、王勃楊炯盧照鄰駱賓王のほか、近体詩の型式を完成させた武則天期の沈佺期宋之問などがいる。さらにこうした六朝の遺風を批判し、詩歌の復古を提唱して次代の盛唐の先駆的存在となった陳子昂が現れた。

盛唐

唐代の最盛期を反映し、多くの優れた詩人を輩出した時期である。修辞と内容が調和した詩風は、それまでの中国詩歌の到達点を示している。代表的詩人には、中国詩歌史上でも最高の存在とされる李白杜甫を頂点として、王維孟浩然岑参高適王昌齢などがいる。

この頃は玄宗の治世とほぼ重なる。その玄宗楊貴妃の恋愛悲劇を題材にした文学作品は数多く、代表作は杜甫の『哀江頭』、白居易の『長恨歌』等である。

中唐

中唐期では、平易な表現を重んじた白居易元稹は禾偏に眞)らの「元白体」が現れた一方、個性的で難解な表現を愛用する韓愈李賀などの一派も存在するなど、詩風は前代よりも多様化する傾向を見せ、多彩な性格を持つ詩壇を形成した。また韓愈・柳宗元らにより、六朝以来主流となっていた「四六駢儷体」と呼ばれる修辞主義的な文体を改め、代以前の達意を重んじる文体を範とする、新たな文体の創出が提唱された(「古文復興運動」)。韓愈らの試みは次の宋代の文学者に引き継がれ、後世、彼ら古文運動の主導者を「唐宋八大家」と総称する。

晩唐

晩唐は繊細で感傷的な詩風が主流となる。代表的な詩人として杜牧李商隠温庭筠韋荘韓偓がいる。さらには王朝の衰退に伴う社会の動乱を憂え、詩歌による社会改革を訴えた皮日休陸亀蒙などの詩人も現れている。

歴史

歴史の分野では、太宗がそれまでに編まれていなかった時代の歴史書を編むよう命じたのを受けて、『晋書』『梁書』『陳書』『周書』『隋書』が房玄齢らにより編纂された。『史記』や『漢書』などは、私製の書物が後に国定の歴史書に昇格したものだが、この太宗の事業の後、正史は国家事業となった。滅びた前代の王朝の正史を編むことが、それを継いだ王朝の正当性の証となったのである。それでも私纂の歴史書の地位が低下することはなく、劉知幾が著した『史通』などは中国における史学の草分けとして受け止められ、後代の史家にとって必携の書となった。

伝奇小説

安史の乱以降の中唐から、六朝時代に誕生した志怪小説を発展させた「伝奇小説」が書かれた。作者は官僚の中で地位が高くない、科挙を受験した経験のあるものがほとんどを占め、読者も彼らと同じ広い文人相手を想定しており、次第に市井に流通するようになった。作品の出来は、作者の名声がかかっていたため、書き手には強い興味や情熱を必要とした。唐代に書かれた小説は通常、「伝奇」と総称され、『古鏡記』『遊仙窟』『杜子春伝』『李娃伝』といった数々の作品が生み出された。

伝奇小説には、作者の文才を示そうという意図がほぼ全ての作品に伺える。そのため、科挙受験者が高官に投巻して、文才・詩才を認めてもらうために作られた説。また、韓愈たちの古文復興運動に伴い、散文文学の範囲が拡大される中で伝奇小説が生まれた説などがある。

また、唐代においても、伝奇を寓話と考え、それなりに文学価値を評価されることもあった。

音楽と歌舞

古来から儀礼として重視されていた音楽舞踊であったが、外来音楽と楽器の流入により、相当な発展をとげた。唐代には娯楽性も向上し、楽器の種類も大幅に増加した。合奏も行われ、宮廷では大規模な楽団による演奏が度々行われた。

初唐では九寺の一つである太常寺が舞楽を司る中心となり、宮廷舞楽のうちの雅楽を取り扱った。714年に「梨園」が設置され、300人の楽工が梨園弟子になり、後に宮女も加えられた。教坊は内教坊か初唐から置かれていた。この上、玄宗期に雅楽と区分された俗楽や胡楽、散楽を扱うことを目的とした左右教坊が増設された。胡楽は西域を中心とした外来音楽で、唐代の宮廷舞楽の中心であった十部楽のうちの大半を占めた。

宮廷音楽で歌われる歌の歌詞は唐詩が採用された。民間にも唐詩を歌詞にし、音楽にあわせて歌うものが現れ、晩唐には音楽にあわせるために書かれたを作られた。また、「闘歌」という歌の上手を競わせる遊びも存在していた。

舞踊は宮廷や貴族の酒宴ばかりでなく、民間の酒場や行事でも頻繁に行われた。外国から様々な舞踊が伝えられ、その種類も大きく増加した。様々な階層のものが舞踊を好み、楊貴妃安禄山胡旋舞の名手であったと伝えられる。

舞踊は、ゆったりした動きの踊りを「軟舞」、テンポが速い激しい踊りを「健舞」と分けられた。「胡旋舞」や「胡騰舞」は健舞に含まれた。伝統舞踊に外国からの舞踏が加わっていき発展していった。

唐代の宮廷では、楽団の演奏にあわせて大勢が舞踊を行うことで多かった。また、「字舞」と呼ばれる音楽とともに踊り、身体を翻す瞬間に衣の色を換え、その後に地に伏して全員で字の形を描くという集団舞踏も存在し、多い時は百人単位で行われた。

唐代の皇帝の中でも、玄宗が特に音楽がすぐれており、外国の音楽を取り入れた「霓裳羽衣の曲」を作曲したとされる。この曲とともに、楊貴妃が得意とした「霓裳羽衣の舞」が行われ、宮人が数百人で舞うこともあった。

安史の乱以後は、戦乱や、梨園の廃止、教坊の縮小とともに、楽工や妓女は地方に流れ、音楽や舞踊の普及は進んでいくことになった。

美術

龍門石窟

唐代の美術品については現存するものが少ない。そこで唐代美術を伝えるものは莫高窟龍門石窟などの石窟寺院や墳墓の中に残るものが主となる。初唐から盛唐にかけての絵画・塑像共に写実的であること、彩色が華麗であること、さらに仏教美術が圧倒的に多いことが特徴である。

絵画においては閻立本呉道玄李思訓・王維と言った名前が挙がる。閻立本は太宗に仕え『秦府十八学士賀真図』などを描いた人で肖像画を得意とした。[16]呉道玄は玄宗に寵愛された画家であり、人物・仏像・鬼神・鳥獣画など幅広いジャンルでそれまでの繊細な画風を改め、躍動的な絵を描いたという。[17]しかし作品は現存していない。李思訓は武則天期の人で、色鮮やかな山水画を得意とした。これに対して王維は水墨を用いた山水画を得意とし、後世からそれぞれ北宗画南宗画の祖として扱われるようになる。唐後期は水墨画の発展が著しくなり、次代の宋以降に繋がる流れが見られる。この代表として同時代の絵画評論文集『唐朝名画録』は王墨李霊省張志和の3人を挙げている。

王羲之を尊崇する太宗とその周囲に集まった人物たちによって隆盛を迎える。書に於ける唐初三大家と呼ばれる存在が虞世南褚遂良欧陽詢である。これら初唐の書は王羲之以来の均整を重んじるものであるが、これに対して張旭狂草と呼ばれる奔放な書体を創り、さらに張旭に師事した顔真卿は自らの意思を前面に押し立てた書体を打ち立てた。上述の呉道玄と同じく蘇軾曰く「書は顔魯公に至りて終われり。」と[18]

陶磁器の分野では、唐三彩と呼ばれる逸品が作られ、名の通り色鮮やかな点が特徴である。人物像や動物像()などが多く、器も実用性の低い物が多い。一方、高温度で焼成する磁器も作られ始め、次代の宋代に於ける磁器の最盛期の基礎となっている。

木造建築

この時代の木造建築は、「三武一宗の法難」を逃れた仏教寺院などが残されている。

  • 南禅寺
  • コモンズの唐代の美術のカテゴリも参照。

社会・生活・風習