学習院中・高等科
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人学習院
設立年月日 1877年明治10年)10月
共学・別学 男子校
中高一貫教育 併設型→準完全一貫制
課程 全日制
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
高校コード 13560H
所在地 050-0072
東京都豊島区目白一丁目5番1号

北緯35度43分7.8秒 東経139度42分40.7秒 / 北緯35.718833度 東経139.711306度 / 35.718833; 139.711306座標: 北緯35度43分7.8秒 東経139度42分40.7秒 / 北緯35.718833度 東経139.711306度 / 35.718833; 139.711306
外部リンク 学習院中等科
学習院高等科
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
学習院中・高等科の位置(東京都内)
学習院中・高等科

学習院中・高等科(がくしゅういんちゅう・こうとうか)は、東京都豊島区目白一丁目に所在する私立中学校高等学校。学習院中・高等科は略称であり、正式には中等科と高等科に分かれている。

概要

1877年明治10年)、主として華族子弟のための学校として開校された、130余年の歴史を有する伝統校である。1947年昭和22年)に宮内省管轄を離れ、私立学校となる。財団法人学習院を経て、1951年昭和26年)に学校法人学習院となり現在に至る。

なお、現在の学習院中等科・高等科は旧制学習院中等科の系譜を継ぐ教育機関である。学制改革以前にも同名の旧制学習院高等科という教育機関が存在したが、旧制高等科は学習院大学に改組されている点から、旧制と新制の学習院高等科は、全く別の教育機関である。旧制中等科は中等教育課程を、旧制高等科は高等教育課程をそれぞれ担っていたのに対し、新制中等科は前期中等教育を、新制高等科は後期中等教育をそれぞれ実施する。

学校の特色

都内では有数の広大な校地と各種施設を有し、緑豊かな自然に囲まれた教育環境である。学習院全体の大きな教育目標である「ひろい視野」「たくましい創造力」「ゆたかな感受性」の実現を目指し、中等科・高等科とで中高一貫教育を行っている。1997年度(平成9年度)までは中等科は4クラス編成、高等科は5クラス編成であったが、完全中高一貫校を目指して、1998年度(平成10年度)からは中等科も高等科と同様に学年進行方式により1学年5クラスにするとともに、2000年度(平成12年度)以降は高等科からの生徒募集を10名程度に抑え、現在では準完全中高一貫校化している[1]

ただし、校則の厳しい初等科や中等科に比べ、高等科は義務教育の修業年限を終えた者たちの集まりの場と位置づけられており、個性や可能性の芽を存分に発揮できる環境を実現するため、学生の行動については本人の自己責任を重んじる方針が採られている。よって、世間で想像されているよりも遥かに自由な校風である(例:金髪、パーマ、ピアスは問題とされない)。中等科と高等科は同じ建物であるがほとんどの交流はない。生徒ホールに学食も設置しており、中等科・高等科一緒。

制服

  • 紺のホック留め蛇腹海軍学生服1872年、海軍士官型の服装がモデルとなり、日本で学生の制服を定めたのが学習院が最初。現在では学帽は自由化されている。
    • 中等科の袖章は蛇腹1つ
    • 高等科の袖章は親子蛇腹

沿革