忍者狩り
監督 山内鉄也
脚本 高田宏治
出演者 近衛十四郎
佐藤慶
山城新伍
河原崎長一郎
田村高廣
高森和子
音楽 津島利章
撮影 赤塚滋
編集 宮本信太郎
製作会社 東映京都
配給 東映
公開 日本の旗 1964年9月5日
上映時間 87分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

忍者狩り』(にんじゃがり)は、1964年の日本映画。主演・近衛十四郎、監督・山内鉄也。製作・東映京都撮影所、配給・東映モノクロ

概要

幕府が差し向けた忍者たちと四人の浪人との無残な殺戮戦を描く「東映集団抗争時代劇」の一本[1][2]。当時の東映京都撮影所(以下、東映京都)がシリーズ化した「東映集団抗争時代劇」と「忍者映画」をミックスした[3]

あらすじ

徳川三代将軍家光は、幕府の体制を不動のものにするため諸国に散在する豊臣恩顧の外様藩取潰しに目を光らせた。おりもおり、伊予松山20万の蒲生家では、嫡子種丸の家督相続を願い出た。そこで幕府は何とか目障りな松山藩を潰そうと、徳川将軍家お墨付を奪うように甲賀忍者30余名を放つ。松山藩城代会沢土佐は、直ちに4人の腕の立つ浪人を雇い入れ、浪人4人対甲賀忍者30人による攻防戦が始まった[3][4][5]

キャスト