平成筑豊鉄道株式会社
Heisei Chikuho Railway Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 平筑(へいちく)、平鉄、平成
本社所在地 日本の旗 日本
822-1201
福岡県田川郡福智町金田1145の2(金田駅
北緯33度40分59.34秒 東経130度46分35.74秒 / 北緯33.6831500度 東経130.7765944度 / 33.6831500; 130.7765944座標: 北緯33度40分59.34秒 東経130度46分35.74秒 / 北緯33.6831500度 東経130.7765944度 / 33.6831500; 130.7765944
設立 1989年4月26日
業種 陸運業
法人番号 3290801016659 ウィキデータを編集
事業内容 旅客鉄道事業
代表者 代表取締役社長 河合 賢一
代表取締役専務 今田 今朝仁
資本金 2億7300万円
(2018年3月31日現在[1]
売上高 3億3335万9000円
(2018年3月期[1]
営業利益 △1億5224万円
(2018年3月期[1]
純利益 △53万1000円
(2018年3月期[1]
純資産 1億2914万4000円
(2018年3月31日現在[1]
総資産 3億8171万8000円
(2018年3月31日現在[1]
従業員数 61人(臨時社員8名除く)(2017年3月1日時点)
決算期 3月31日
主要株主 福岡県 27.5%
田川市 14.8%
直方市 6.6%
行橋市 6.6%
福岡銀行 4.6%
西日本シティ銀行 4.6%
(2019年3月31日現在[2]
外部リンク www.heichiku.net/
テンプレートを表示

平成筑豊鉄道株式会社(へいせいちくほうてつどう)は、福岡県で鉄道事業を営んでいる、福岡県および沿線自治体が出資する第三セクター方式の鉄道会社である。

概要

福岡県の筑豊地区で九州旅客鉄道(JR九州)から継承した旧国鉄特定地方交通線伊田線糸田線田川線の各線を営業しているほか、2009年4月からは、北九州市からの委託で同市門司区にて特定目的鉄道として門司港レトロ観光線(愛称:北九州銀行レトロライン)のトロッコ列車を運行している[3][4][5][6]

門司港レトロ観光線を除く伊田線・糸田線・田川線は各線とも筑豊本線から産炭地に向けて分岐する支線を発祥とし、単行のディーゼルカー主体で運行される典型的なローカル線である。ただし、運転本数・駅数ともに旧国鉄および転換前のJR時代の約2倍に増やすなど積極経営に転じ、沿線の学校に通っている学生や田川市立病院に通院する高齢者など、いわゆる交通弱者にとっては非常に重要な交通機関となっている。同時に、それら施策の影響で沿線エリア内の西鉄バス(現在の西鉄バス筑豊)利用者が大幅に減少し、バス路線の廃止が相次いだ。

利用者に運営に参加してもらい地域との連携を高めるため、線路の枕木のオーナーになってもらう「まくらぎオーナー」制度を実施した[7]。会員制で、オーナー会員になると名前や好きな言葉の入ったプレートが新しい枕木に取り付けられる。会費は枕木の交換費用の一部に充てられる。地域と連携し、わが町の鉄道という意識を高めるこの事業は、鉄道を活性化させる事例の一つとして注目される。2008年には列車内のつり革のオーナーになってもらう「つり革オーナー」が募集された。2008年7月からはラッピング広告の形で車両5両の命名権(ネーミングライツ)を販売している[8][9]。また同年9月1日から11月28日まで全35駅のうち田川市立病院駅、源じいの森駅を除く33駅の駅名愛称命名権の募集を行った。14駅に関して応募があり、2009年4月1日より16駅に愛称が付けられている[10](2020年4月現在は12駅となっている)。なお、個人に対する販売は行っていない。

取締役会長には福岡県知事が、代表取締役社長には田川市長がそれぞれ非常勤として務めていた。小川洋は福岡県知事就任に伴い2011年ほぼ自動的に会長の座に就き、門司港レトロ観光線の累計乗客が50万人に達した際は会長としてセレモニーに参加した。2017年に営業収支の改善を図るため、民間から常勤社長を公募し[11]、新社長に選ばれた河合賢一が同年10月4日に就任した[12][13]

社名の由来

社名は1988年昭和63年)に一般公募し、翌1989年(昭和64年)1月7日が社名決定日だった。社名の最終候補に残ったのは「新筑豊」「向陽」「あけぼの」「サンライン」の4つ。いずれの候補にも「新たなスタート」という共通した意味合いがある。

しかし、1月7日に昭和天皇崩御で新元号「平成」が発表されるや否や、急遽「平成筑豊鉄道株式会社」に決定した。「新たなスタート」と「新時代の幕開け」で縁起を担いでいる。平成を社名に冠した会社の先駆者的存在である。

会社名自体は「平成筑豊鉄道」だが、車両側面(ドア横)の社名表示は「平成ちくほう鉄道」と書かれている。この筑豊を平仮名で「ちくほう」とする表記は同社パンフレット等にも多く見られる。また、同社がJR九州との業務連絡に用いる正式略称は「平鉄」、またはJR九州の「九州会社」という略称に対して「平成会社」と定められている。

歴史