日本語教育(にほんごきょういく)とは、外国語としての日本語第二言語としての日本語についての教育の総称である。

概要

日本語教育とは通常、日本語母語としない人(主に外国人)に対し、日本国内外で、日本語を指導することを指す。ただし、日本語を母語とする人を対象とする「国語教育」を「日本語教育」と表す場合[1]もある。

日本国外での日本語教育は126カ国・7地域で行われており、学習者は約300万人である[2]。日本国内での日本語教育は、大学等の高等教育機関日本語教育機関(主に日本語学校)の他、地域日本語教室などで行われており、学習者は、成人が約166,000人[3]、児童生徒約28,000人[4]と報告されている。

また、日本語教育全般を取り扱う研究分野を「日本語教育学」と呼び、教育学の一分野として位置づけられる。

日本語教師

日本語教育の歴史

幕末まで

日本国内

キリシタン宣教師が渡来してきた16世紀後半に日本語教育が行われていたことが文献により確認される。キリスト教布教という目的を達するため、宣教師たちはまず日本語を身につける必要があったからである。当初は辞書も文法書もなく個人の努力によって日本語が習得されていたが、1581年アレッサンドロ・ヴァリニャーノの来日後は、宣教師や修道士のための教育機関が設立され、日本語教育も組織化された。江戸時代には、江戸幕府による鎖国政策が開始されるまでに、日本語ポルトガル語の対訳辞書『日葡辞書』(1603年)やジョアン・ロドリゲスによる文法書『日本大文典』(1608年)などが刊行されている。
鎖国後、江戸幕府は日本に滞在する外国人の日本語学習を厳しく取り締まった。そのため、日本国内で公に日本語教育が行われることはなくなり、オランダ商館関係者が秘密裏に日本語学習を行う程度に衰退した。
江戸時代末の開国以降、欧米各国の
15世紀1414年外交上の必要から朝鮮王朝が司訳院で日本語通訳の養成を始めている。18世紀にはロシア帝国ピョートル1世1705年サンクトペテルブルクに日本語学校を設立した。これは、鎖国中の日本との国交を目指したためで、漂着した日本人を教師にしていた。1754年イルクーツクに移転するが、国交開始の目途が立たず、1816年に閉鎖されている。
中国江蘇省鎮江における日本海軍士官による児童への日本語の授業
1938(昭和13)年1月20日