志貴皇子
(施基皇子)

諡号 春日宮御宇天皇
田原天皇
全名 志貴
身位 親王
敬称 殿下
出生 不詳
死去 霊亀2年8月11日716年9月1日
配偶者 託基皇女(妃)
子女 光仁天皇ほか
父親 天智天皇
母親 越道君伊羅都売
テンプレートを表示

志貴皇子(しきのみこ、? - 716年9月1日霊亀2年8月11日〉)は、日本飛鳥時代末期から奈良時代初期にかけての皇族芝基皇子または施基皇子志紀皇子とも記す。天智天皇の第七皇子[1]位階は二品。

皇位とは無縁で文化人としての人生を送った。しかしその薨去から54年後に、息子の白壁王(第49代光仁天皇)が即位し、春日宮御宇天皇の追尊を受けることとなった。現在の皇室は志貴皇子の子孫となる[2]

経歴

天武天皇8年(679年)天武天皇が吉野行幸した際、鵜野讃良皇后(後の持統天皇)も列席する中、天智・天武両天皇の諸皇子草壁皇子大津皇子高市皇子河島皇子忍壁皇子)とともに、皇位継承の争いを起こすことのないよう結束を誓う(吉野の盟約[3]。天武天皇14年(685年冠位四十八階の制定により吉野の盟約に参加した諸皇子が叙位を受けるが、志貴皇子のみ叙位を受けた記録がない[4]朱鳥元年(686年封戸200戸を与えられる。

持統朝では、持統天皇3年(689年撰善言司(良い説話などを撰び集める役)に任ぜられた程度で、叙位や要職への任官記録がなく、天皇の弟でありながら不遇な状況にあったか[5]

文武朝に入ると、大宝元年(701年)の大宝令の制定に伴う位階制度への移行を通じて四品に叙せられる。大宝3年(703年持統天皇葬儀では造御竃長官を務め、慶雲4年(707年)6月の文武天皇の崩御にあたっては殯宮に供奉している[6]

同年7月に元明天皇即位し、再び天皇の兄弟となる。元明朝では、和銅元年(708年)三品、和銅8年(715年)二品と昇進を果たしている。元正朝の霊亀2年(716年)8月11日薨去

壬申の乱を経て、皇統が天武天皇の系統に移ったことから、天智天皇皇族であったために皇位継承とは無縁で、政治よりも和歌などの文化の道に生きた人生だった。薨去から50年以上後の宝亀元年(770年)に、六男の白壁王が皇嗣に擁立され即位した(光仁天皇)ため、春日宮御宇天皇の追尊を受けた。御陵所の田原西陵(奈良市矢田原町)にちなんで田原天皇とも称される。

人物

清澄で自然鑑賞に優れた歌人として『万葉集』に6首の和歌作品を残している。いずれも繊細な美しさに満ち溢れる名歌である。

  • 石ばしる 垂水の上の さわらびの 萌え出づる春に なりにけるかも
  • 神なびの 石瀬の杜の ほととぎす 毛無の岡に いつか来鳴かむ
  • 大原の このいち柴の いつしかと 我が思ふ妹に 今夜逢へるかも
  • むささびは 木末求むと あしひきの 山の猟師に 逢ひにけるかも
  • 采女の 袖ふきかへす 明日香風 都を遠み いたづらに吹く
  • 葦辺ゆく 鴨の羽交(はがひ)に 霜降りて 寒き夕へは 大和し思ほゆ

新古今和歌集』以下の勅撰和歌集にも5首が採録されている[7]

官歴

春日宮天皇陵

六国史』による。