多屋駅*
Taya station 01.jpg
駅舎と駅前(2009年12月)
たや
TAYA
TA20 榎戸 (1.1km)
(0.7km) 常滑 TA22
所在地 愛知県常滑市多屋町五丁目160
駅番号 TA  21 
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 常滑線
キロ程 28.6km(神宮前起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
1,219人/日
-2016年-
開業年月日 1913年大正2年)3月29日
備考 無人駅駅集中管理システム導入駅)
*2003年高架化
テンプレートを表示

多屋駅(たやえき)は、愛知県常滑市多屋町にある名鉄常滑線である。駅番号はTA21普通列車のみ停車。

周辺には中部国際空港の従業員向けの単身者住宅が多く建設されている。

当駅と常滑駅との駅間距離は700mであり、これは常滑線では一番短い。

歴史

  • 1913年大正2年)3月29日 - 愛知電気鉄道大野町駅 - 常滑駅間開通と同時に開業。
  • 1935年昭和10年)8月1日 - 名岐鉄道への合併により名古屋鉄道が発足したため、同社の駅となる。
  • 1944年(昭和19年) - 休止[1]
  • 1949年(昭和24年)10月1日 - 復活[1]
  • 1972年(昭和47年)10月1日 - 無人化[1]
  • 2002年平成14年)1月26日 - 駅高架化による工事のため休止(榎戸駅~常滑駅間でバス代行運転)。
  • 2003年(平成15年)10月4日 - 駅高架化完了により復活。ホームを4両分から6両分に延伸。
  • 2011年(平成23年)2月11日 - ICカード乗車券「manaca」供用開始。
  • 相対式ホーム2面2線を有する高架駅無人駅で、駅集中管理システム(管理駅は常滑駅[2])が導入されている。ホームは6両分で、上屋は2両分ある。高架化前は中央の踏切を挟んで両側にホームが広がる構造(単式ホームをずらして設置したいわゆる千鳥式)でホームが向かい合っていなかった[3]。 多目的トイレ、エレベーターが設置されている。

    のりば
    番線 路線 方向 行先
    1 TA 常滑線 下り 中部国際空港方面[4]
    2 上り 太田川名鉄名古屋方面[4]

    配線図

    多屋駅 構内配線略図

    太田川・
    名古屋方面
    多屋駅 構内配線略図
    常滑・
    中部国際空港方面
    凡例
    出典:[5]


    利用状況

    • 『名鉄120年:近20年のあゆみ』によると2013年度当時の1日平均乗降人員は1,057人であり、この値は名鉄全駅(275駅)中219位、常滑線・空港線・築港線(26駅)中21位であった[6]
    • 『名古屋鉄道百年史』によると1992年度当時の1日平均乗降人員は138人であり、この値は岐阜市内線均一運賃区間内各駅(岐阜市内線・田神線・美濃町線徹明町駅 - 琴塚駅間)を除く名鉄全駅(342駅)中327位、常滑線・築港線(24駅)中24位であった[7]
    • 「とこなめの統計」によると2014年度の1日平均乗降人員は1,219人である。2004年度までは常滑線・空港線で最も乗降人員が少ない駅であったが、2008年度まで乗降人員が急増し、2005年度から2014年度は急行停車駅のりんくう常滑駅よりも乗降人員が多かった。近年の1日平均乗降人員は下表のとおりである。
    年度別一日平均乗降人員[8]
    年度 1日平均乗降人員
    定期 定期外 合計
    2003年(平成15年) 163
    2004年(平成16年) 108 113 221
    2005年(平成17年) 418 158 576
    2006年(平成18年) 404 152 556
    2007年(平成19年) 672 201 873
    2008年(平成20年) 742 218 960
    2009年(平成21年) 694 195 889
    2010年(平成22年) 660 200 860
    2011年(平成23年) 632 200 832
    2012年(平成24年) 738 230 968
    2013年(平成25年) 816 241 1,057
    2014年(平成26年) 808 241 1,049
    2015年(平成27年) 900 263 1,163
    2016年(平成28年) 940 279 1,219

    駅周辺

    • トコトー
    • 名古屋鉄道
      TA 常滑線
      ミュースカイ特急快速急行急行準急
      通過
      普通
      [脚注の使い方]
      1. ^ a b c 寺田裕一『改訂新版 データブック日本の私鉄』ネコ・パブリッシング、2013年、256頁。ISBN 978-4777013364
      2. ^ SF カードシステム「トランパス」導入路線図 - 名古屋鉄道、2004年12月24日
      3. ^ 宮脇俊三原田勝正 『東京・横浜・千葉・名古屋の私鉄 (JR・私鉄全線各駅停車)』小学館、1993年、225頁、ISBN 978-4093954112
      4. ^ a b 駅時刻表:名古屋鉄道・名鉄バス、2019年3月24日閲覧
      5. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第816号 2009年3月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、巻末折込「名古屋鉄道 配線略図」
      6. ^ 名鉄120年史編纂委員会事務局(編)『名鉄120年:近20年のあゆみ』名古屋鉄道、2014年、160-162頁。
      7. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編)『名古屋鉄道百年史』名古屋鉄道、1994年、651-653頁。
      8. ^ とこなめの統計 Archived 2012年12月6日, at the Wayback Machine. - 常滑市

      関連項目