国民栄誉賞(こくみんえいよしょう)は、日本内閣総理大臣表彰のひとつ。賞の運用は1977年昭和52年)8月に定められた国民栄誉賞表彰規程に従って行われ、当時の首相・福田赳夫により創設された。これまでに26人と1団体が受賞している[1]

内閣総理大臣や政権による表彰としては、本賞成立以前の1966年昭和41年)に当時の総理大臣・佐藤栄作が創設した「内閣総理大臣顕彰」があったが対象が限定されており、プロスポーツ選手は対象外だったが、福田赳夫首相が通算本塁打の世界記録更新を控えたプロ野球選手・王貞治を表彰しようと発案した[2]

概要

1977年昭和52年)、当時の内閣総理大臣・福田赳夫が、本塁打世界記録を達成したプロ野球選手王貞治を称えるために創設したのが始まりである[3]。背景には、先に設置されていた顕彰、内閣総理大臣顕彰が「学術および文化の振興に貢献したもの」など6つの表彰対象を定めていた反面、プロ野球選手を顕彰した前例がなかったという事情があった[3][注釈 1]。また王は叙勲には若過ぎた[注釈 2]ということもあり、そのため、より柔軟な表彰規定を持つ顕彰として創設されたのが本賞である[3]

本賞は、1977年(昭和52年)8月30日に内閣総理大臣決定で制定された国民栄誉賞表彰規程に基づいており、その目的は「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったものについて、その栄誉を讃えること」[4]と規定されている。表彰の対象は、「内閣総理大臣が本表彰の目的に照らして表彰することを適当と認めるもの」[4]であり、かなり幅広い解釈が可能である。最初の授賞者である王が中華民国籍である(2020年現在も帰化していない)ことからも明らかなように、日本国籍の所持は要件にない。また公開されている授与基準の他に、「これまで功績を積み重ねてきた上に、さらに歴史を塗り替える、突き抜けるような功績をあげた」という「暗黙の了解」を満たしていることも必要だという[3]

本賞の表彰の仕方を定めた国民栄誉賞表彰規程実施要領では表彰の候補者について、「民間有識者の意見を聞く」[4]と定めており、首相の要望だけでは決められない仕組みになっている。有識者は授賞対象者に合った分野から選ばれ、順番に意見が聴取されるという[3]。また、授賞に先立って本人(故人の場合には関係者)への打診が行われ、正式な検討手続きは受賞の意思が確認された後に開始される[3]

受賞者には「表彰状及び盾」の正賞のほか、「記念品又は金一封」が副賞として贈られる[4]。ただし、これまで「金一封」で授与された者がいないため、明確な金額は現在まで(贈られる側からは勿論のこと、贈る側の政府からも)公表されていない。ほぼ全ての報道関係者が「およそ100万円」と考察しているが、基準も目安も不明なため現状において推測に過ぎない。羽生結弦が副賞のどちらも辞退した例はあるものの、すべて記念品の贈呈となっており、多くは銀製品や時計で、そのほか王には鷲の剥製[3]2011 FIFA女子ワールドカップ日本女子代表には熊野筆の化粧筆7本[5]吉田沙保里には真珠のネックレス[6]振袖で表彰を受けた伊調馨には西陣織による金色の帯[7][8]が贈られている。

贈呈・表彰式は慣例で内閣総理大臣官邸で開催されるが、2013年平成25年)5月5日に実施された長嶋茂雄松井秀喜両名への贈呈は特例として東京ドームにおける読売ジャイアンツ(巨人)主催公式戦の中で松井の引退式を兼ねて実施された(この日の贈呈式において安倍晋三首相はサンケイ・アトムズ(現:東京ヤクルトスワローズ)のファンでありながら巨人のユニフォームを着用し、しかも審判役で参加している(球審を演じるなら審判服を着なければならない)[9][10])。

受賞者

これまでに26個人と1団体に対して授与されており、うち12名は没後の受賞であった[注釈 3]。2011年(平成23年)には初めて、団体としてのサッカー日本女子代表に授与され、その対象は選手とスタッフの35名となった。

国民栄誉賞受賞者一覧[1]
受賞者氏名
(芸名等)
画像 受賞時年齢 授賞式開催年月日
(授与内閣)
職業 受賞事由・特記事項 他の栄典
1 オウ/王貞治 Sadaharu Oh 201011.jpg 37歳 1977年9月5日
福田赳夫内閣
47プロ野球選手 通算本塁打数世界新記録達成(756本)。 文化功労者
2 こか/古賀正夫
古賀政男
Koga Masao 1950.JPG 73歳*/没後受賞
(満73歳没)
1978年8月4日
福田赳夫改造内閣
07作曲家 独自の曲調「古賀メロディー」作曲による業績。 従四位
勲三等瑞宝章
紫綬褒章
銀杯一個(菊紋)
3 はせかわ かすお/長谷川一夫 Hasegawa Kazuo 1953.JPG 76歳*/没後受賞
(満76歳没)
1984年04月19日
第2次中曽根内閣
01俳優 真摯な精進 卓越した演技と映画演劇界への貢献。次の植村と共に史上初の複数人同時受賞となった。 勲三等瑞宝章
紫綬褒章
銀杯一個(菊紋)
4 うえむら/植村直己 Uemuro Naomi postcard.jpg 43歳*/没後受賞
(満43歳没)
1984年04月19日
(第2次中曽根内閣)
99冒険家 世界五大陸最高峰登頂など。上の長谷川と共に史上初の複数人同時受賞となった。
5 やました/山下泰裕 Yasuhiro Yamashita (2016-12-16).jpg 27歳 1984年10月9日
(第2次中曽根内閣)
48柔道選手 柔道における真摯な精進。前人未踏の記録達成など。 紫綬褒章
銀杯一組(菊紋)
6 きぬかさ/衣笠祥雄 衣笠祥雄 連続試合出場記録 石碑01.JPG 40歳 1987年6月22日
第3次中曽根内閣
47プロ野球選手 連続試合出場世界新記録達成(2131試合)。
7 みそら/加藤和枝
美空ひばり
Hibari Misora 1955 Scan10013.jpg 52歳*/没後受賞
(満52歳没)
1989年7月6日
宇野内閣
05歌手 真摯な精進、歌謡曲を通じて国民に夢と希望を与えた。 紺綬褒章
8 ちよのふし/秋元貢
千代の富士貢
Kokonoe.jpg 34歳 1989年9月29日
第1次海部内閣
48大相撲力士 通算勝ち星最高記録更新。相撲界への著しい貢献。 従四位
旭日中綬章
9 ふしやま/増永丈夫
藤山一郎
藤山一郎.jpg 81歳 1992年5月28日
宮澤内閣
05歌手 歌謡曲を通じて国民に希望と励ましを与えた功労。美しい日本語の普及に貢献。 従四位
勲三等瑞宝章
紫綬褒章
銀杯一個(菊紋)
10 はせかわ まちこ/長谷川町子 Machiko hasegawa.jpg 72歳*/没後受賞
(満72歳没)
1992年7月28日
(宮澤内閣)
99漫画家 家庭漫画(『サザエさん』)を通じて第二次世界大戦後の日本社会に潤いと安らぎを与えた。 勲四等宝冠章
紫綬褒章
11 はつとり/服部良一 Ryōichi Hattori 2.jpg 85歳*/没後受賞
(満85歳没)
1993年2月26日
宮澤改造内閣
07作曲家 数多くの歌謡曲を作り、国民に希望と潤いを与えた。 従四位
勲三等瑞宝章
紫綬褒章
銀杯一個(菊紋)
12 あつみ/田所康雄
渥美清
Kiyoshi Atsumi Studio Still from Haikei Tenno Heika Sama 1963 Scan10003 161022.jpg 68歳*/没後受賞
(満68歳没)
1996年9月3日
第1次橋本内閣
01俳優 映画『男はつらいよ』シリーズを通じて、人情味豊かな演技で広く国民に喜びと潤いを与えた。 紫綬褒章
銀杯一個(菊紋)
13 よした/吉田正 Tadashi Yoshida.jpg 77歳*/没後受賞
(満77歳没)
1998年07月7日
第2次橋本改造内閣
07作曲家 独自の曲調「吉田メロディー」の作曲により国民に夢と希望と潤いを与えた。 従四位
勲三等旭日中綬章
紫綬褒章
14 くろさわ/黒澤明 Akirakurosawa-onthesetof7samurai-1953-page88.jpg 88歳*/没後受賞
(満88歳没)
1998年10月1日
小渕内閣
99映画監督 数々の不朽の名作によって国民に深い感動を与えるとともに、世界の映画史に輝かしい足跡を残した。 従三位
文化勲章
文化功労者
銀杯一組(菊紋)
15 たかはし/高橋尚子 Takahashi Naoko Nagoya Womens Marathon 2008.jpg 28歳 2000年10月30日
第2次森内閣
48陸上競技選手 2000年シドニーオリンピック女子マラソンで優勝し、陸上競技で日本女子選手初の金メダルを獲得した。 銀杯一組(菊紋)
16 えんとう/遠藤実 Minoru Endo.jpg 76歳*/没後受賞
(満76歳没)
2009年01月23日
麻生内閣
07作曲家 世代を超えて長く愛唱される、情感に満ちあふれた名曲を数多く世に送り出した[11] 正四位
旭日重光章
文化功労者
紫綬褒章
17 もり/村上美津
森光子
Mori Mitsuko01.jpg 89歳 2009年07月1日
(麻生内閣)
01女優 長年にわたって芸能分野の第一線で活躍し、特に『放浪記』において2000回を超える主演を務めた[12]。現在、存命中に受賞した者の中では史上最年長記録保持者[注釈 4] 従三位
文化勲章
勲三等瑞宝章
文化功労者
紫綬褒章
18 もりしけ/森繁久彌 Hisaya morishige000.jpg 96歳*/没後受賞
(満96歳没)
2009年12月22日
鳩山由紀夫内閣
01俳優 芸能の分野において長年にわたり第一線で多彩に活躍。数多くの優れた演技と歌唱は広く国民に愛された[注釈 5] 従三位
文化勲章
勲二等瑞宝章
文化功労者
紫綬褒章
紺綬褒章
19 なてしこ/2011 FIFA
女子ワールドカップ
日本女子代表
GazouBoshu.png 団体受賞 2011年8月18日
菅第2次改造内閣
48/女子サッカーチーム 東日本大震災などの発生によって日本国民が極めて困難な状況下に置かれるなか、同年のFIFA女子ワールドカップで初優勝を果たし、最後まで諦めないひたむきな姿勢によって国民に爽やかな感動と困難に立ち向かう勇気を与えた[13] 褒状紫綬[注釈 6]
20 よした/吉田沙保里 Saori Yoshida (cropped).jpg 30歳 2012年11月7日
野田第3次改造内閣
48レスリング選手 世界大会13連覇という、レスリング競技史上前人未到の偉業を成し遂げ、国民に感動と希望、勇気を与えた[6] 紫綬褒章
21 たいほう/納谷幸喜
大鵬幸喜
Taiho Kōki 1961 Scan10008-2.JPG 72歳*/没後受賞
(満72歳没)
2013年2月25日
第2次安倍内閣
48大相撲力士 1960年代に“子どもの好きな物”として読売ジャイアンツ玉子焼きと並び称されることが流行語になったほどの人気者。大相撲史上最多となる32回の幕内優勝を成し遂げるなど、“昭和の大横綱”として相撲界に輝かしい功績を残すとともに、多くの国民に愛される国民的な英雄として社会に明るい夢と希望と勇気を与えることに顕著な業績があった[14][15] 正四位
旭日重光章
文化功労者
22 なかしま/長嶋茂雄 雑誌「少年」長島.jpg 77歳 2013年5月5日
(第2次安倍内閣)
47プロ野球選手 闘志あふれるプレイと驚異的な勝負強さで野球史に輝かしい成績を残し、“ミスタープロ野球”として誰からも愛される国民的スターとしてプロ野球を国民的なスポーツにまで高め、野球界の発展にきわめて顕著な貢献をしたとともに、国民に深い感動と社会に明るい夢と希望を与える事に顕著な実績があった[16][17]。なお、受賞日をこの日(2013年5月5日)に選んだ理由は、長嶋の背番号『3』、および長嶋のプロ生活から55年にちなむ。 文化功労者
23 まつい/松井秀喜 Hideki Matsui in USA-7.jpg 38歳 2013年5月5日
(第2次安倍内閣)
47プロ野球選手 長嶋茂雄との師弟関係にあり、ひたむきな努力と真摯なプレイにより日米通じて20年間にわたり常にチームの主軸を担い、日本人初となるワールドシリーズMVPの獲得など数々の素晴らしい成績を残し、“ゴジラ”の愛称で日米の国民から愛され、親しまれ、その活躍は社会に大きな感動と喜びを与え、多くの青少年に夢や希望を与えた[16][17]
なお、受賞日をこの日(2013年5月5日)に選んだ理由は、松井の背番号が『55』であるため。長嶋と松井の同時受賞は1984年の植村・長谷川以来、29年振り史上2組目となる。
24 いちよう/伊調馨 Kaori Icho.jpg 32歳 2016年10月20日[7][8]
第3次安倍第2次改造内閣
48レスリング選手 オリンピック競技大会史上初めて女子個人種目・格闘技系種目四連覇という世界的な偉業を成し遂げられ、多くの国民に深い感動と勇気、社会に明るい希望を与えたこと[18][19] 紫綬褒章
25 はぶ/羽生善治 Habu at ISF 2011 02.JPG 47歳 2018年2月13日[20]
第4次安倍内閣
99将棋棋士 将棋界を牽引する棋士の第一人者として、1996年に初めて七冠を同時に制覇するなど比類なき功績を重ね、将棋界初の永世七冠という歴史に刻まれる偉業を達成、多くの国民に夢と感動を、社会に明るい希望と勇気を与えることに顕著な業績があった[21] 内閣総理大臣顕彰
紫綬褒章
26 いやま/井山裕太 GazouBoshu.png 28歳 2018年2月13日[20]
(第4次安倍内閣)
99囲碁棋士 囲碁界を牽引する棋士の第一人者として、顕著な功績を重ね続け、年間グランドスラムを含む囲碁界初の2度の七冠同時制覇という歴史に刻まれる偉業を達成、多くの国民に夢と感動を、社会に明るい希望と勇気を与えることに顕著な業績があった[21]。井山が平成生まれでは初の国民栄誉賞受賞者となる。羽生と井山の同時受賞は、2013年の長嶋・松井以来5年振り、史上3組目となる。 内閣総理大臣顕彰
27 はにゆう/羽生結弦 Yuzuru Hanyu-Sochi 2014.jpg 23歳 2018年7月2日[22]
(第4次安倍内閣)
48フィギュアスケート選手 2018年平昌オリンピックフィギュアスケート男子で優勝し、男子シングル種目で66年ぶりとなる2連覇を達成、世界の歴史に残る快挙を成し遂げ、多くの国民に夢と感動を、社会に明るい希望と勇気を与えた[22]。現在の受賞者の中で史上最年少記録保持者(個人)。記念品および金一封の授与を辞退した(受賞後の会見で「(被災地の)皆さんと共に取れた賞であり、個人的な気持ちは出したくない」と述べている)[注釈 7] 紫綬褒章

多く授与した内閣総理大臣