崇仁親王妃 百合子
三笠宮家
Princess Mikasa 2012-1-2.jpg
2012年(平成24年) 新年一般参賀にて
続柄 高木正得第2女子

全名 百合子(ゆりこ)
身位 親王妃
敬称 殿下
お印
出生 (1923-06-04) 1923年6月4日(97歳)
日本の旗 日本東京府東京市赤坂区(現:東京都港区南青山
高木子爵邸
配偶者 三笠宮崇仁親王
子女 甯子内親王
寬仁親王
桂宮宜仁親王
容子内親王
高円宮憲仁親王
父親 高木正得
母親 高木邦子
栄典 勲一等宝冠章
JPN Hokan-sho 1Class BAR.svg
役職 皇室会議予備議員
日本赤十字社名誉副総裁
母子愛育会総裁
民族衣裳文化普及協会名誉総裁
中宮寺奉賛会名誉総裁
他多数
テンプレートを表示
称号: 親王妃
Japan Kouzoku Flag 16ben.svg
敬称 殿下(妃殿下)
Her Imperial Highness the Princess
皇室
Imperial Seal of Japan.svg

天皇 徳仁
皇后 雅子






崇仁親王妃百合子(たかひとしんのうひ ゆりこ、1923年大正12年〉6月4日 - )は、日本皇族。元華族三笠宮家第2代当主。三笠宮崇仁親王の妃。身位親王妃敬称殿下[1]勲等勲一等宝冠章お印(きり)。旧名は高木 百合子(たかぎ ゆりこ)。

子爵高木正得第2女子。子女に甯子内親王寬仁親王桂宮宜仁親王容子内親王高円宮憲仁親王がいる。皇室会議予備議員。2020年令和2年)現在、存命の皇族の中では最年長者であり、明仁(現・上皇)のおじ・おばとしては皇族外も含め唯一の存命者である。

略歴

1923年大正12年)6月4日東京府東京市赤坂区の高木子爵邸に誕生[2]華族高木正得子爵の二女[2]。母の邦子は入江為守子爵令嬢。1928年(昭和3年)、女子学習院幼稚園に入園。1941年(昭和16年)、女子学習院本科(現:学習院初等科学習院女子中等科・高等科)を卒業[2][3]。同年10月3日納采の儀を経て婚約。同年10月22日結婚の儀を行う。2年6か月後の1944年(昭和19年)4月26日に第一女子・甯子内親王が生まれる。その後、寬仁親王桂宮宜仁親王容子内親王高円宮憲仁親王が誕生。

皇室では、1963年(昭和38年)から[4]1967年(昭和42年)まで皇室会議の予備議員を務め、1991年(平成3年)より皇室会議の議員を務めたが[5]、2007年(平成19年)9月より再び予備議員となった[6]

政府による正式表記(内閣告示や宮内庁告示など)では「皇太子」を除いて、皇族に宮号が冠されることはないため、官報での表記は「崇仁親王妃百合子」とされ、「三笠宮」が冠されることはない。

宮内庁の発表(2007年(平成19年)7月10日)によると大腸癌が見つかり、同日、聖路加国際病院で摘出手術を受けた。

2016年(平成28年)、夫である三笠宮崇仁親王の薨去に伴い、三笠宮家の当主になる。

年譜