宝塚北サービスエリア
宝塚北スマートインターチェンジ
Takarazuka-kita Service Area Nobori.jpg
上り側から見る上下集約の宝塚北SA
所属路線 E1A 新名神高速道路
IC番号 14-1
本線標識の表記 宝塚北
起点からの距離 141.5 km(新四日市JCT起点)
川西IC (8.8 km)
(8.1 km) 神戸JCT
接続する一般道 市道宝塚北インター線
供用開始日 2018年3月18日
スマートIC 24時間
上り線GS ENEOS
24時間
下り線GS ENEOS
24時間
所在地 669-1231
兵庫県宝塚市玉瀬
テンプレートを表示
下り側、奥にドッグランやスマートICがある
宝塚北SA
宝塚北SA
宝塚北サービスエリア (兵庫県)

宝塚北サービスエリア(たからづかきたサービスエリア)は、兵庫県宝塚市玉瀬にある新名神高速道路サービスエリアである。スマートインターチェンジを併設する。

構造は上下線集約型である[1]

概要

基本計画公示時には計画されていなかったサービスエリアだったが、以前より兵庫県と宝塚市が中国自動車道西宮名塩サービスエリアの混雑緩和のため、新たなサービスエリアの設置を西日本高速道路(NEXCO西日本)に要望しており、2009年平成21年)8月10日にNEXCO西日本と日本高速道路保有・債務返済機構が結ぶ協定を変更、同年8月28日に事業許可が変更され、整備されることが決定した。

また、宝塚市長が市の本会議で当SAに併設される形でスマートインターチェンジを整備する方針であると表明した[2]。かつては環境への影響などを配慮し判断を留保していたが[3]、市民からの要望を受け、設置の方向となり2012年(平成24年)4月20日、宝塚北スマートインターチェンジの仮称で正式に設置が決定した[4]。宝塚市と西日本高速道路は約9億5000万円かけて周辺道路などを整備し、宝塚市は整備費のうち約2億2000万円を負担した[5]

道路