押切町駅
MT-Oshikirichō Station-Building 2.JPG
廃止直前の様子
おしきりちょう
OSHIKIRICHŌ
柳橋 (2.2km)
(0.6km) 平野町
所在地 愛知県名古屋市西区菊井町
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 一宮線
キロ程 0.0km(押切町起点)
駅構造 地上駅
ホーム 3面6線
乗車人員
-統計年度-
11,900人/日(降車客含まず)
-1940年[1]-
開業年月日 1901年(明治34年)2月19日
廃止年月日 1941年(昭和16年)8月12日
テンプレートを表示

押切町駅(おしきりちょうえき)は、かつて愛知県名古屋市西区菊井町[2](現、名古屋市西区押切一丁目8番座標: 北緯35度11分09秒 東経136度53分08秒 / 北緯35.185750度 東経136.885583度 / 35.185750; 136.885583、現在の名古屋市営地下鉄鶴舞線浅間町駅付近)にあった、名古屋鉄道(名鉄)一宮線である。名古屋市内のターミナル駅の一つであったが、新名古屋駅(現在の名鉄名古屋駅)の開業に伴い廃止された。(後述)

押切町駅があった当時は現在の犬山線岩倉駅から押切町駅までの区間と、押切町駅から柳橋駅までの市電に直通する区間も一宮線に含まれ、押切町駅が廃止された時に一宮線岩倉駅以南が犬山線に編入された。このため、押切町駅の位置は後の一宮線(東一宮駅 - 岩倉駅間)廃止時においては、一宮線上になく遠く離れた場所となっている。

歴史

名古屋鉄道の前身となる名古屋電気鉄道は、もともと名古屋市内における路面電車(市内線、市電)を運営していた会社であったが、後にアメリカで流行していたインターアーバンを視察し、それを規範にして郡部線と呼ばれる郊外路線を建設することにした(後の名古屋本線津島線、一宮線、犬山線など)。この時、郡部線電車のターミナル駅として建設されたのがこの押切町駅であった。後に名古屋市西区総合庁舎が置かれた(現在は同区花の木に移転)場所で、市内線の北端に位置していた。

しかし、市街地へ行くには市内線へ乗り換える必要があって、不便でもあった。名古屋電気鉄道ではこれを解消しようと、インターアーバンの手法に倣って郡部線の電車を市内線に乗り入れさせるようにし、国鉄名古屋駅近くの柳橋交差点の辺りに柳橋駅を設け、ここを新たな発着駅にさせた。だが同駅は敷地が狭く、線路容量に余裕がなかったこともあって、一部の電車は押切町駅発着で残された。

その後、名古屋電気鉄道は市内線を名古屋市へ移管(名古屋市電となる)し、郡部線を新設会社の(旧)名古屋鉄道へ移管して解散した。しかしながら、市内線の市営化後も柳橋駅までの乗り入れは継続された。

また、(旧)名古屋鉄道が名岐鉄道になった後の1935年昭和10年)に名岐線(現在の名古屋本線東枇杷島駅以北)が開業し、新製車のデボ800形(後のモ800形初代)を用いて特急・急行電車の運転が開始されたが、これは車体規格が大型であって市電に乗り入れるのに適さなかったことから、押切町駅始発となった。そのため、柳橋駅からは津島犬山方面の急行・普通電車で押切町駅まで来て、特急電車に数分で乗り継げるようなダイヤを組んでいた。

名岐線開業まもなく、名岐鉄道は愛知電気鉄道(愛電)と合併し、現在の名古屋鉄道が発足する。名鉄では、愛電が有していた神宮前駅をターミナルにして名古屋南東部へ向かう路線(名古屋本線神宮前以東・常滑線など)と、名岐鉄道が有していた路線の直通運転を目論むようになり、東海道本線に並行して東枇杷島駅 - 新名古屋駅(後の名鉄名古屋駅) - 神宮前間に新線を敷設することにした。

その過程で、東枇杷島駅(この時、南へ移設) - 新名古屋駅間が1941年(昭和16年)に開業したため、押切町駅や柳橋駅、そして押切町駅 - 東枇杷島駅間にあった平野町駅は廃止された。

年表