後光明天皇
後光明天皇像(愛宕通福筆、泉涌寺蔵)

即位礼 1643年12月2日(寛永20年10月21日
元号 寛永
正保
慶安
承応
時代 江戸時代
征夷大将軍 徳川家光
徳川家綱
摂政 二条康道九条道房一条昭良
関白 一条昭良→近衛尚嗣二条光平
先代 明正天皇
次代 後西天皇

誕生 1633年4月20日寛永10年3月12日
崩御 1654年10月30日(承応3年9月20日)寅刻
下御所(仮皇居)
大喪儀 1654年11月23日(承応3年10月15日)
陵所 月輪陵
追号 後光明院
(後光明天皇)
1654年11月23日(承応3年10月15日)追号勅定
紹仁
1643年2月3日(寛永19年12月15日)命名
称号 素鵞宮
元服 1643年11月8日(寛永20年9月27日
父親 後水尾天皇
母親 園光子(壬生院)
子女 孝子内親王(礼成門院)
皇居 土御門東洞院殿
下御所(仮皇居)
テンプレートを表示

後光明天皇(ごこうみょうてんのう、1633年4月20日寛永10年3月12日〉- 1654年10月30日承応3年9月20日〉)は、日本の第110代天皇(在位: 1643年11月14日寛永20年10月3日〉 - 1654年10月30日〈承応3年9月20日〉)。紹仁(つぐひと)。幼名は素鵞宮(すがのみや)。

儒学に傾倒して典礼を重んじ、朝儀再興を目指した。

系譜

後水尾天皇の第四皇子。母は贈左大臣園基任の娘光子(壬生院)。養母は父帝の中宮徳川和子(東福門院)。明正天皇は異母姉。