文化祭(ぶんかさい)は、芸術に関連した行事・イベント。以下に大別される。


高校の文化祭。模擬店が開かれ、多くの参加者で賑わっている。

文化祭(ぶんかさい、英:School festival)は、日本において幼児児童生徒日常活動による成果の発表などの目的で行われる学校行事。学校によっては学園祭(がくえんさい)・学校祭(がっこうさい)・学院祭(がくいんさい)などと呼ぶ場合がある。

日本のように学校教育の一環として毎年全員参加型の文化祭が開催されている例は世界的に見て珍しい[1]

概要

高校の文化祭。会場となる学校はさまざまに飾られ、祝祭空間となる。
東京府立第五中学校で開催された第1回創作展の様子(1920年撮影)。一般公開が行われ、物珍しさから多くの見物客で賑わった。

本来文化祭は初等教育中等教育における正規の教育課程であり[2]、児童・生徒の履修(出席)が義務づけられている。その開催日時および準備日時は、学習指導要領上の「出席しなければならない日数」および「授業時数」に算入される。

したがってこの点では、大学などで開催される学園祭(大学祭など[3])とは意味合いが異なる。

文化祭では主に各学級ごとに創作活動、演劇発表、模擬店の開催などが実施される[1]

学習成果や演劇の発表がメインである場合、名称は小学校などの初等教育では学芸会(がくげいかい)、学習発表会などと呼ぶことが多い。また、幼稚園などの就学前教育保育所では生活発表会と呼ぶことが多い。

多くの学校では文化祭を一年に1回開催し、文化祭の運営は、児童会生徒会の下に設けられた「文化祭実行委員会」などの組織が中心となって行われる。他行事と交互に実施するなどの理由により、2年または3年ごとの開催である学校もある。

文化祭は楽しさが感じられる行事であり、幼児・児童・生徒・学生にとっては文化祭の成功という目的のために、仲間とのあいだで共同作業に邁進することができ、達成感の強い行事である。同時に、自分の学校の特色を実感する機会にもなる。

また文化祭は、学校と地域社会相互の結びつきを深め、人々の豊かな生活に貢献するという意味合いもある。

歴史

日本最古の文化祭は、1921年東京府立第五中学校(現・小石川中等教育学校)で開催された「創作展覧会」(現・創作展)である。大正自由教育者であった伊藤長七が、生徒の創作意欲を掻き立て、創作作品展示の機会をつくることが目的であった。当時としては全国初の取り組みであったために、新聞紙上でも大きく取り上げられ、3000人以上の来場があった。

太平洋戦争後、新制高等学校が確立する1948年頃から、クラブ活動や生徒の有志を中心とした文化祭が開催されるようになった。1960年代には、現在と同じようなクラス単位での出し物を行う文化祭スタイルが定着していった。

内容