教育方法学(きょういくほうほうがく)とは、教育学教育実践を、方法論的な視点から研究する学問である。

概要

教育方法学の研究分野には、教授学Didactic_method)をはじめ、カリキュラム教育評価に関すること、授業教室に対する研究、教師教育に関することなどがある。また、コンピューターなどの機器を応用した教育工学を含む。

また、教育方法学は、大きく分けて、次の2つの方向で研究が進んでいる。

特定の学問分野を基礎として探求する研究
教育史教育哲学教育心理学教育社会学教育行政学などをもとに研究が進められている。
教室の具体的問題の解決を追求する実践的研究
実際の授業実践を分析し、反省・批評していく形の研究である。

なお、各教科の指導にあたって、教育方法学は教科教育学に応用される。

歴史

西洋の教育方法学史

古典的な教育方法

原始的には、伝聞・口述による伝承が古くから行われていた。文書の暗唱・輪読などはその一例である。そこから一歩進んだ方法が、古代ギリシアの哲学者によって探求されはじめた。これには、ソクラテスが用いた対話による問答法などがある。佐藤学は、この2つについて、「その成立の出発点から「探求のレトリック」を教える市民の教育と、権威づけられた正解への手続きとしての「服従のレトリック」を教える奴隷の教育との分裂」をした[1]と述べている。

中世では、自由七科修辞学として教育方法が扱われた。たとえば、アウグスティヌスの『教師論』で、教師の語りの修辞学が提示されている。また、問答法が宗教改革に伴う子どもへの宗教教育で行われた。このときには、教理問答書(想定問答集のようなもの)を使用していた。

一斉授業の成立

このように、教育の方法自体は、すでに古代ギリシャより探求されはじめていたが、教育の方法・技術が自覚的・体系的に研究され始めたのは、学校が構想・組織され始めた近代に入ってからである。コメニウスによって近代の学校が構想され、その2世紀近い年月を経て、ヨハン・ハインリヒ・ペスタロッチルソー等の教育思想を実践して、教育方法の探求へと結合させた。

その後、一斉授業の普及と制度化を基礎づけたのはヨハン・フリードリヒ・ヘルバルトであり、そのヘルバルト学派の人々によって各国に浸透した。その中で、トゥイスコン・ツィラーヴィルヘルム・ラインの教育学は、日本などで学校教育の制度化と授業の定型化を進めた際の、中心的な理論となった。

新教育運動と教育方法

20世紀に入ると、公教育制度の画一性と硬直性が批判されるようになり[2]新教育運動と呼ばれる世界的な学校改革運動が展開された。

まず、ジョン・デューイなどの手によって、「子ども中心主義」の教育が推進されたことである。

その一方で、フランクリン・ボビットは教育課程を最初に体系化し、カリキュラムの科学的研究を初めて行った[3]。彼は、教育文献の中で、「教育目標」という言葉を最初に使った[4]ほか、「活動分析」も推し進めた。そして、これは、チャーターズの「仕事分析」に引き継がれた。チャーターズは、95,000人の女性の一週間の仕事の記録を分析し、総計7300の目標のカテゴリーを設定したうえで、この目標を教科・単元に分配したカリキュラムの構成を提案した[5]

また、単元学習としては、ウィリアム・ヒアド・キルパトリックの「プロジェクト・メソッド」と、ヘレン・パーカーストの「ドルトン・プラン」などがある。アメリカ国内よりも、日本などのアジア諸国への影響が大きかった。