Dog 2.svg
十干
十二支
KCityParkDog.JPG

(いぬ、じゅつ)は十二支のひとつ。通常十二支の中で第11番目に数えられる。

前は、次はである。

概要

  • 戌年は、西暦年を12で割って2が余る年が戌のとなる。
  • 戌の月は旧暦9月(概ね新暦10月)。
  • 戌の刻は午後8時を中心とする約2時間。
  • 戌の方は北基準右廻り300°(北西よりやや西寄り、西北西よりやや北寄り、北西微西よりやや西寄り)の方角である。
  • 五行は土気[1][2]、または金気[3]
  • 蔵干は本気が、中気が、余気が
  • 漢書』律暦志によると戌は「滅」(めつ:「ほろぶ」の意味)。草木が枯れる状態を表しているとされる。

    後に覚え易くするために動物の犬が割り当てられた。

    犬はお産が軽いとされることから、安産については、戌の日が吉日とされ、帯祝いなどにはこの日を選ぶ風習がある。

    相場格言に「辰巳天井、午尻下がり、未辛抱、申酉騒ぐ。戌は笑い、亥固まる、子は繁栄、丑はつまずき、寅千里を走り、卯は跳ねる」がある[4]

    戌を含む干支