小牧原駅*
Komakihara Station (Meitetsu) 20190810.jpg
駅舎
こまきはら
KOMAKIHARA
KM06 小牧 (1.5km)
(1.1km) 味岡 KM04
所在地 愛知県小牧市大字小牧原新田1820-3
駅番号 KM  05 
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 小牧線
キロ程 11.3km(上飯田起点)
駅構造 高架駅
ホーム 1面1線
乗降人員
-統計年度-
3,577人/日
-2018年-
開業年月日 1931年昭和6年)4月29日
備考 無人駅駅集中管理システム導入駅)
* 1987年高架化
テンプレートを表示

小牧原駅(こまきはらえき)は、愛知県小牧市大字小牧原新田南原にある、名鉄小牧線である。駅番号はKM05

歴史

  • 1931年昭和6年)4月29日 - 名古屋鉄道の駅として開業。
  • 1944年(昭和19年) - 休止。
  • 1951年(昭和26年)10月11日 - 営業再開[1]
  • 1967年(昭和42年)2月10日 - 無人化[1]
  • 1987年(昭和62年)6月 - 高架化[1]
  • 1991年平成3年)3月25日 - 桃花台新交通桃花台線小牧原駅が開業。
  • 2006年(平成18年)10月1日 - 桃花台新交通の小牧原駅が廃止。
  • 2011年(平成23年)2月11日 - ICカード乗車券「manaca」供用開始。
  • 単式ホーム1面1線のみをもつ高架駅無人駅で、自動改札機が設置されている。ホーム上には待合所がある。エレベーターが設置されているが、バリアフリー工事以前の名残でチェアメイト対応も引き続き行われている。

    のりば
    路線 方向 行先
    KM 小牧線 下り 犬山ゆき[2]
    上り 小牧平安通方面[2]
    プラットホーム

    配線図

    小牧原駅 構内配線略図

    小牧・
    上飯田方面
    小牧原駅 構内配線略図
    犬山方面
    凡例
    出典:[3]


    利用状況

    • 『名鉄120年:近20年のあゆみ』によると2013年度当時の1日平均乗降人員は2,826人であり、この値は名鉄全駅(275駅)中150位、小牧線(14駅)中10位であった[4]
    • 『名古屋鉄道百年史』によると1992年度当時の1日平均乗降人員は1,459人であり、この値は岐阜市内線均一運賃区間内各駅(岐阜市内線・田神線・美濃町線徹明町駅 - 琴塚駅間)を除く名鉄全駅(342駅)中195位、小牧線(14駅)中12位であった[5]
    • 『小牧市統計年鑑』によると一日平均乗降人員は、以下の通り推移している。
      • 2007年度:2,382人
      • 2008年度:2,501人
      • 駅周辺は住宅街である。国道155号(小牧一宮バイパス、北尾張中央道と言われるバイパス道路である)の対岸には、大きな工場や配送所などがある。駅近くにコンビニエンスストアがある。

        主な施設

        路線バス

        あおい交通が運行(こまき巡回バスは小牧市から受託)している。

        • ピーチバス:小牧駅桃花台ニュータウンを結ぶ路線バス。桃花台線の代替バスでもある。一部小牧市役所前発着の便がある。
        • こまき巡回バス(15)パークアリーナ小牧・市役所コース:小牧市役所・小牧駅と
          名古屋鉄道
          KM 小牧線
          1. ^ a b c 寺田裕一『改訂新版 データブック日本の私鉄』ネコ・パブリッシング、2013年、258頁。ISBN 978-4777013364
          2. ^ a b 駅時刻表:名古屋鉄道・名鉄バス、2018年2月25日閲覧
          3. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第816号 2009年3月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、巻末折込「名古屋鉄道 配線略図」
          4. ^ 名鉄120年史編纂委員会事務局(編)『名鉄120年:近20年のあゆみ』名古屋鉄道、2014年、160-162頁。
          5. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編)『名古屋鉄道百年史』名古屋鉄道、1994年、651-653頁。

          関連項目