朝光寺原古墳群(ちょうこうじばらこふんぐん/ちょうこうじっぱらこふんぐん)は、かつて神奈川県横浜市青葉区市ケ尾町の、市が尾駅東側にあった3基からなる古墳群朝光寺原遺跡内にあったが、現在はすべて消滅している。

概要

朝光寺原古墳群(位置復元)

朝光寺原古墳群を含む朝光寺原遺跡は、谷本川(鶴見川)北側の、市が尾駅東口の田園都市線東名高速道路に挟まれた東西約150m、南北約300mの領域に広がる。

1960年代、高度経済成長期の勢いの中で横浜市内は市街地が急拡大した。1965年(昭和40年)には「横浜市六大事業」の一つ港北ニュータウン計画が発表された[1]。これにより当時の港北区緑区域(現在は青葉区都筑区を含む)に広がっていた山野に開発の波が押し寄せ、丘を削り谷を埋め、平らに整地して住宅地化する大規模開発が始まった。畑地と雑木林の市ケ尾町も、開発造成に併呑されていった。

迫りくる開発から遺跡を守るため、考古学者の甘粕健や岡本勇らを中心とした遺跡調査会(横浜市北部埋蔵文化財調査委員会の調査団)が組織され、1967年(昭和42年)8月1日から12月10日に朝光寺原遺跡第1次発掘調査が行われ、古墳群も発掘された。

古墳群は3基の円墳からなり、埋葬主体部から武具甲冑眉庇付冑三角板鋲留短甲※1号墳)武器(鉄剣・鉄鉾・鉄刀・鉄鏃)、馬具、類(臼玉・勾玉)などが出土した。遺物の年代観から1号墳(5世紀後半)→2号墳(6世紀前後)→3号墳(6世紀前半)の順に築造されたと分かった[2]

1号墳から出土した甲冑セット(眉庇付冑三角板鋲留短甲)は、神奈川県内では今のところ唯一の発見であり大変貴重である。

現在

遺跡は調査後直ちに破壊され、消滅してしまった。近くの「市ケ尾町公園」に朝光寺原遺跡の案内パネルがあるが、公園自体は朝光寺原遺跡のエリアではない。1号墳出土の甲冑など、古墳出土遺物は、横浜市指定文化財として横浜市歴史博物館に展示されている[3][4]

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 田中 2019, p. 269.
  2. ^ 横浜市緑区 1985, p. 75.
  3. ^ 朝光寺原古墳群出土遺物一括”. 横浜市青葉区 (2018年10月23日). 2020年3月22日閲覧。
  4. ^ 企画展 古墳からのメッセージⅠ 横浜の古墳と副葬品”. 横浜市歴史博物館 (2001年3月). 2020年3月22日閲覧。

参考文献

引用文献

  • 横浜市緑区「朝光寺原古墳群」『横浜緑区史』横浜市緑区、1985年7月15日、75頁。