慶応(けいおう、旧字体: 慶應)は、日本の元号の一つ。

元治の後、明治の前。大化以降243番目の元号。1865年から1868年までの期間を指す。この時代の天皇孝明天皇明治天皇江戸幕府将軍徳川家茂徳川慶喜

日本での一世一元の詔一世一元の制への移行)発布以前、かつ、江戸時代最後の元号である。

改元

3月17日、朝廷から京都所司代松平定敬に対して「乾永・文隆・大暦・万徳・慶応・明定・天政」の7案が伝えられ、定敬は幕府に報告したが、将軍・徳川家茂が朝廷に対して「何以被採用所存無之候」「叡慮之通慶応可然被存候」と述べて改元については孝明天皇の意向に全て従うという意見書を出し、改元当日の御所での儀式を諸藩代表に公開するなど、江戸幕府創設以来幕府が奏上してきた改元制度が終焉したことを示すものとなった[1]

なお、この改元の勘申を命ぜられた高辻修長から出された案の中に、「平成」が含まれていた[2]が最終の7案には残らず、この時には採用されなかった。「平成」は124年後の1989年1月8日明仁(第125代天皇)の践祚に伴い、元号法に基づいて採用された。

出典

文選』の「(まさ)に輝くべし」より。勘申者は唐橋在光

慶応年間の出来事