新名古屋地下トンネル(しんなごやちかトンネル)は、名古屋鉄道名古屋本線山王駅栄生駅の間にあるトンネルである。

名鉄名古屋駅はこのトンネルの中にある地下駅である。

概要

旧・名岐鉄道(西部線)と旧・愛知電気鉄道(東部線)を結ぶ地下トンネルである。トンネル内には名鉄名古屋駅がある。

延長は1,419.13m、トンネル内は複線構造である。工事はオープンカット工法で行われた。名鉄名古屋駅は上下各1線、相対式ホーム上下各1面と島式ホーム1面である。かつては近畿日本鉄道近鉄名古屋駅の間に連絡線があり、1950年8月4日から1952年9月30日までの間、団体列車に限り名鉄・近鉄の相互で直通運転を行っていた(1954年名鉄ビル(現名鉄百貨店)工事にともない連絡線は廃止)。

山王駅方のトンネル坑口は短距離ですぐに高架線へつながるため、35という名鉄最急勾配の区間となる。そのためここでは下り列車はATSにより制限速度45km/h、第1場内信号機と1つ手前の閉塞信号機とは重複現示としている。栄生駅方坑口の勾配は30で駅からも離れており大幅な速度制限はない。

歴史