いわいずみちょう
岩泉町
龍泉洞
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 岩手県
下閉伊郡
団体コード 03483-5
法人番号 2000020034835
面積 992.36km2
(境界未定部分あり)
総人口 9,204
推計人口、2018年10月1日)
人口密度 9.27人/km2
隣接自治体 宮古市盛岡市久慈市
下閉伊郡普代村田野畑村
岩手郡葛巻町九戸郡野田村
町の木 アカマツ
町の花 キリ
町の鳥 ヤマドリ
岩泉町役場
町長 中居健一
所在地 027-0595
岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字惣畑59番地5
北緯39度50分35.3秒東経141度47分47秒
岩泉町役場
外部リンク ようこそ岩泉町のホームページへ

岩泉町位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

 表示 ウィキプロジェクト
モシリュウの化石(国立科学博物館)

岩泉町(いわいずみちょう)は、岩手県の中央部から東部に位置する下閉伊郡。本州で最も面積の広い町である。水の透明度が高いことで有名な龍泉洞鍾乳洞)の町として知られ、観光地としてはもとより、その水がミネラルウォーターとして販売されている。 町内における中心地区の水道水は龍泉洞のであり、大川や釜津田の集落では近くの湧水が利用されている。岩泉町は、町営のバスに「森と水のシンフォニー」と謳われるとおり各地で水が涌いており、水に恵まれた町である。

1978年、町内の茂師(もし)で日本で初めてとなる恐竜化石「モシリュウ」が発見された[1]

地理

北上高地の東部に位置する。町の大半は山とそれに囲まれた盆地、谷である。東部の小本(おもと)地区は太平洋に面しており、三陸地方の一部である。岩泉町は北上山地が、大きく横たわる地帯であるため、山や地下にある龍泉洞などに関連した寺社も多い。