方面隊(ほうめんたい、:army)は、平素から行動等に関し部隊を一体的に運用する必要がある場合には陸上自衛隊陸上総隊の指揮を受ける[1]戦略単位の性格を持つ部隊単位であり、部隊は方面総監部及び基幹となる数個の師団又は旅団並びにその他の直轄部隊をもって編成されている[2][3]。その語感から旧陸軍方面軍に相当すると見られがちだが、実際にはこれよりも一つ小さい単位のに相当するものであり、例えば東部方面隊の英訳も「Eastern Army」(直訳で東部軍)となっている。指揮官の方面総監は、陸上総隊司令官海上自衛隊自衛艦隊司令官横須賀地方総監佐世保地方総監航空自衛隊航空総隊司令官航空教育集団司令官と同じ政令指定職5号の役職であり[4]陸将が充てられ[5]防衛大臣の直接の指揮監督を受ける[2]。有事の際などの防衛大臣の部隊運用に関する指揮命令に関しては、フォースプロバイダー(練度管理責任者)の陸上幕僚長ではなくフォースユーザー(事態対処責任者)の統合幕僚長を通じて受け、隷下部隊の運用にあたる[6]東日本大震災の際にも、フォースプロバイダーの陸上幕僚長ではなくフォースユーザーの方面総監(東北方面総監)が統合幕僚長の下に編成される統合任務部隊指揮官に任命された。

各方面隊

方面隊:赤△印は方面総監部所在駐屯地

次の5個が編成されており、担当する警備区域(方面区)の防衛警備や災害派遣等を担任している。