釜石製鉄所(2013年6月1日)
地図

日本製鉄東日本製鉄所釜石地区(にっぽんせいてつひがしにっぽんせいてつしょかまいしちく)は、岩手県釜石市鈴子町にある、日本製鉄工場である。

2020年 (令和2年) 4月、日本製鉄の製鉄所再編成により釜石製鉄所が鹿島製鉄所、直江津製造所及び君津製鉄所と統合され東日本製鉄所釜石地区となったものである[1]

概要

日本の近代製鉄業発祥の地・釜石に立地する工場で、八幡製鐵所よりも早くに操業を開始した日本最古の製鉄所である。官営の製鉄所として1880年明治13年)に操業を開始するが、満足な成果を出せず3年後に閉鎖。軌道に乗ったのは民間人である田中長兵衛に払い下げられた後の1886年(明治19年)以降のことである。戦前までは比較的大規模な製鉄所であったが、戦時中に釜石艦砲射撃で壊滅。戦後復活し、1950年(昭和25年)の日本製鐵解体後は富士製鐵の主力製鉄所の一つとなるものの、1960年代から縮小が始まり、新日鉄発足後の1989年平成元年)に高炉を休止したため現在は銑鋼一貫製鉄所ではない。

現在は線材の生産拠点で、東日本製鉄所の一部である。かつては製銑製鋼用の設備、鋼板形鋼棒鋼用の圧延設備があったが、現在は線材圧延設備以外存在しない。敷地面積は344万平方メートルである(2017年10月1日時点)。従業員数は241 人となっている(2019年3月31日時点)[1]

製品の線材は鋼を細く圧延しコイル状に巻いた鋼材で、釜石で製造される線材の種類には低炭素鋼・中炭素鋼線材や、ばねケーブルに使用される高炭素鋼線材、ボルトなどの部品の材料に使用される冷間圧造(鍛造)用線材、ラジアルタイヤに使用されるスチールコード用線材、溶接用線材などがある。

鉄鋼分野の設備ではないが、日本製鉄の独立発電事業 (IPP) の拠点の一つでもあり、火力発電所を設置し、東北電力に発電した電力を供給。14万9,000kW/hの出力は岩手県内で最大の出力を誇り、2015年からは木質バイオマス燃料の使用を開始した[2]

沿革