初期の尾三自動車

尾三自動車(びさんじどうしゃ)は、かつて現在の豊田市に本社があったバス会社で、愛知県内で最初の本格的なバス会社とされる。通称尾三バス

歴史

浦野謙朗[1]を発起人とし、本多松三郎[2]、宮川幾太郎らによって1913年(大正2年)に平戸橋 - 名古屋間のバス路線の営業が開始された。

営業成績が好調だったことから翌1914年(大正3年)には本多を社長とし尾三自動車株式会社が設立され、本社は猿投村越戸(現在の豊田市平戸橋町)に置かれた[3]。1930年(昭和5年)には営業許可24路線(総延長距離720km)車両保有台数36台を誇る愛知県下最大のバス会社となり、名古屋-挙母間、挙母-岡崎間、瀬戸小原・田口(設楽町)などに路線を広げている[4]

その後いくつかのバス会社を合併した後に三河鉄道と愛知電鉄(名古屋鉄道)の間で買収合戦が繰り広げられた結果、1937年(昭和12年)2月に名古屋鉄道の傘下となった。買収価格は資本金7万5千円に対し37万5千円であった[5]1943年(昭和18年)に名鉄自動車と合併し会社としての歴史を終えた。