門司港レトロ観光線
使用される機関車と客車の試運転の様子。九州鉄道記念館駅 - 出光美術館駅間(2009年3月)
使用される機関車と客車の試運転の様子。
九州鉄道記念館駅 - 出光美術館駅間(2009年3月)
概要
通称 北九州銀行レトロライン
起終点 起点:九州鉄道記念館駅
終点:関門海峡めかり駅
駅数 4駅
運営
開業 2009年4月26日 (2009-04-26)
所有者 北九州市(第3種鉄道事業者)
運営者 平成筑豊鉄道 (第2種鉄道事業者)
使用車両 車両の節を参照
路線諸元
路線総延長 2.1 km (1.3 mi)
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
電化 全線非電化
運行速度 最高15 km/h (9.3 mph)
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線
exKRW+l eKRWgr
JR九鹿児島本線
0.0* 門司港駅
0.0 九州鉄道記念館駅
BHF
0.5 出光美術館駅
eBST
0.9*
0.0#
外浜駅 -2008
BHF
1.4 ノーフォーク広場駅
TUNNEL1
和布刈トンネル
BHF
2.1 関門海峡めかり駅
eBST
?#
雨ヶ窪信号所 -2005休止
KDSTxe
2.9 瀬戸町車庫
exSTR
田野浦公共臨港鉄道
exBST
?#
門築大久保駅 -2005休止
exKBSTe
3.4#
田野浦駅 -2005休止
ノーフォーク広場(レストラン「ら・むゑっと」入口)駅設置予定地付近。奥には和布刈トンネルが見える。(2007年10月)

門司港レトロ観光線(もじこうレトロかんこうせん)は、福岡県北九州市門司区九州鉄道記念館駅から関門海峡めかり駅までを結ぶ鉄道路線である。北九州市が第三種鉄道事業者として施設を保有し、平成筑豊鉄道第二種鉄道事業者として車両を保有し列車を運行する上下分離方式を採用している。

愛称は、当初ネーミングライツを取得した山口銀行(本店:山口県下関市)により「やまぎんレトロライン」と名づけられ、その後命名権が同行の九州内の営業を引き継いだ北九州銀行に継承されたことに伴い「北九州銀行レトロライン」に改称された[1][2]。列車の愛称は「潮風号」。

概要

北九州市が観光スポットとして整備した門司港レトロ地区には、日本貨物鉄道(JR貨物)が第一種鉄道事業者となっていた鹿児島本線貨物支線である門司港駅 - 外浜駅間および北九州市が保有する田野浦公共臨港鉄道廃線跡が存在しており、これらの路線を活用して観光客向けのトロッコ列車を運行するものである。

田野浦公共臨港鉄道の廃線跡ならびにJR貨物の門司港駅 - 外浜駅間は北九州市が買い取った[3]

2008年(平成20年)3月13日に平成筑豊鉄道および北九州市から事業許可の申請が行われ、常設の普通鉄道として特定目的鉄道の制定後初の事例として同年6月4日に事業許可を受け[4][5][6]2009年(平成21年)4月26日に開業した。

休止貨物線や他鉄道で使われていた車両(後述)を再活用しての観光振興が評価され、2009年(平成21年)に第8回「日本鉄道賞」の特別表彰に選ばれた[7]

路線データ