宮城交通株式会社
Miyagi Transportation Co.,ltd.
Miyagikotsu-198.jpg
高速バス車両
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 ミヤコー、宮交
本社所在地 日本の旗 日本
981-3201
宮城県仙台市泉区泉ヶ丘3-13-20
設立 1970年10月1日
業種 陸運業
法人番号 4370001006195 ウィキデータを編集
事業内容 乗合バス事業
貸切バス事業他
代表者 取締役社長 青沼正喜
資本金 1億円
売上高 77億3100万円(2016年度3月期)
純利益 4億5000万円(2019年03月31日時点)[1]
純資産 27億8400万円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 91億8000万円(2019年03月31日時点)[1]
従業員数 730名(2016年3月31日現在)
主要株主 名古屋鉄道 (13.88%)
三菱ふそうトラック・バス宮城ふそう (5.57%)
宮城いすゞ自動車 (4.26%)
大井川鐵道 (4.23%)
仙北石油 (3.60%)
いすゞ自動車 (2.72%)
アベキ (2.42%)
主要子会社 株式会社ミヤコーバス
宮交自動車整備株式会社
宮交観光サービス株式会社
株式会社宮交自動車学校
外部リンク http://www.miyakou.co.jp/
テンプレートを表示

宮城交通株式会社(みやぎこうつう)は、宮城県仙台市を拠点に路線バス事業などを営む企業である。名鉄グループに属する。

仙台都市圏の一般路線および、仙台などを発着地とする中長距離の路線バスを運行している。

概要

予想される輸送量の減少に備え合理的な運営を図るため経営統合が企図され、1970年10月1日に宮城バス宮城中央バス仙南交通を束ねた当社が設立されたことにより、宮城県内の全域を網羅する交通企業となった。

かつては県内全域でバス事業を行っていたが、後に地域ごとに分社し、仙台近郊のバス事業と高速バス事業を中心に営業している。また、関連バス会社と共にミヤコーグループを形成している。関連事業として蔵王ハイライン有料道路)の管理を行っている。

近年では人手不足が深刻化しており[2]、2017年10月にはそれまで仙台市営バスの並走区間・営業譲受路線において適用されていた仙台市交通局賃率の準拠を取りやめ、全区間で自社賃率に切り替えを行うこととなった。これに合わせて自社賃率の引き上げも行うこととなり、10円〜50円程度の値上げとなる(初乗り170円区間は150円に値下げ)[3]

沿革

統合まで

※統合した各社の詳細については、各社の項目(#前身会社)も参照。