この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。 の文字は公式の表記Katsushika-Katsu.pngと異なる可能性があります。
さってし
幸手市
Satte Gongendo Bank In Spling 2.JPG
権現堂堤の桜並木
Flag of Satte Saitama.svg Satte Saitama chapter.svg
幸手市旗 幸手市章
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 埼玉県
市町村コード 11240-2
法人番号 1000020112402 ウィキデータを編集
面積 33.93km2
総人口 49,883[編集]
推計人口、2021年4月1日)
人口密度 1,470人/km2
隣接自治体 久喜市北葛飾郡杉戸町
千葉県野田市
茨城県猿島郡五霞町
市の木 マキ
市の花 サクラ
幸手市役所
市長 木村純夫
所在地 340-0192
埼玉県幸手市東四丁目6番8号
北緯36度4分41.1秒東経139度43分33.1秒
Satte City Hall 1.JPG
外部リンク 公式ウェブサイト

幸手市位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

特記事項 市外局番:0480(市内全域・久喜MA)
 表示 ウィキプロジェクト

幸手市(さってし)は、埼玉県の東部に位置する

人口は約5万人。1986年市制施行。

概要

江戸時代から日光御成街道日光街道奥州街道)の合流点に位置する宿場町として栄えていた。市内には徳川将軍日光東照宮へ墓参する際に立ち寄った聖福寺や明治天皇行幸した折に宿泊した行在所跡が残る。

地理

関東平野のほぼ中央にあり、埼玉県内では東部地域の北寄りに位置する。東京都心からの距離は約50kmである。利根川に近く、ほぼ全域が海抜10m前後の沖積低地である。しかし東部には、自然堤防の微高地や下総台地の末端部(江戸川開削によって切り離された)など、海抜20m前後の台地状地形も存在する。

市の西寄りを南北に東武日光線国道4号が縦断しており、東武日光線幸手駅とその東側の旧道(旧・日光街道)、国道4号を中心に宅地を中心とする市街地が広がる。市街地の外側では水田地帯中に集落が散在している。

近年は市南西部の国道4号沿いに多くの郊外型店舗が出店しており、2005年平成17年)には大規模なショッピングセンターも開店した。一方で市中心部にある商店街の買い物客が減少しているとされる。[要出典]

河川

湖沼

  • 高須賀池
  • 神扇池(市営釣り場)
  • 大島新田調整池
  •   幸手町
    幸手 桜田 行幸 上高野 権現堂川 吉田 豊岡 八代 幸手団地
    昭和30年代後半 2大字 2大字 5大字 1大字 4大字 5大字 4大字 8大字
    幸手市
    平成19年 2大字20町 2大字4町 5大字 1大字1町 4大字 5大字 4大字 8大字6町 6町

    人口

    Demography11240.svg
    幸手市と全国の年齢別人口分布(2005年) 幸手市の年齢・男女別人口分布(2005年)
    紫色 ― 幸手市
    緑色 ― 日本全国
    青色 ― 男性
    赤色 ― 女性

    幸手市(に相当する地域)の人口の推移
    総務省統計局 国勢調査より


    旧幸手町

    注意:ここに記した旧幸手町は1954年(昭和29年)〜1955年(昭和30年)合併以前の町域を対象としており、他の行幸地区・上高野地区・吉田地区・権現堂川地区・桜田地区・八代地区・豊岡地区に関しては、行幸村上高野村吉田村権現堂川村桜田村八代村豊岡村の項を参照されたい。

    人口

    • 1887年(明治20年) - 約5,666人(戸数:1,021戸)[1]
    • 1930年(昭和5年) - 約5,875人(戸数:1,175戸)[2]
      • 385

        以下は旧幸手町の大字および小字である。なお、大字幸手の小字に関しては幸手宿の項を参照されたい。

        内国府間(うちごうま)
        明治合併以前「内国府間村(うちごうまむら)」

        明治以前の産物

        幸手宿

歴史

注意:幸手市およびその前身の幸手町と合併する以前の各町村の歴史についてはそれぞれの項目を参照。

行政

市長