日本魚類学会(にほんぎょるいがっかい、The Ichthyological Society of Japan)は、魚類に関する研究の進歩と理解の普及を目的とした学会である。1968年4月3日に設立[1]。会員数は団体会員を含めて約1300名[1]

日本列島を魚の形に見立てたシンボルをロゴマークとしている[2]

活動

主な活動は、会誌の発行、研究発表会やシンポジウムの開催などである。