しまし
志摩市
Ago Bay and sunrise s3.JPG
志摩市旗 志摩市章
志摩市旗
2005年2月10日制定
志摩市章
2005年2月10日制定
日本の旗 日本
地方 東海地方近畿地方
都道府県 三重県
市町村コード 24215-2
法人番号 7000020242152 ウィキデータを編集
面積 178.95km2
総人口 45,834[編集]
推計人口、2020年9月1日)
人口密度 256人/km2
隣接自治体 伊勢市鳥羽市度会郡南伊勢町
市の木 ねむの木[1]
市の花 はまゆう[1]
他のシンボル 市の鳥:白千鳥[1]
市の魚:伊勢えび[1]
志摩市役所
市長 橋爪政吉
所在地 517-0592
三重県志摩市阿児町鵜方3098番地22
北緯34度19分41.5秒東経136度49分46.8秒座標: 北緯34度19分41.5秒 東経136度49分46.8秒
Shima City Hall.jpg
外部リンク 公式ウェブサイト

志摩市位置図

― 市 / ― 町

市庁舎位置
 表示 ウィキプロジェクト

志摩市(しまし)は、三重県志摩半島南部に位置する

2016年第42回先進国首脳会議(伊勢志摩サミット)が市内の賢島で開催されたことでも知られる[2]

地理

位置

市役所のある鵜方地区周辺の空中写真。1975年撮影の3枚を合成作成。国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成。

本土部は志摩半島に属し、北から西にかけては、鳥羽市伊勢市南伊勢町に接し、東から南にかけては太平洋に面する。

海岸は入り組んだリアス式海岸で、中央に英虞湾、北東は鳥羽市とともに囲む的矢湾がある。英虞湾内に賢島間崎島、的矢湾内に渡鹿野島の合計3つの有人島がある。波の穏やかな内海と日本海流侵食された外洋の海蝕崖の光景は対照的である。志摩市は全域が伊勢志摩国立公園に含まれるが、ほかの国立公園と異なり大部分が民有地である。

市の可住地面積は75.15km2であり、市域面積の約42%に相当する[3]

地形

気候

阿児(1982 - 2010)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
降水量 mm (inch) 64.8
(2.551)
78.2
(3.079)
150.5
(5.925)
167.8
(6.606)
211.8
(8.339)
234.9
(9.248)
184.7
(7.272)
158.7
(6.248)
308.2
(12.134)
227.9
(8.972)
115.7
(4.555)
54.8
(2.157)
1,958
(77.086)
出典:気象庁[4]

地区

市域は、旧来の令制国による区分においては鳥羽市域とともに志摩国にあり[6] 明治以降も長い間、志摩郡として続いてきた。

志摩市は平成の大合併の一つとして2004年(平成16年)10月1日、同郡に属する浜島町大王町志摩町阿児町磯部町の5つの町が合併して生まれた。

※それぞれの時代の歴史については、

2004年(平成16年)1月28日、志摩地域合併協議会(当時)は合併後の市名を「志摩市」とすることを全会一致で決定した[7]。これは先に行われた市名公募において次点の6倍あまりの最多得票を得た名称でもあった[8]

由来としては「志摩郡」の志摩であり、伝統・文化を継承する必要があることや「伊勢志摩国立公園」などの名称で全国的な知名度があることなどが挙げられる[9]

市名候補として合併協議会で検討されたものには、英虞市(あごし、英虞湾に由来)・伊勢志摩市(いせしまし)・しま市・志摩市・美志摩市(みしまし)があった[7]

なお、今回の合併に先立つ昭和の大合併において、志摩半島南端の地域が新町名を「志摩町」にするかどうかで紛糾。後に阿児町となる地域も「志摩町」を採用しようとしたことから、先に志摩町を名乗るために合併を急いだ経緯がある(志摩町#町名決定の経緯の項参照)。半世紀後、結局は両地域とも同じ自治体となり、「志摩」を名乗ることとなった。

人口

志摩市に相当する地域の人口は1955年(昭和30年)の66,600人を頂点に一時的な増加もあるものの減少傾向にあり、特に2000年代以降の落ち込みが激しく日本創成会議から「消滅可能性都市」として名指しされている[10]。市では行政機能を維持するのに必要な人口を3万人としているが、2060年には2万人を下回ると推計されており、奨学金を得て大学に進んだ者が志摩市へ移住する場合、返還補助を行う制度を2017年(平成29年)度から開始する[10]

Population distribution of Shima, Mie, Japan.svg
志摩市と全国の年齢別人口分布(2005年) 志摩市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 志摩市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

志摩市(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


行政

市長