カナダのモントリオール地下街。世界有数の地下街の一つで、地下フロアは複数階層からなり、地上階と連結して一つの都市を形成している。面積は12km2に及び、内部に9つの駅のほか、博物館やホッケー場もある。

地下街(ちかがい)とは、地下に設置された不特定多数の通行のための歩道に面した商店街である。

概要

大都市ターミナル駅自動車と歩行者とを立体交差させ交通の利便性を高めるための公共地下歩道と、店舗・駐車場地下鉄入口とを一体として整備したものが多い[1]。寒冷地においては、冬季の寒さや積雪から歩行者を保護する目的もある。

地上の建築物と比較して、地下街の建設には多額の費用がかかる[2]。また、地下歩道部分の利用時間が長いため、設備の運転時間が長く、整備の時間が十分にとれず、耐用年数が短く、改修に要する費用・時間も多くなる。また、換気を行うための空調設備や、水害対策などの維持費も要する[2]。さらに、換気設備が道路の緑地帯など条件の悪い場所にしか設置できないため、空気環境の維持に苦慮している所も多い。

防災防犯では、不特定多数が利用する施設として、地下で直接接続された地下街や建築物との相互連携が重要である。自主防災・防犯組織を結成し定期的な会合を行っている所がほとんどである。また、緊急時の相互応援も規定されている。

世界の代表的な地下街

トロントの「PATH」入口
台北の「東区地下街」
カナダには大規模な地下街が2つあり、世界最大の地下街はオンタリオ州トロントの地下街「PATH」である。27キロメートル (km) に及ぶ通路は商業地として利用されており、環状に走る地下鉄駅6駅と直接接続されている。商業地域は37万1600平方メートル (m2) に及び、商店数だけでも約1200店舗に上る。
韓国ではソウル以外の主要都市にも地下街(「地下商街」と呼ばれる)があるが、これは地下鉄とともに、有事の際に防空壕に転用するためでもある。年に3、4回(かつては毎月)「民防衛訓練」と呼ばれる防空訓練が行われるが、その際にも地下街が指定避難場所(「待避所」)となっている。
名称は「フリードリヒシュタット=パサージェン (Friedrichstadt-Passagen[3])」。フランス資本の百貨店ギャラリー・ラファイエットベルリン店地階より(都心を南北に縦貫し、東西に伸びるウンターデンリンデンとも交差している)フリードリヒ通りドイツ語版に3区画分に沿って続いている。現在、至近の公共交通機関駅「フリードリヒ通り駅」の手前までであり、同駅地階とは直結していない。旧東ベルリン地区(ミッテ区(「中央区」のドイツ語訳))に位置し、東西ドイツ統一以降、ベルリン市内初であり唯一である地下街として建設された。
ちなみに、東西ドイツ統合まで旧西ベルリン一の繁華街であったクーダム通りクーアフュルステンダム通り)、戦前・戦中のベルリンで随一の繁華街であったウンター・デン・リンデン通りとポツダム広場、旧東ドイツ政府の肝煎りで大規模な整備がされるも1960年代中に勢いを失っていたカール=マルクス=アレー(旧スターリンアレー)とアレクサンダー広場、これらのいずれにも、過去から現在に至るまで地下街は造られていない。
フランクフルト中央駅地下に広がる。