日本生命保険相互会社
Nippon Life Insurance Company
Nippon Life Insurance Company logo.svg
Mido-suji03s2800.jpg
本社(大阪市中央区
種類 相互会社
略称 日本生命、日生(ニッセイ)
本社所在地 日本の旗 日本
541-8501
大阪府大阪市中央区今橋三丁目5番12号
設立 1889年明治22年)7月4日
(有限責任日本生命保険会社)
業種 保険業
法人番号 3120005007273 ウィキデータを編集
金融機関コード 9820
代表者 筒井義信代表取締役会長
清水博(代表取締役社長
古市健(代表取締役副会長
小林一生(代表取締役副社長執行役員
資本金 1兆2,500億円
(基金総額、2012年8月3日[1]
売上高 連結:7兆2,013億3,700万円
単体:7兆749億8,600万円
経常収益、2013年3月期)
営業利益 連結:4,022億3,400万円
単体:3,887億4,200万円
経常利益、同)
純利益 連結:2,479億3,700万円
単体:2,106億2,200万円
当期純剰余、同)
純資産 連結:4兆14億7,100万円
単体:3兆9,506億6,500万円
総資産 連結:55兆1,656億1,100万円
単体:54兆8,828億2,400万円
従業員数 70,806人(うち内勤社員18,481人)
決算期 3月31日
主要子会社 関連企業の項目を参照
関係する人物 弘世助三郎
弘世現
鴻池善右衛門
外部リンク 公式サイト
特記事項:経営指標はすべて2013年3月期決算の数値。同社の公表資料「平成24年度決算について (PDF) 」による。単体決算は21~32ページ、連結決算は43-54ページに各記載あり。
テンプレートを表示
日本生命保険のデータ
種類 相互会社
保険料等収入 (連結)53,8861,800万円
保有契約高 (個人保険)1623,8545,100万円
(個人年金)194706,300万円
(団体保険)912,3404,000万円
(団体年金)104,7695,600万円
SM比率 583.1%
格付け AAR&I)、A+S&P)、Aa3ムーディーズ
安全性指標の項目を参照
特記事項:
すべて2012年3月期決算の数値。同社の公表資料「日本生命の現状2012 (PDF) 」による。収入保険料は、保有契約高は133ページ、SM比率は205ページ、格付は33ページに各記載あり。
テンプレートを表示

日本生命保険相互会社(にほんせいめいほけん、英称:Nippon Life Insurance Company)は、大阪市中央区に本社を置く日本の生命保険会社総資産かんぽ生命保険日本郵政グループ)を抜き第1位である。保有契約高・保険料収入では最大手である。

概要

1889年に創業した、日本で3番目に古い生命保険会社である。1899年に保有契約高が業界首位となり、現在までこれを保持している[2]

会社形態は相互会社であり、株式会社ではない。2010年4月に、それまで相互会社であった第一生命保険が株式会社化したものの、日本生命は株式会社に転換する考えはないと説明している[3]

2015年3月現在、日本生命の投資先は公社債(37.0%)、株式(14.8%)、外国証券(26.4%)、貸付金(13.7%)、不動産(2.8%)などとなっている[4]

現在のスローガンは、「“大切な人を想う”のいちばん近くで。」(2015年4月 - )。2014年度については創業125周年にちなみ、「あなたの”いまとみらい”に安心を。」も使われている。それ以前は「ずっと支える。もっと役立つ。」、「みらい創造力で、保険は進化する。」(2012年4月 - 2015年3月)だった。

日生の名称を使用する学校法人日生学園とは無関係である。

経営状態

おもな収益源

経常収益(株式会社でいう売上高)は、7兆2,936億9,500万円(連結)。内訳は、保険料収入5兆3,371億1,800万円(同)、資産運用収入1兆7,739億5,100万円(同)、その他雑収1,826億2,500万円(同)などである。収益のうちに占める保険料収入の割合は概ね73%である[4]

健全性指標