国営ひたち海浜公園
Hitachi Seaside Park[1]
Hitachikaihin National Government Park[2]
Ferris wheel of the Hitachi beach park,hitachi-kaihin-koen,hitachinaka-city,japan.JPG
大草原の広場と観覧車「プリンセスフラワー」
国営ひたち海浜公園の位置(茨城県内)
国営ひたち海浜公園
分類 国営公園都市公園
所在地
座標 北緯36度24分2秒 東経140度35分29秒 / 北緯36.40056度 東経140.59139度 / 36.40056; 140.59139座標: 北緯36度24分2秒 東経140度35分29秒 / 北緯36.40056度 東経140.59139度 / 36.40056; 140.59139
面積 350ha
前身 アメリカ軍水戸射爆撃場
開園 1991年(平成3年)10月5日
運営者 日本国(国土交通省関東地方整備局
年来園者数 213.6万人[3]
現況 公園面積のうち、約55%が開園済み[4]
設備・遊具 本文参照
駐車場 4,350台(3か所の合計、有料)
アクセス 勝田駅から茨城交通バス、約20分
告示 水戸勝田都市計画公園の変更(昭和58年茨城県告示第645号)[5]
事務所 国営常陸海浜公園事務所
事務所所在地 茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

国営ひたち海浜公園(こくえいひたちかいひんこうえん)[注釈 1]は、茨城県ひたちなか市にある日本国営公園である。

概要

ひたち海浜公園周辺の空中写真。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。
2012年10月撮影の12枚を合成作成。

この地域は、1938年昭和13年)に水戸陸軍飛行学校大日本帝国陸軍水戸飛行場(前渡飛行場)が建設され[7]第二次世界大戦後の1946年(昭和21年)6月には、アメリカ軍水戸射爆撃場[7]として利用されていた。その広大な跡地は、1973年(昭和48年)3月15日に日本国政府に返還され[7]首都圏整備計画」の一環として整備されたものである。

1979年(昭和54年)に事業着手、1984年(昭和59年)に造成工事が開始され、1991年平成3年)に約70haが開業した[8]。その後、何度も拡張を繰り返し、今に至る。

公園の総面積は350haに及んでいる。この面積は東京ディズニーランドの7倍程度の面積にあたるが、実際に公園として利用されているのは南側の191.9ha(開業中の面積)で、全体の約55%に留まっている(2012年5月現在)[4]

なお、かつては東京ディズニーランド建設候補地にあがっていたが、舞浜が建設地として決定したため撤回された。

茨城県内における花の名所の1つでもあり、4月頃のスイセンチューリップ、5月頃のネモフィラ、10月頃のコキア(ホウキグサ)などの時期には、キャンペーンイベントも行われる。

ROCK IN JAPAN FESTIVAL』開催時には利用が制限される[9]

沿革