国際民主主義デー(こくさいみんしゅしゅぎでー、英語: International Day of Democracy)は、2007年国際連合総会が「民主主義の原則を推進し維持する目的」で決議した国際デーで、9月15日である。

概要

2007年、国連総会は、「民主主義の原則を推進し維持すること」を目的とするために、「9月15日を国際民主主義デーとすること」を決議し、すべての国連加盟国および組織に対し、募金への寄与など適切な方法でその日を記念するように呼び掛けた。

決議の前文は以下を確認した。

民主主義は共通の特徴を共有しているが、民主主義には単一のモデルはなく、民主主義は特定のどの国や地域にも属してはいない。民主主義は、自らの政治的、経済的、社会的、文化的制度、そして人生のあらゆる面への完全な参加を決定する、自由に表現された人々の意思に基づく普遍的な価値である。

外部リンク