後柏原天皇

即位礼 1521年4月28日(大永元年3月22日
元号 明応
文亀
永正
大永
時代 戦国時代
先代 後土御門天皇
次代 後奈良天皇

誕生 1464年11月19日寛正5年10月20日
崩御 1526年5月18日大永6年4月7日
陵所 深草北陵
追号 後柏原院
(後柏原天皇)
勝仁
父親 後土御門天皇
母親 庭田朝子
子女 覚鎮女王
知仁親王(後奈良天皇
清彦親王
覚道法親王
覚音女王
寛恒親王
道喜
皇居 京都御所
テンプレートを表示

後柏原天皇(ごかしわばらてんのう、1464年11月19日寛正5年10月20日〉 - 1526年5月18日大永6年4月7日〉)は、日本の第104代天皇(在位:1500年11月16日明応9年10月25日〉 - 1526年5月18日大永6年4月7日〉)。勝仁(かつひと)。

生涯

文明12年(1480年12月13日親王宣下

明応9年(1500年)10月25日後土御門天皇の崩御を受けて践祚した。しかしながら、応仁の乱後の混乱のために朝廷の財政は逼迫しており、後柏原天皇の治世は26年におよんだが、即位の礼をあげるまで21年待たなくてはならなかった[1]

また、11代将軍・足利義澄参議中将昇任のために朝廷に献金して天皇の即位の礼の費用にあてることを検討したが、管領細川政元が「即位礼を挙げたところで実質が伴っていなければ王と認められない。儀式を挙げなくても私は王と認める。末代の今、大がかりな即位礼など無駄なことだ」と反対し、群臣も同意したため献金は沙汰止みとなる(『大乗院寺社雑事記』(尋尊大僧正記)文亀2年6月16日条)など[2]、主要な献金元である室町幕府や守護大名も逼迫していたために資金はなかなか集まらなかった。

費用調達の為に朝廷の儀式を中止するなど経費節約をし、幕府や本願寺9世実如の献金をあわせることで、即位22年目の大永元年(1521年3月22日にようやく即位の礼を執り行うことができた。ただし、この時も直前に将軍・足利義稙(10代将軍の再任)が管領・細川高国と対立して京都から出奔して開催が危ぶまれた。だが、義稙の出奔に激怒した天皇は即位の礼を強行(『二水記』永正10年3月8日・20日条)して、警固の責任を果たした細川高国による義稙放逐と足利義晴擁立に同意を与えることとなった[3]

大永6年(1526年4月7日、崩御。享年63。

治世

応仁の乱により、公卿は地方に離散し、朝廷の財政は窮乏し、天皇の権威も地に落ちた時代だった。財政難で廃絶した朝廷の儀式の復興に力を入れる反面、戦乱や疾病に苦しむ民を思い続けた。

仏教に帰依し、大永5年(1525年)の疱瘡大流行時には自ら筆をとって「般若心経」を延暦寺仁和寺に奉納した。詩歌管弦、書道に長けていたといわれている。

和歌

後柏原天皇は父の後土御門天皇と同様に敬虔な仏教徒だった。貧窮は自分の罪障が原因と考えて、阿弥陀仏の慈悲に希望を託した。後柏原天皇は、以下の和歌を詠じた[4]

心だに 西に向はば 身の罪を 写すかがみは さもあらばあれ
わが身の罪がいかに多いか
鏡にはすべて映しだされようが
われはひたすら望む
心だけでも

後土御門天皇の第一皇子。母は、庭田重賢の女、庭田朝子(蒼玉門院)。