画像提供依頼:現行の企業ロゴの画像提供をお願いします。2019年5月
東京モノレール株式会社
TOKYO MONORAIL CO., LTD.
MonoHama.JPG
モノレール浜松町駅(本社所在地)
下はJR浜松町駅
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
105-0013
東京都港区浜松町二丁目4番12号[1]
北緯35度39分20.08秒 東経139度45分24.45秒 / 北緯35.6555778度 東経139.7567917度 / 35.6555778; 139.7567917座標: 北緯35度39分20.08秒 東経139度45分24.45秒 / 北緯35.6555778度 東経139.7567917度 / 35.6555778; 139.7567917
設立 1981年(昭和56年)4月13日
(創業:1959年(昭和34年)8月7日[1]
業種 陸運業
法人番号 4010401020947 ウィキデータを編集
事業内容 鉄道事業、旅行斡旋業、駐車場事業
代表者 代表取締役社長 小栗彰
資本金 30億円
売上高 150億9200万円(2019年03月31日時点)[2]
営業利益 17億4400万円(2019年03月31日時点)[2]
経常利益 16億5000万円(2019年03月31日時点)[2]
純利益 10億6000万円(2019年03月31日時点)[2]
純資産 190億2400万円(2019年03月31日時点)[2]
総資産 695億5700万円(2019年03月31日時点)[2]
従業員数 363人(2018年4月1日現在)
決算期 3月31日
主要株主 東日本旅客鉄道 79%[3]
日立製作所 12%[3]
ANAホールディングス 9%[3]
主要子会社 株式会社モノレール・エージェンシー
モノレールエンジニアリング株式会社
外部リンク https://www.tokyo-monorail.co.jp/
テンプレートを表示

東京モノレール株式会社(とうきょうモノレール、: TOKYO MONORAIL CO., LTD.)は、東京都内で東京国際空港(羽田空港)アクセスモノレール路線「東京モノレール羽田空港線」を経営する鉄道会社である。東日本旅客鉄道(JR東日本)の経営権下にあり、JR東日本グループの一員である[4]

概要

東京モノレール株式会社は1964年昭和39年)9月17日に開業した東京モノレール羽田空港線の運営のほか、旅行斡旋業[要出典]駐車場事業などもおこなっている。

以前は日立グループの会社であったが、2002年平成14年)にそれまで日立物流が保有していた株式の70%がJR東日本に、30%が日立製作所に譲渡され、それ以降はJR東日本が同社の親会社となっている[5]。2012年3月現在の株主はJR東日本が79%、日立製作所が12%、ANAホールディングス が9%となっている(数値は株式所有率)[3]

Suica発行事業者であり、東京モノレール羽田空港線全線でSuicaおよびPASMOなどSuicaと相互利用可能なICカードが使用できる。同社発行のSuicaカードは「モノレールSuica」という名称を持ち、カードは、緑色でモノレールが描かれたカードが発売されている[6]

(動画)東京モノレールの電車、2016年

沿革

  • 1959年(昭和34年)8月7日 - 大和観光株式会社設立[7]
  • 1960年(昭和35年)
  • 1963年(昭和38年)5月1日 - 浜松町 - 羽田間の工事着工[9]
  • 1964年(昭和39年)
    • 5月28日 - (初代)東京モノレール株式会社に商号変更[9]
    • 9月17日 - モノレール浜松町駅 - (旧)羽田駅間開業[9]
  • 1965年(昭和40年)12月 - 名古屋鉄道が東京モノレールの経営から撤退する(同社から89名の社員が出向していたが1965年度末を持って打ち切り[8])。
  • 1967年(昭和42年)11月1日 - (初代)日立運輸株式会社、(初代)東京モノレール株式会社、西部日立運輸株式会社の3社が合併(存続会社は東京モノレール株式会社)し、日立運輸東京モノレール株式会社に商号変更[10]。日立製作所が株式の81%を取得し、同社の子会社となる[10]
  • 1981年(昭和56年)
    • 4月13日 - 子会社として(2代目)東京モノレール株式会社設立[11]
    • 5月1日 - (2代目)東京モノレール株式会社にモノレール事業を譲渡し、物流部門は(2代目)日立運輸株式会社(のちに株式会社日立物流)に商号変更[11]
  • 1993年(平成5年)9月27日 - 整備場駅 - 羽田空港駅間開業[12]。整備場駅 - (旧)羽田駅廃止。
  • 2002年(平成14年)
    • 2月22日 - 日立物流が株式をJR東日本に70%、日立製作所に30%譲渡[5]。JR東日本が筆頭株主になり、JR東日本傘下入り[5]
    • 4月21日 - Suica導入[13]
    • 8月20日 - 各駅にホームドアを設置して使用開始[13]。9月28日からワンマン運転開始[13]
    • 12月17日 - 日立製作所が日本航空に9%、全日本空輸に9%株式を一部譲渡、日立製作所の株式所有率は12%に[13]
  • 2004年(平成16年)12月1日 - 羽田空港駅 - 羽田空港第2ビル駅間開業[14]。羽田空港駅は羽田空港第1ビル駅へと改称[14]
  • 2007年(平成19年)3月18日 - 3月10日に完成した昭和島駅待避線で追い抜きを行うダイヤ改正を実施し[14]、『空港快速』と『区間快速』の運行を開始[14]
  • 2010年(平成22年)10月21日 - 羽田空港国際線ビル駅開業[15]
  • 2014年(平成26年)8月19日 - 国土交通省交通政策審議会の小委員会で、東京駅までの路線延伸計画を説明[16]
  • 2018年(平成30年)7月 - 新シンボルマーク使用開始[17]
    2018年7月まで使用された東京モノレールのシンボルマーク


路線

都心東京国際空港(羽田空港)を結ぶ公共交通機関として、1964年(昭和39年)10月10日の東京オリンピック開会23日前の9月17日に開業した。当時はモノレール浜松町 - 羽田間の途中駅はなく15分で終点に到着した。京浜急行電鉄の鉄道や京浜急行バス東京空港交通の乗合バスなどと極めて激しい競合関係にある。

所有車両

東京モノレールはかつて日立グループの一員だったという歴史的経緯から、すべての車両はJR東日本グループ入りした後も主要株主となっている日立製作所製である。

現用車両

過去の車両