木津用水駅
Meitetsu Kotsuyousui sta 001.jpg
こつようすい
KOTSUYŌSUI
IY12 扶桑 (1.4km)
(1.4km) 犬山口 IY14
所在地 愛知県丹羽郡扶桑町高雄字米ノ山266番地
駅番号 IY  13 
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 犬山線
キロ程 22.6km(枇杷島分岐点起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
2,009人/日
-2013年[1]-
開業年月日 1912年大正元年)8月6日
備考 無人駅駅集中管理システム導入駅)
テンプレートを表示

木津用水駅(こつようすいえき)は、愛知県丹羽郡扶桑町高雄にある、名鉄犬山線。駅番号はIY13準急停車駅である。

歴史

  • 1912年大正元年)8月6日 - 開業。
  • 1944年昭和19年) - 休止。
  • 1952年(昭和27年)11月18日 - 復活。
  • 1968年(昭和43年)- 東洋紡績(現・東洋紡)犬山工場への引込線が廃止される。同時にデキ110形が名鉄より引退
  • 1974年(昭和49年)6月1日 - 無人化[2]
  • 2003年平成15年) - ホーム上屋が延長される。
  • 2004年(平成16年)
  • 2008年(平成20年)12月27日 - ダイヤ改正に伴い準急停車駅となる[3]
  • 2011年(平成23年)2月11日 - ICカード乗車券「manaca」供用開始。
  • 相対式ホーム2面2線を有する地上駅である。ホームは名古屋方面が8両分、犬山方面が6両分(地下鉄直通20m車対応)。駅舎は上下別々になっており、改札内に跨線橋などはない。トイレは改札内・外ともにない。

    1968年までは東洋紡績(現・東洋紡)犬山工場へ向かう貨物線の側線が構内北側あったが、現在は撤去され存在しない。貨物線自体も完全に撤去され、道路や住宅地などに転用されている。

    なお、この貨物線では晩年までデキ110形が運用されていた。

    のりば
    番線 路線 方向 行先
    1 IY 犬山線 下り 犬山名鉄岐阜方面[4]
    2 上り
    木津用水駅 構内配線略図

    岩倉・
    名古屋方面
    木津用水駅 構内配線略図
    犬山・
    新鵜沼方面
    凡例
    出典:[5]


    利用状況

    • 『名鉄120年:近20年のあゆみ』によると2013年度当時の1日平均乗降人員は2,009人であり、この値は名鉄全駅(275駅)中183位、犬山線(17駅)中14位であった[1]
    • 『名古屋鉄道百年史』によると1992年度当時の1日平均乗降人員は1,806人であり、この値は岐阜市内線均一運賃区間内各駅(岐阜市内線・田神線・美濃町線徹明町駅 - 琴塚駅間)を除く名鉄全駅(342駅)中180位、 犬山線(17駅)中15位であった[6]
    • 愛知県の統計によれば、1日平均の乗車人員(降車客含まず)は

      備考

      駅所在地は扶桑町であるが、ほぼ犬山市との境目にあたりかつ犬山市に「木津(こっつ)」と呼ばれる地域が存在することから、犬山市にある駅だと誤解されることがある。

      隣の駅

      名古屋鉄道
      IY 犬山線
      ミュースカイ快速特急特急快速急行急行
      通過
      準急・■普通
      1. ^ a b 名鉄120年史編纂委員会事務局(編)『名鉄120年:近20年のあゆみ』名古屋鉄道、2014年、160-162頁。
      2. ^ 寺田裕一『改訂新版 データブック日本の私鉄』ネコ・パブリッシング、2013年、257頁。ISBN 978-4777013364
      3. ^ 太田貴之「輸送と運転 近年の動向」『鉄道ピクトリアル』第816巻、電気車研究会、2009年3月、 44頁。
      4. ^ a b 駅時刻表:名古屋鉄道・名鉄バス、2019年3月24日閲覧
      5. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第816号 2009年3月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、巻末折込「名古屋鉄道 配線略図」
      6. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編)『名古屋鉄道百年史』名古屋鉄道、1994年、651-653頁。

      関連項目